© ここん All rights reserved.

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。
そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるのがこちらの公演。

江戸の音楽に焦点を当て、社会のしくみや衣食住・職業など人々の暮らし、文化や当時の流行などを、見て、聴いて楽しめるシリーズ「江戸 邦楽の風景」。第十回のテーマは「浅草」です。

生粋の浅草っ子、仲見世通りの扇子屋さん「文扇堂」ご主人の荒井修さんも対談で登場し、
常磐津、義太夫、江戸里神楽で初夏の風物詩・三社祭など浅草の風景を味わうというオツな企画。
目を閉じれば熱気と喧騒につつまれた三社祭の光景が浮かんでくるかも?


こちらの公演は終了しました。
ピクチャ 1紀尾井 江戸 邦楽の風景 (十)浅草
2014年5月28日(水) 開演:18時30分
場所:紀尾井小ホール
チケット料金(税込) 一般 4,000円 学生 2,000円
チケット/お問い合わせ
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
詳細はこちら

 

■対談 荒井修、竹内道敬
■常磐津「三世相錦繍文章 三社祭礼の段 ~大詰~」
常磐津清若太夫、常磐津光勢太夫、常磐津若羽太夫、常磐津松希太夫(浄瑠璃)、常磐津一寿郎、常磐津菊与志郎(三味線)、常磐津美寿郎(上調子)
■江戸里神楽 松本源之助社中
■義太夫「碁太平記白石噺 浅草雷門の段」
竹本千歳大夫(浄瑠璃)、豊澤富助(三味線)、豊澤龍爾(高音)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

ページ上部へ戻る