© ここん All rights reserved.

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。
そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるのがこちらの公演。

江戸の音楽に焦点を当て、社会のしくみや衣食住・職業など人々の暮らし、文化や当時の流行などを、見て、聴いて楽しめるシリーズ「江戸 邦楽の風景」。第十回のテーマは「浅草」です。

生粋の浅草っ子、仲見世通りの扇子屋さん「文扇堂」ご主人の荒井修さんも対談で登場し、
常磐津、義太夫、江戸里神楽で初夏の風物詩・三社祭など浅草の風景を味わうというオツな企画。
目を閉じれば熱気と喧騒につつまれた三社祭の光景が浮かんでくるかも?


こちらの公演は終了しました。
ピクチャ 1紀尾井 江戸 邦楽の風景 (十)浅草
2014年5月28日(水) 開演:18時30分
場所:紀尾井小ホール
チケット料金(税込) 一般 4,000円 学生 2,000円
チケット/お問い合わせ
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10時~18時/日・祝休)
詳細はこちら

 

■対談 荒井修、竹内道敬
■常磐津「三世相錦繍文章 三社祭礼の段 ~大詰~」
常磐津清若太夫、常磐津光勢太夫、常磐津若羽太夫、常磐津松希太夫(浄瑠璃)、常磐津一寿郎、常磐津菊与志郎(三味線)、常磐津美寿郎(上調子)
■江戸里神楽 松本源之助社中
■義太夫「碁太平記白石噺 浅草雷門の段」
竹本千歳大夫(浄瑠璃)、豊澤富助(三味線)、豊澤龍爾(高音)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

ページ上部へ戻る