© ここん All rights reserved.

20153/2

琳派創成400年、「琳派イヤー」。世界で知られる”謎の絵師” 俵屋宗達「なぜ、今、宗達なのか」

国宝『風神雷神図屛風』で広く知られる俵屋宗達は、琳派の祖と言われる江戸時代最高の絵師の1人ですが、その知名度に反して、どのような人物であったかを示す資料がほとんど残っていないという”謎の絵師”でもあります。

2015年10月に米国ワシントンDCにある世界最高峰の美術館・フーリア美術館で開幕する「俵屋宗達」展(仮称)を記念し「なぜ、今、宗達なのか」を考えるシンポジウムが東京藝術大学美術館内にて開催されます。世界的にも人気の高い宗達について、日米の専門家達が語る貴重な機会。

ゲストパネリストには、2013年に『ヘンな日本美術史』で第12回小林秀雄賞を受賞、2012年には平等院 養林庵書院に襖絵が奉納された経歴を持ち、日本画(大和絵・浮世絵)風の絵画に現代的な要素を描き込む等、ユーモラスな画風で人気の高い、現代画家の山口晃氏も参加。

また、シンポジウムでは、東京藝術大学所蔵の«雲龍図屛風»(複製)、«伊勢物語図»を特別展示するほか髙橋憲正氏(宝生流シテ方能楽師)による謡が披露されます。

参加は無料です。参加ご希望の方はお申込み、お急ぎください。

【日時】2015年3月22日(日曜日)13時00分~16時00分(受付12時30分~)
【会場】東京藝術大学大学美術館 展示室2(地下) (東京都台東区上野公園12-8)
【パネリスト】
・古田亮(東京藝術大学大学美術館准教授)
・ジェームス・ユーラック(フリーア|サックラー美術館シニア・キュレーター)
・仲町啓子(実践女子大学教授)
・奥平俊六(大阪大学大学院教授)
・ユキオ・リピット(ハーバード大学教授、ビデオ参加)
・山口晃(画家)(ゲストパネリスト)
【参加費】無料(要事前申込み)
【主催】国際交流基金、国立スミソニアン協会フリーア サックラー美術館、東京藝術大学
【申込方法】
件名を「3/22シンポジウム参加希望」と記載の上、参加される方のお名前(ふりがな)、ご所属、ご連絡先、人数を明記し、Eメール:event-info@jpf.go.jp(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更) またはファックス:03-5369-6038にて。
定員に達した場合は申込締切。
【定員】100名、先着順
【Webサイト】国際交流基金 文化芸術交流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20161/6

『曽根崎心中』の誕生秘話を巡る、超贅沢な時代劇。

古くは後藤久美子→ゴクミ、 メジャーなところでは木村拓哉→キムタク、 短縮率で言えばレッド・ホット・チリ・ペッパーズ→レッチリ。 さて突然…

20145/28

能×現代アート 新たな表現世界

ただそこで舞うだけで美しい。 能の優美な動きを切り取り、現代美術家の手によって絵画作品の中に写し取られた世界を…

20144/27

渡邉 肇「人間浄瑠璃」写真展

フリーランスフォトグラファー渡邉 肇が、「人間浄瑠璃」をテーマに5年の歳月をかけて撮りためた、文楽の舞台裏に垣間みるドラマティックな情景にフ…

201412/7

自然と、芸能と、人間と。

華道家が荒廃した放置竹林を舞台空間に変え、能楽の囃子音楽がその空間を満たす。 2014年10月19日、静岡市葵区足久保にある竹林で行われた「…

20146/3

義太夫ひとクチ・ひとバチお稽古 〜まるっといちにち義太夫三昧!〜

重要な地域資源である〈隅田川〉に着目し、2009年から2089年までの80年間、 長期的かつ継続的に取り組んでいるすみだ川アートプロジェクト…

201510/6

ビール片手に伝統芸能?!本屋B&B@下北沢

下北沢にある「本屋B&B」は、ビール片手に本が選べるという、一風変わった店だ。レジカウンターには当たり前のようにドリンクメニューがあり、その…

20148/6

能面の面白さ

突然ですが、能面をじっくりと見たことはありますか? 写真でなら幾度となく見たことのある能面。しかしこれまで間近で見たことはな…

201411/12

子供は大人の父親…無限の感性を開き伝統を継ぐ

「子供は大人の父親(The child is father of the man.)」 これは、イギリスの詩人ワーズワースの詩の一節で、”…

20145/20

大阪市立大学文学部特別授業 上方文化講座2014 『本朝廿四孝』

大阪の地で育まれた伝統芸能「文楽」に光をあて、学問的体系のもとに学ぶ大阪市立大学文学部の特別授業が今年も一般公開されます。 2004年に開…

20146/16

ETV特集 鬼の散りぎわ ~文楽・竹本住大夫 最後の舞台~

人形浄瑠璃文楽に長年君臨してきた人間国宝の竹本住大夫。 先月の東京国立劇場での公演を最後に、68年の芸歴にピリオドを打ちました。 その引退に…

20153/15

身体に宿る伝統、そして文化

「なぜ能楽師は高齢でも現役でいられるのか?」 40代で若手と言われ、サラリーマンが現役を退く60代でやっと中堅、70~80代で円熟期を迎え、…

ページ上部へ戻る