© ここん All rights reserved.

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に篠笛(しのぶえ)を習います!

福原寛先生

福原寛先生

篠笛というのは横笛の一種で、竹でできています。同じ横笛でも、武将や貴族が使った龍笛(りゅうてき)や能管(のうかん)に比べてシンプルな作りで、どちらかというと庶民の間で愛されてきた楽器だそう。
ものの本で読んだのですが、平安時代、横笛は男性が女性を口説くときの必需品だったとか。お目当ての女性の家の近くへ行き、「僕、あなたに会いにやってきましたぁ」とばかりに笛を吹く。相手がその気になるかどうかは笛の腕次第。それはそれはおけいこに励んだことでしょう。
源義経や平知盛などの歴史上のヒーローは笛の名手としても知られていますが、勇敢な上に笛もうまいなんて、さぞやモテたのでは…などと妄想してしまいます。

 

篠笛をかじったことのある人の誰もが「最初は鳴らないよ~」と脅すので、そんなものだろうと覚悟していざおけいこへ。直接口をつけて吹く楽器なので今回はプラスティック管の笛を練習用に購入しました。構造は写真の通り、歌口を含めて孔が8つあいているだけ。なかなか手強そうです。

教材用のプラ管篠笛(¥1,728)と 教本(¥864)

教材用のプラ管篠笛(¥1,728)と 教本(¥864)

 

_MG_8975

漢数字は基準の音である呂(りょ)の音を、アラビア数字はそれより1オクターブ高い甲(かん)の音を示しています

 

教本に書かれている楽譜(的なもの)は縦書きで数字が並んでいます。かまえ方、手孔(てあな)の押さえ方などを一通り確認し、いよいよ吹いてみます。

……まぁ、音は出ません。想定内ではあるものの、つれないわぁ…。しかしそこはさすが寛先生。一人一人のくちびるのあたり方を見て、笛の角度やポジションをチョイと動かす。するとどうでしょう。吹いた息がそのまま音となって響くではないですか!その場にいた全員、すぐに音を出すことができ、初回から「とうふ屋さん」「夜鳴き蕎麦」「ほたるこい」などの小さな曲が吹けてしまいました。うほほーい♪
篠笛の吹き方の大きな特徴として、タンギングをしないという点があります。そもそもタンギングというのは日本人の体の中にはない文化だそうで、日本人は何も言わずに笛を吹かせると普通はタンギングをしないのだとか。反対にドイツ人などは何も言わなくてもタンギングをしてしまうそうです。詳しくはわかりませんが、これには言語的な影響もあるようです。
学校の音楽の授業で「タンギングしなさい」と口酸っぱく教わり、その癖がついてしまっているので、篠笛では意識してやめないといけません。音が全部スラーでつながることに少し違和感を覚えるのと同様、音程的にゆらぎがあったり、クリアな音質というよりは風がまじったような音色など、音楽の授業で「正しい」とか「良い」とされてきたこととはいろいろ正反対。
寛先生が「日本人が美しいと感じてきたものは、どこか不完全なものなんですね」とおっしゃるのを聞いて、「ああそういうことか」と腑に落ちました。岡倉天心は『The book of tea(茶の本)』で日本人の美意識を表現するとき、imperfect(不完全な) という言葉をよく使っています。吉田兼好は『徒然草』で、「花はさかりに、月は隈なきをのみ見るものかは」(花は満開のとき、月は満月のときだけ見るものであろうか)、と書いている。言葉は違えど、みな言っていることは同じです。伝統芸能のおけいこを通じて、不完全なものの中にある美をとらえる感性を磨いていきたいなぁと思ったのでした。

(ここん管理人M)

>>篠笛その2 さりげなく寄り添うように

 

協力:風水月舎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

能楽その1 中世日本人の身体運用を体感?!

伝統芸能を100倍楽しむには、慣れるより習え?! 様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

長唄三味線その9 助手をください

Text by ここんN 初春から始まった越後獅子との格闘も、夏を前にしてようやく先生が抜粋してくださった部分をひと通り浚い終えました。曲…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

長唄三味線【最終回】 宴、それは素人の舞台(ステージ)

Text by ここんM かねてより、三味線が弾けるようになったらお座敷で宴会をしながら三味線を弾いたり唄ったり、ちょっと粋がった遊びをし…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

能楽その7 思わぬ人生の拾い物

おけいこも残すところあと3回。 おさらい会の日が着々と近づいてまいりました。ひゃー! 謡は「連吟(れんぎん)」といって、複数人で一緒にうた…

ページ上部へ戻る