© ここん All rights reserved.

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は、見ているこちらが落ち着かず、あまり好きではなかった。その日も、友人の出番を終わったら帰るつもりで…。
ところがどっこい! これがめちゃくちゃおもしろい!
伝統芸能は、ステージプロである玄人にお稽古をつけてもらう文化があり、発表会も玄人の助演が入る場合がよくある。そんなことは知らなかった当時、舞い手である素人の後ろにずらっと謡と囃子の玄人が並ぶのを見て、驚いた。(贅沢だなぁ~。この人、相当お礼を包んでるんだろうなぁ)なんて余計なことを考えてるうちに、緊張の面持ちで舞がスタート。チョット痛々しい…。いつものように落ち着かないので、若干引き気味で眺めていた。
が…。ん、なんか、囃子がすごいんですけど。。。 素人の発表に、玄人が全力なんですけど。。。 一気に舞台の空気を熱していく。そんな気迫に乗せられて、次第に発表者の顔つきが変わっていく。彼女の「気」が精度を高めていくのが、ありありと見えた。おそらく本人も知らなかったような力が、鷲掴みで引き出されているような。
そこでは、玄人の助演はお膳立てとか華を添えるといった類のものではなく、もう「戦い」と言ってもいいようなレベルのエネルギーだった。鳥肌が立った。丁々発止の空気、玄人の真摯、素人の変化、深みを増す眼差しが本当に美しく、それ以来、素人会が大好きになった。

源次郎先生のお稽古は、そんな空気に満ちていた。
普段は気さくでお茶目でとても優しい先生。それがひとたびお稽古となると、シュッと空気が引き締まる。ポイントポイントで丁寧な説明はあるが、あとは言葉を介さず、とにかく実践で引っ張ってくれる。張り扇でパンパンと拍子盤を打ちながら、1分にも満たない「高砂」を繰り返し繰り返し謡って、私たちの身体にその「拍」を染み込ませていく。
学生の頃ロックバンドをしていた私は、リズム感には自信があった。しかし、小鼓のリズムがとんと掴めない。先生の説明を反芻しながら、何とかついていこうと思うが、わからない。先生のスピードについていけない。焦りからか、暑くもないのに汗が噴き出る。カウントしようと、自分の頭の中に意識が籠ると、「ちゃんと(先生の)手元を見て。自分で勝手にやらない。」と引っ張り出される。勝手にやってるつもりはなかった。でも、先生がその瞬間に与えてくれていることを、全身全霊で受け止めていなかったことに気付いた。
先生は声をからしながらも、腹の奥から出る力強い謡で引っ張り続けてくれる。私達は、頭の理解が追い付いていなくても、手の動きがあやふやでも、とにかく先生のエネルギーの渦に必死にしがみついて、繰り返し繰り返しやる。そうすると、本当に少しずつだが、身体が理解してくる感じがあった。お腹の中で「拍」を掴み、それを手に伝える感覚があった。
_MG_8754

口伝のすごさはここにあるんじゃないかと思う。教える側にとっては、音符なり記号なりが書かれた紙を見つめながら教えるほうが、よっぽど楽だろう。でも敢えてそれを選ばない。1時間とか1時間半の舞台本番を終えた後のお稽古でも、手抜きという選択肢がない。だから、伝わってくるものの密度が圧倒的に違う気がする。受け取る側は(私は)、その場は必死なだけだが、あとから揺るがぬ感動と感謝に包まれる。
源次郎先生が仰っていた。外の世界からは疎ましく思われがちな「師匠・弟子」という関係だが、そこには全人的に関わり合う覚悟が在るのだと。ある、これも伝統芸能の先生が仰っていた。お稽古とは、真心を体感することだと。
煩わしいこともあるかもしれない。でも、やっぱり、なんか伝統芸能が大好きだ。


おけいこ最終回はお誕生日が近かったこともあり、ケーキを持参。バースデープレートをかじるおちゃめな源次郎先生

おけいこ最終回はお誕生日が近かったこともあり、ケーキを持参。バースデープレートをかじるおちゃめな源次郎先生

 

集中稽古を終えて

先人の教えを、お道具を通して学ばせて頂く事に意味があります。
短い期間でしたがお稽古という形を伝えさせて頂きました。
カルチャーセンターなどで技術の切売りの様に勘違いされてしまった時期がありますが、本質を次の時代にも伝えたいと思います。
今回の講座は小生にも良い勉強に成りました。
良い機会を与えて頂き有難うござました。

大倉源次郎

 

 


★そんな我らの高砂、こんな感じに仕上がりました~★
(仕上がったという状態とはほど遠いですが…)

小鼓のおけいこはこれにていったん終了。次回は福原流笛方・福原寛先生のもとで篠笛のおけいこです!お楽しみに。

<<小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

長唄三味線【最終回】 宴、それは素人の舞台(ステージ)

Text by ここんM かねてより、三味線が弾けるようになったらお座敷で宴会をしながら三味線を弾いたり唄ったり、ちょっと粋がった遊びをし…

篠笛その3 笛の身体

代々続く仕事を持つ家に生まれた人というのは、その仕事に適した身体に生まれつくものなんだろうか。歌舞伎役者の目が鋭いのも、能役者の足元がコ…

能楽その1 中世日本人の身体運用を体感?!

伝統芸能を100倍楽しむには、慣れるより習え?! 様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

能楽その5 憧れの…

伝統芸能の世界の魅力は様々あれど、私の場合、何にときめくってプロの方々の黒紋付姿です。 清少納言センセー風に言うなら、「演者は黒紋付。袴つき…

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

ページ上部へ戻る