© ここん All rights reserved.

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。
中でも歴史は大の苦手で、何がおもしろいのかまったくわからず、受験や定期テストのときの最大の鬼門だった。
大人になり、伝統芸能に触れるようになって、受験勉強の燃えかすのように残っていた、何の意味も持たなかった歴史の断片が少しずつ繋がり、意味を帯び、輪郭を持ちはじめてやっと、歴史がおもしろくなってきた。
それでも伝統芸能で触れる歴史は、日本史のごく一部。過去は過去のまま、現代の自分とのつながりにまでは至っていなかった。

源次郎先生はおけいこの中でいろんなお話をしてくださる。あるとき、能楽というものがたどってきた道について聞く機会があった。
能は室町時代、観阿弥・世阿弥親子によって大成された。(はい、学生諸君、ここテストに出ますよー) 特に世阿弥は足利義満将軍の庇護のもと才能を開花させ、夢幻能を完成させる。義満亡き後、いろいろあって世阿弥は佐渡に流されてしまい、時代は戦国時代へ突入。能は一時、危機的状況に陥るも、戦国の世を統一した信長、秀吉もまた、能を愛した。特に秀吉はお茶に狂ったことは有名だが、晩年、能にも狂う。ハマリ体質なのか、それはそれはもうどっぷりと。(これはテストに出ないかも…)そんな秀吉の影響で、多くの武将も能をやる。安土桃山時代は、武将たちにとって武器から文化へ変遷していった時代だった。
そして江戸時代、家康も能を重視し、幕府の式楽となった。一昔前のサラリーマンの接待ゴルフみたいなものだろうか。能は社交上必要なものになり、諸大名はこぞって稽古にいそしんだ。参勤交代で地方に行った先でも能をやり、次第に能は全国に広がっていく。同時に庶民の間には謡が大流行し、元禄期に印刷技術が発達すると謡本が出版され、これによって文盲率も下がったという。
迎えた明治維新。津軽と薩摩の人間が一堂に会しても方言では言葉が通じない。ところがそこに一つの共通言語があった。謡だ。
「某(それがし)は薩摩の○○にて候」
こう話せば通じたのだ。かくして明治期の公文書はすべて候文で書かれるようになった由。めでたしめでたし……。

源次郎先生のお話のテーマは多岐にわたり、話題が尽きません

源次郎先生のお話のテーマは多岐にわたり、話題が尽きません

能を軸に中世から明治まで一気に歴史がつながった。およそ650年も昔から人間を通して継承されてきた能楽。それを、平成の世に生きる私たちもやっている。日本の歴史という大河の、小さな小さな支流の末端で自分もつながっていると感じた瞬間、かつてあれほど無味乾燥だった歴史が、みずみずしく血の通ったものになった。
おけいこの帰り、電車に揺られながら遠い遠い歴史に思いをはせる。能に魅せられ、能を受け継いできてくれた歴史のエライ人たち、ありがとう。出世も、接待ゴルフとも無関係なお気楽な立場ではあるが、あなた様方同様、現代に生きる名もなき私も、能を愛してる。

<<小鼓 その1 高砂の待謡に挑戦!の巻
>>小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その9 助手をください

Text by ここんN 初春から始まった越後獅子との格闘も、夏を前にしてようやく先生が抜粋してくださった部分をひと通り浚い終えました。曲…

篠笛その3 笛の身体

代々続く仕事を持つ家に生まれた人というのは、その仕事に適した身体に生まれつくものなんだろうか。歌舞伎役者の目が鋭いのも、能役者の足元がコ…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

能楽その6 ステキ衝撃

中学生のころ、バスタオルの端と端を、わざとずらして畳んでいた。 ニューヨーカーのように、さらっとカジュアルに畳むことがカッコイイと思って。 …

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々し…

篠笛その5 和のお稽古をする、ということ

突然ですが、歌舞伎好きです。 歌舞伎との出会いは、2001年の秋。隅田川畔に出現した平成中村座。 桜席(舞台上に設けられた2階席)から見た「…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

ページ上部へ戻る