© ここん All rights reserved.

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。
とうとうおさらい会の日がやってきました。
すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。
消費税増税直前の年度末とあって宅配業者はてんてこまい。
大島先生のところも1週間前に送った着物一式が、おさらい会当日になっても未着という、波瀾万丈な幕開けとなりました。

徒然草には、

能を付かんとする人、「良くせざらん程は、なまじひに人に知られじ。内々良く習ひ得て、差し出でたらんこそ、いと心憎からめ」と、常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

とあります。つまりは「上手になってから人前で披露しよう」と言っているうちは「一芸も習ひ得ることなし」ということ。兼好さん、手厳しい。
ここまできたらジタバタせず、ヘタはヘタなりに一生懸命やるだけです。

集まった社中の方々は20名ほど。下は5歳から、上はなんと98歳という、ほぼ1世紀にわたる世代がそろいました。98歳のNさんはお一人で電車に乗っておけいこに通ってこられると聞いてびっくり。能は長ーく続けられる趣味ってことですね。

お着替え場所では、それぞれ支度がはじまります。
K嬢は仕立てたままタンスのこやしになっていた色紋付を初おろし。しつけ糸つきのまま持参して、周囲にやいのやいの言われながら袖を通しました。
袴をつけるので短めに着付けるのですが、鏡に映った自分の姿を見たK嬢、
「ねえ、バカボンみたいじゃない?」
と。短めに着るとおはしょりが大きくなっちゃうからね、仕方ないのです。。。さ、早いとこ袴つけましょう。

支度を手伝ってくださったのは、輝久先生のお姉さまの衣恵先生

支度を手伝ってくださったのは、輝久先生のお姉さまの衣恵先生


 

袴をつけるとそれなりに皆、様になります。腰がくっと立ち、気持ちも背筋もシャンとして、ふるまいもキリリとする感じ。衣裳の効果を実感します。
扇もふだんのおけいこ用のとは違い、グレードアップした素敵なのを貸していただきました。おのおの、自分たちの着物や袴の色を考慮しながら好きなのを選びます。

SONY DSC

つたない舞に少しでも花を添えておくれとばかりに、真剣に扇を選ぶ私たち

 

準備が整ったところでいよいよ本番。
最初は連吟(複数人でうたう謡)。
何度も言いますが、カラオケをのぞけば人前でうたうのは中学の合唱コンクール以来(カラオケだってもう何年も行ってない)。
位置につき、扇を手に持ち、深く息を吸う。あとはただただ正面を見据え、ひたすら声を前へ前へ。
身体に血が巡るのを感じながら、全員の声が重なり合うのを感じながら、無になってうたう。
緊張のうちにあっという間に終了。終わった直後は抜け殻です。

ほかの方の素謡や独吟をはさんで、ふたたび出番。今度は仕舞。
仕舞は一人ずつなのでもっと緊張。間違えずにやるので精一杯でしたが、先生の謡に導かれるようにして舞い終わりました。
久しぶりに「本番」の緊張感を味わって、いつもと違う回路や筋肉を使ったなぁという感じでした。

先生の謡の声をただ頼りに、無心に舞いました

先生の謡の声をただ頼りに、無心に舞いました

 

最後は番外仕舞として、輝久先生のお姉様で同じく能楽師の衣恵先生が「天鼓」を、輝久先生が「八島」を舞って終了。ステージプロと一般の素人が、同じ場所で芸を披露し合う。ふだんの生活では接点のない世代の人と交流する。おさらい会ってすごい場です。

輝久先生の仕舞「屋島」。短い時間にも場の空気をガラリと変えてしまう迫力に満ちていました

輝久先生の仕舞「屋島」。短い時間にも場の空気をガラリと変えてしまう迫力に満ちていました

 

ま、兼好さんも「上手の中に交じりて、そしり笑はるるにも恥じず」努力していけば、「つひに上手の位になり」と言っていますので、うまいヘタにこだわらず、上手な人たちに交じって素直に精進していくことが大切なのですね。

終了後に記念撮影。輝久先生、10回に渡り、丁寧にご指導くださいましてありがとうございました

終了後に記念撮影。輝久先生、10回に渡り、丁寧にご指導くださいましてありがとうございました

 

さて、以上をもちまして謡・仕舞のおけいこ体験はいったん終了です。
年明けからは、「小鼓に挑戦の巻」がスタートします。教えていただくのは能楽小鼓方大倉流宗家・大倉源次郎先生。どんなおけいこ体験が待っているのか…。

年内の更新はこれで最後になります。
皆様、どうぞ晴れやかな新年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

<<能楽 その8 「気」をためる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

篠笛その5 和のお稽古をする、ということ

突然ですが、歌舞伎好きです。 歌舞伎との出会いは、2001年の秋。隅田川畔に出現した平成中村座。 桜席(舞台上に設けられた2階席)から見た「…

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…

Text by ここんゲストメンバーN つい先日、みんなで三味線の構えの練習をしたと思っていたら、なんともう「宵は待ち」は終わりにして、今…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ

前回&前々回のお稽古レポートをご覧になってお気づきかもしれませんが、 先生の装いは着物から洋服になりましました。 なにせ、このお稽古場は、…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

ページ上部へ戻る