© ここん All rights reserved.

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。

そしてこれからここに書くのは、以前の私がとても不思議に感じていた…ただただ素直な印象です。

「ワキ方って…能の冒頭に舞台に表れてなんか色々説明して、あとは能舞台の隅っこでジーッとシテ方を見つめてて、たまーに真ん中出てきてシテ方と絡んだかな〜と思ったら、やっぱりまた隅っこにジーッと座っている、あのお坊さん。だよね」

いやいや、ワキ方なくして能楽は成り立たないでしょ。って言うくらい、舞台上では重要な役割ですよね。

いつもはどうしてもシテ方に注目が集まりがちですが、知れば知る程魅力的、そんなワキ方にスポットライトを当てた公演が国立能楽堂で行われます。

この公演、神遊という能楽師5名(一噌隆之さん、柿原弘和さん、観世新九郎さん、観世元伯さん、観世喜正さん(五十音順))の活動の1つですが、ちょっと前(10月17日)に矢来能楽堂で「徹底解剖!ワキ方」という、これまたダイレクトな公演名で、トークと実演を交えてワキ方の魅力を伝える公演も行っていて、実はそちらも気になっていました。今回は、その解説付き公演を受けての舞台のようですが、能二番にワキ方の独吟・一調・仕舞と、解説を聞いていなくてだっぷりとワキ方の活躍を知ることが出来そうな、脇役達を主役にした趣向の舞台は気になります。

 

ワキ方が活躍する能

公演日程:2015年3月22日(日)
開演時間:11時30分(11時開場)
場所:国立能楽堂(千駄ヶ谷)

演目・出演者:
能 「張良」(ちょうりょう)
シテ(老翁・黄石公) 観世 喜之
ツレ(蛇神)     川口 晃平
ワキ(張良)     森 常太郎
アイ(下人)     高野 和憲
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

一調 「船弁慶」(ふなべんけい) 福王 和幸
太鼓 観世 元伯
 
独吟 「藤戸」(ふじと)  宝生 欣哉
 
仕舞 「雲雀山」(ひばりやま) 宝生  閑
地謡 宝生 欣哉
大日方 寛
御厨 誠吾

狂言 「寝音曲」(ねおんぎょく)
シテ(太郎冠者) 野村 萬斎
アド(主人)   石田 幸雄

能 「谷行」(たにこう) 
シテ(松若の母・伎楽鬼神) 観世 喜正
シテ(役行者)      梅若 玄祥
子方(松若)        馬野 訓聡
ワキ(師阿闍梨)     森  常好
ワキツレ(小先達)     殿田 謙吉
ワキツレ(相談役山伏)  舘田 善博
ワキツレ(同山)     野口 琢弘
梅村 昌功
野口 能弘
則久 英志
アイ(下人)        深田 博治
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

チケット:発売中(全席指定・税込)正面席 ¥8,500 ワキ正面 ¥6,000 中正面 ¥5,500 GB席 ¥5,500
お申込み:チケットぴあカンフェティチケットセンター神遊オンラインチケット
お問合せ:神遊事務局 TEL/FAX 03-5227-1830
URL:http://www.kamiasobi.com/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

ページ上部へ戻る