© ここん All rights reserved.

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。

そしてこれからここに書くのは、以前の私がとても不思議に感じていた…ただただ素直な印象です。

「ワキ方って…能の冒頭に舞台に表れてなんか色々説明して、あとは能舞台の隅っこでジーッとシテ方を見つめてて、たまーに真ん中出てきてシテ方と絡んだかな〜と思ったら、やっぱりまた隅っこにジーッと座っている、あのお坊さん。だよね」

いやいや、ワキ方なくして能楽は成り立たないでしょ。って言うくらい、舞台上では重要な役割ですよね。

いつもはどうしてもシテ方に注目が集まりがちですが、知れば知る程魅力的、そんなワキ方にスポットライトを当てた公演が国立能楽堂で行われます。

この公演、神遊という能楽師5名(一噌隆之さん、柿原弘和さん、観世新九郎さん、観世元伯さん、観世喜正さん(五十音順))の活動の1つですが、ちょっと前(10月17日)に矢来能楽堂で「徹底解剖!ワキ方」という、これまたダイレクトな公演名で、トークと実演を交えてワキ方の魅力を伝える公演も行っていて、実はそちらも気になっていました。今回は、その解説付き公演を受けての舞台のようですが、能二番にワキ方の独吟・一調・仕舞と、解説を聞いていなくてだっぷりとワキ方の活躍を知ることが出来そうな、脇役達を主役にした趣向の舞台は気になります。

 

ワキ方が活躍する能

公演日程:2015年3月22日(日)
開演時間:11時30分(11時開場)
場所:国立能楽堂(千駄ヶ谷)

演目・出演者:
能 「張良」(ちょうりょう)
シテ(老翁・黄石公) 観世 喜之
ツレ(蛇神)     川口 晃平
ワキ(張良)     森 常太郎
アイ(下人)     高野 和憲
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

一調 「船弁慶」(ふなべんけい) 福王 和幸
太鼓 観世 元伯
 
独吟 「藤戸」(ふじと)  宝生 欣哉
 
仕舞 「雲雀山」(ひばりやま) 宝生  閑
地謡 宝生 欣哉
大日方 寛
御厨 誠吾

狂言 「寝音曲」(ねおんぎょく)
シテ(太郎冠者) 野村 萬斎
アド(主人)   石田 幸雄

能 「谷行」(たにこう) 
シテ(松若の母・伎楽鬼神) 観世 喜正
シテ(役行者)      梅若 玄祥
子方(松若)        馬野 訓聡
ワキ(師阿闍梨)     森  常好
ワキツレ(小先達)     殿田 謙吉
ワキツレ(相談役山伏)  舘田 善博
ワキツレ(同山)     野口 琢弘
梅村 昌功
野口 能弘
則久 英志
アイ(下人)        深田 博治
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

チケット:発売中(全席指定・税込)正面席 ¥8,500 ワキ正面 ¥6,000 中正面 ¥5,500 GB席 ¥5,500
お申込み:チケットぴあカンフェティチケットセンター神遊オンラインチケット
お問合せ:神遊事務局 TEL/FAX 03-5227-1830
URL:http://www.kamiasobi.com/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

ページ上部へ戻る