© ここん All rights reserved.

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。

そしてこれからここに書くのは、以前の私がとても不思議に感じていた…ただただ素直な印象です。

「ワキ方って…能の冒頭に舞台に表れてなんか色々説明して、あとは能舞台の隅っこでジーッとシテ方を見つめてて、たまーに真ん中出てきてシテ方と絡んだかな〜と思ったら、やっぱりまた隅っこにジーッと座っている、あのお坊さん。だよね」

いやいや、ワキ方なくして能楽は成り立たないでしょ。って言うくらい、舞台上では重要な役割ですよね。

いつもはどうしてもシテ方に注目が集まりがちですが、知れば知る程魅力的、そんなワキ方にスポットライトを当てた公演が国立能楽堂で行われます。

この公演、神遊という能楽師5名(一噌隆之さん、柿原弘和さん、観世新九郎さん、観世元伯さん、観世喜正さん(五十音順))の活動の1つですが、ちょっと前(10月17日)に矢来能楽堂で「徹底解剖!ワキ方」という、これまたダイレクトな公演名で、トークと実演を交えてワキ方の魅力を伝える公演も行っていて、実はそちらも気になっていました。今回は、その解説付き公演を受けての舞台のようですが、能二番にワキ方の独吟・一調・仕舞と、解説を聞いていなくてだっぷりとワキ方の活躍を知ることが出来そうな、脇役達を主役にした趣向の舞台は気になります。

 

ワキ方が活躍する能

公演日程:2015年3月22日(日)
開演時間:11時30分(11時開場)
場所:国立能楽堂(千駄ヶ谷)

演目・出演者:
能 「張良」(ちょうりょう)
シテ(老翁・黄石公) 観世 喜之
ツレ(蛇神)     川口 晃平
ワキ(張良)     森 常太郎
アイ(下人)     高野 和憲
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

一調 「船弁慶」(ふなべんけい) 福王 和幸
太鼓 観世 元伯
 
独吟 「藤戸」(ふじと)  宝生 欣哉
 
仕舞 「雲雀山」(ひばりやま) 宝生  閑
地謡 宝生 欣哉
大日方 寛
御厨 誠吾

狂言 「寝音曲」(ねおんぎょく)
シテ(太郎冠者) 野村 萬斎
アド(主人)   石田 幸雄

能 「谷行」(たにこう) 
シテ(松若の母・伎楽鬼神) 観世 喜正
シテ(役行者)      梅若 玄祥
子方(松若)        馬野 訓聡
ワキ(師阿闍梨)     森  常好
ワキツレ(小先達)     殿田 謙吉
ワキツレ(相談役山伏)  舘田 善博
ワキツレ(同山)     野口 琢弘
梅村 昌功
野口 能弘
則久 英志
アイ(下人)        深田 博治
笛  一噌 隆之
小鼓 観世新九郎
大鼓 柿原 弘和
太鼓 観世 元伯

チケット:発売中(全席指定・税込)正面席 ¥8,500 ワキ正面 ¥6,000 中正面 ¥5,500 GB席 ¥5,500
お申込み:チケットぴあカンフェティチケットセンター神遊オンラインチケット
お問合せ:神遊事務局 TEL/FAX 03-5227-1830
URL:http://www.kamiasobi.com/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

ページ上部へ戻る