© ここん All rights reserved.

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。
江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情緒ある優美な舞で、祇園や北新地の花街のお座敷を中心に発展・伝承されてきた舞踊です。お酒の席で披露されていたことから、一畳ほどの小さな場所でも舞うことが来出るような動きになっているそうですが、特に女性の心情を表現した繊細な舞が魅力です。

私も上方舞を実際に観たのは最近のことで、それまでなんとなく観る機会もなく、日本舞踊の公演に積極的に足を運ぶでもなく、誘われたので公演に足を運んでみたわけですが、一回観たらその魅力に思いっきりハマってしまいました。地唄に舞い手というシンプルな構成に、決して派手な動きではないし、舞い手の表情に目に見えるほどの変化はないのにも関わらず、心情が伝わってくる。情景が目に浮かぶ。心を掴まれる舞が後を引いて、また観に行きたくなってしまいます。この魅力はテレビではなかなか伝わらないんじゃないかな〜と思う程、生身の人間が目の前で舞っているということがとてつもない魅力なんです。

そんな上方舞を代表する四流(井上・楳茂都・山村・吉村)の舞い手が国立劇場の舞台に一堂に会する企画がありました。
一見さんでも堂々と座敷舞が楽しめる大舞台なので、個人の会や公演はちょっと敷居が高いかな。という方や上方舞に馴染みのない方も一度、実際にその魅力を感じに足を運んでみてください。そして、上方舞の魅力にハマってしまった方はぜひ!畳の席で目の前で舞をご覧になる機会を探してみることをオススメいたします!

20141211s1830_flier
舞の会 ―京阪の座敷舞―

平成26年度(第69回)文化庁芸術祭協賛
公演期間 : 2014年11月22日(土)
開演時間 : 1時開演(終演予定2時40分)
       4時開演(終演予定5時50分)
演目・出演者 :
[1時開演]
地唄 傾城(けいせい)     山村若有子
地唄 芦刈(あしかり)     楳茂都梅咲弥
地唄 蛙(かわず)       山村若改め 山村友五郎
                山村侑改め 山村若
地唄 露の蝶(つゆのちょう)  井上政枝
地唄 虫の音(むしのね)    吉村輝章

[4時公演]
地唄  菊の露(きくのつゆ)  楳茂都梅衣華
地唄  竹生島(ちくぶしま)  井上和枝
地唄  鼠の道行(ねずみのみちゆき)  山村光
                    山村楽春
地唄  八島(やしま)     吉村ゆきその
地唄  おちやめのと      井上八千代

地方=富山清琴・富山清仁/菊原光治・菊寺智子・菊萌文子/井上満智子/松島弘美 ほか
囃子方=藤舎呂浩連中
(字幕表示あり)

チケット : 
等級別料金 一般:6,200円 学生:4,300円
※1時の部・4時の部セット料金:11,300円

お問い合わせ : 
国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
0570(07)9900
03(3230)3000[一部IP電話等]

URL : http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2014/11160.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

ページ上部へ戻る