© ここん All rights reserved.

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。
江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情緒ある優美な舞で、祇園や北新地の花街のお座敷を中心に発展・伝承されてきた舞踊です。お酒の席で披露されていたことから、一畳ほどの小さな場所でも舞うことが来出るような動きになっているそうですが、特に女性の心情を表現した繊細な舞が魅力です。

私も上方舞を実際に観たのは最近のことで、それまでなんとなく観る機会もなく、日本舞踊の公演に積極的に足を運ぶでもなく、誘われたので公演に足を運んでみたわけですが、一回観たらその魅力に思いっきりハマってしまいました。地唄に舞い手というシンプルな構成に、決して派手な動きではないし、舞い手の表情に目に見えるほどの変化はないのにも関わらず、心情が伝わってくる。情景が目に浮かぶ。心を掴まれる舞が後を引いて、また観に行きたくなってしまいます。この魅力はテレビではなかなか伝わらないんじゃないかな〜と思う程、生身の人間が目の前で舞っているということがとてつもない魅力なんです。

そんな上方舞を代表する四流(井上・楳茂都・山村・吉村)の舞い手が国立劇場の舞台に一堂に会する企画がありました。
一見さんでも堂々と座敷舞が楽しめる大舞台なので、個人の会や公演はちょっと敷居が高いかな。という方や上方舞に馴染みのない方も一度、実際にその魅力を感じに足を運んでみてください。そして、上方舞の魅力にハマってしまった方はぜひ!畳の席で目の前で舞をご覧になる機会を探してみることをオススメいたします!

20141211s1830_flier
舞の会 ―京阪の座敷舞―

平成26年度(第69回)文化庁芸術祭協賛
公演期間 : 2014年11月22日(土)
開演時間 : 1時開演(終演予定2時40分)
       4時開演(終演予定5時50分)
演目・出演者 :
[1時開演]
地唄 傾城(けいせい)     山村若有子
地唄 芦刈(あしかり)     楳茂都梅咲弥
地唄 蛙(かわず)       山村若改め 山村友五郎
                山村侑改め 山村若
地唄 露の蝶(つゆのちょう)  井上政枝
地唄 虫の音(むしのね)    吉村輝章

[4時公演]
地唄  菊の露(きくのつゆ)  楳茂都梅衣華
地唄  竹生島(ちくぶしま)  井上和枝
地唄  鼠の道行(ねずみのみちゆき)  山村光
                    山村楽春
地唄  八島(やしま)     吉村ゆきその
地唄  おちやめのと      井上八千代

地方=富山清琴・富山清仁/菊原光治・菊寺智子・菊萌文子/井上満智子/松島弘美 ほか
囃子方=藤舎呂浩連中
(字幕表示あり)

チケット : 
等級別料金 一般:6,200円 学生:4,300円
※1時の部・4時の部セット料金:11,300円

お問い合わせ : 
国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
0570(07)9900
03(3230)3000[一部IP電話等]

URL : http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2014/11160.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

ページ上部へ戻る