© ここん All rights reserved.

邦楽フォーマット、洋楽フォーマット


IMG_8329 能の謡を初めて体験したとき、そのリズムや旋律がちっとも自分の体の中に入っていかないことに驚いた。まるで、西洋音楽のリズムでフォーマット化されてきた私のOSが、謡という、まったく異なるフォーマットを読み込んでくれないみたいな感覚だった。

親のための新しい音楽の教科書』を読んで、そんなことをふっと思い出した。
本書には、明治の近代化で日本人がどのように西洋音楽と出会い、それをどのように取り込んだかについて書かれているくだりがある。特に学校教育の創設と同時に始まった日本人の音楽教育について書かれた部分を読むと、まさにこのときに日本人は旧フォーマットから新フォーマットへ、音楽的に書換えられたのだなぁと思った。それも劇的に。

西洋の音楽における長調と短調というものをこどもに教えようとします。ですが当時の日本人にとっては、この長調・短調という音感はまったく持ち合わせていないものでした。つまり、ドレミファソラシドが歌えないのです。

謡と格闘している自分とドレミファが歌えない明治の人たちが重なり、とても親しみがわいた。と同時に、謡は音楽的にとりたてて難しいものなのではなく、やはりフォーマットが違うから読みこみにくいだけだったんだなとわかった。よく「音楽は世界共通言語」だと言われるが、そのときの音楽とはたいてい西洋音楽のことであって、多種多様な民族音楽には必ずしも当てはまらない。著者はバッサリ言い切る。

西洋音楽の音楽観を頼りにバリ島のケチャを聴いたとしても、当然ながらわたしたちは、それを解読する物差しを持ち合わせていません。約束事がわからなければ、何をやっているのかさっぱりわからないのが音楽なのです。

古典芸能や邦楽が、難しいとかなじみにくいと言われる要因とこのことは、無関係ではないなと思う。

そもそも「音楽」という言葉自体、明治以前の日本にはなかったものだそうで、近代化にともなって輸入されたさまざまな西洋的概念に対応すべく作られた言葉の一つだそうだ。
それまでは「うた」という言葉があり、ある一定の韻律のなかで美しい詩のような言葉を構成する行為を、音楽と同じように扱っていたのが日本人だった。

他にも本書には
・音楽の混乱期に生まれた《君が代》が、音楽的にどんな構造を持っているか(←これ、面白かった!)。
・そもそも学校教育に西洋音楽が取り入れられたのはなぜか(←理由を知ってびっくり!)。
・音楽はいつから間違ってはいけないものになったのか(←日本の「うた」はもっと自由!)。
・なぜ人は歌うことをはずかしがりはじめたのか(←明治期に「音痴」が大量生産された?!)。
・日本の流行歌の源は学校音楽の音階である(←唱歌と演歌の関係性、面白い)。

といったような興味深い話がいろいろ書かれている。
本の主題は、「子供への音楽教育が生まれた経緯を通して、その”音楽”が及ぼしてきた誤解を解き、本当の音楽とは何かを問いかける」というものだが、現代の日本人と邦楽との間になぜこんなに距離ができてしまったのかがよくわかる一冊だと思う。

『親のための新しい音楽の教科書』
若尾 裕 (著)
サボテン書房 (2014/7/31)
1,296円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

旧暦と「女殺油地獄」

放蕩の限りを尽くすどうしようもないダメ男・与兵衛が、借金の返済に困り、親しくしていたご近所の奥さんを殺し、金を奪って逃げる――。 現代にも普…

手は語る。大倉源次郎さんの手

手は時にその人の人生を語る。 こちらは能楽小鼓方・大倉流宗家 大倉源次郎さんの手。 見てわかるように、左手と右手で親指の反り…

ページ上部へ戻る