© ここん All rights reserved.

能楽その2 無心に「謡う」

 

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」
あーー、鼻歌が気持ちいいっ!
お風呂でも自転車でも陽気に謡います。
カラオケなんかと違って、身体に声を響かせてお腹から声を出す感覚。
この生まれて初めての感じ。気持ちいい!

これが「歌う」じゃなくて、「謡う」なんですねぇ。
しかも、歌詞(能楽では詞章と言います)もウキウキしてきます。
なんせ、「花も酔へるや盃の」ですよ。
先生から教わったわけではありませんが、私の妄想では、
「暖かな陽気の中、はらはらと散る桜の花びらも酔ってしまうほどの、美しく楽しい酒宴の席」
なんです。あぁ、お酒が飲みたくなる。。。

そんな調子で、第3回目のお稽古となりました。
録音した音源を50回ぐらい聞いて(えらい時間かかった…)、
2分ほど(?)の謡は最後までだいたい覚えました。

正座に弱い私は、正座イスをそそとお尻に敷いて、さあ大好きな謡のお稽古です。
いつもは緩んでいる腰をピンと伸ばし、扇を持った両手をももの上に軽く乗せ、まっすぐ前を向きます。
お腹に空気を入れて、先生の謡い出しと共に、「花も酔へるや盃の~」。

何も考えず、ただまっすぐ前を向いて、ただまっすぐお腹から謡います。
普通に生きていて、こんなに無心にまっすぐになれること、あまりないな。
「何時までにこれをして」とか、「こっちの方が早く行ける」とか、「あの人はこう思うかな」とか、
いつもいつも計算したり解釈したり。
そんなのをぜーーーんぶ忘れて、身体から出る声を目の前の壁にぶつけるように。
ちょっと大げさかもしれませんが、魂が浄化される、そんな感覚がします。

一方、仕舞のお稽古は、ついていくのに必死。
先生を追って、自分の動きに迷って、「えーと、右で、左で…」。あれ?やば!煩悩だらけ。
声のコントロールに比べて、身体のコントロールに慣れていない私は、
無心で仕舞を…となるには、まだまだ時間がかかりそうです。

(by ここん管理人4号)

<<能楽その1 中世日本人の身体運用を体感?!
能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

篠笛その5 和のお稽古をする、ということ

突然ですが、歌舞伎好きです。 歌舞伎との出会いは、2001年の秋。隅田川畔に出現した平成中村座。 桜席(舞台上に設けられた2階席)から見た「…

長唄その7 いよいよ浴衣会が近づいて、分け口でのおけいこがスタート

さてさて、分け口も決まり、浴衣会まで残すところあと3回のおけいこ(+リハーサル)を残すのみ。 前回から約1ヶ月ぶりのおけいこです。 自分のパ…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

篠笛その3 笛の身体

代々続く仕事を持つ家に生まれた人というのは、その仕事に適した身体に生まれつくものなんだろうか。歌舞伎役者の目が鋭いのも、能役者の足元がコ…

長唄三味線その1 ゴールは遠く、果てしなく

過去のものの良さを勉強して 知るようになって 自分のものにして 自分がそういうものから 特別な愉しみを得ること 伝統は時々…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

長唄三味線その9 助手をください

Text by ここんN 初春から始まった越後獅子との格闘も、夏を前にしてようやく先生が抜粋してくださった部分をひと通り浚い終えました。曲…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

ページ上部へ戻る