© ここん All rights reserved.

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。

予告もなく更新をサボッお休みしており、申し訳ありません。更新しそびれていた間に「楽しみにしていました。ぜひ続けてください」というメッセージまでいただき、ありがたいやら申し訳ないやら。

公演情報を集めるのもなかなか限界を感じている今日この頃、「こんな公演あるよ!」という方はぜひぜひinfo(at)kokon.jp.netへお寄せください。(メールアドレスの(at)を@に変えてね)

今月はちょびっとですが、オススメ公演をご紹介します。


――<歌舞伎>――――――――――
★本日10時一般発売。即完売必至。
歌舞伎鑑賞教室「連獅子」
日時:6月2日(土)~2018年6月24日(日)
場所:国立劇場大劇場
料金:1等席 4,000円 2等席 1,800円 学生 (全席) 1,500円
詳細

今さら・・・かもしれませんが、もしここん読者の方で「歌舞伎、実はちゃんと観たことがない」という方がいらっしゃったらと思い、初心に戻りまして「連獅子」です。紅白のもっさもさのカツラをかぶった役者さんが、長い毛をぶんぶん振り回すあれですね。とにかくワクワクする演目で、歌舞伎ならまずはコレでしょう。国立劇場が毎年この時期に開催する歌舞伎鑑賞教室は、全体が2時間程度とコンパクトで、若手の解説があって、お財布にやさしく、ちょっと見てみたい方にぴったり。社会人のために夜公演の日もあり。ただ即完売は必至です。お早めに!

――<舞踊>――――――――――
★ニューデリーでの公演を受けて待望の日本公演!
インドの魂 日本の心 真夏の宵の競演
日時:7月3日(火)午後6時30分開演
場所:国立劇場小劇場
料金:全席7,000円
詳細

インドの楽器、シタールをご存知ですか。インドといえば! のあの音色です。ポピュラー音楽との共演で使用されるなど、わりとポピュラーな楽器ですよね。フワ〜っとボワ〜っと響くあの独特の音を持つ楽器と日本舞踊の共演舞台を五耀会が開催します。シタールとタブラ(インドの打楽器)で踊られる演目は「羽衣」。華麗に天を舞う天女の舞をシタールでどのように表現してくれるのか、今からとても楽しみにしています。他にも、五耀会ファンなら必見のメンバー全員出演(!)による長唄「新曲浦島」や、カタックダンスと日本舞踊の共演による新作舞踊などお楽しみポイント満載です。

――<邦楽>――――――――――
★大阪の地歌をたっぷりと
第2回 三十三会(みとみかい)
日時:6月17日(日) 14時開演
場所:紀尾井小ホール
料金:全席自由4,000円、学生2,000円
詳細

三味線音楽の中で最初にジャンルとして成立した「地歌」。その発祥の地である上方で活躍を続ける3人の演奏家が集う会です。邦楽演奏会や日本舞踊の伴奏で聴く機会はあるけれど、古格を保つ大阪・地歌の菊筋の皆さんの演奏をまとまって東京で聴ける機会は多くありません。三味線と声の柔らかで繊細な音色にじっと耳を傾ける至福の時間が今から待ち遠しいです。

★お願いです!
日本音楽の流れⅡ -琵琶-
日時:6月2日(土)午後2時開演
場所:国立劇場小劇場
料金:4,500円、学生3,200円
詳細

琵琶という楽器は、なかなかにソウルフルでグルーヴィです。もっと注目されて全然おかしくない。現在のトップランナーを集め、その琵琶の変遷を紹介する本公演ですが、完売してます。もう一公演つくって!!!と訴えるために、ここに挙げてみました。ここんの周囲でもこれ行きたかったという人は多いです。国立劇場・国立能楽堂は最近早々に完売する公演が多く、喜ばしいことですが、伝統芸能人気の昨今、もうそろそろ各公演のキャパを増やす努力をされては?大劇場の歌舞伎はお客さんが入っていなくても必ず20日以上の公演。対して小劇場の舞踊・邦楽公演や能楽堂の公演は殆どが1回こっきり公演。バランスどうでしょう?日々の仕事や子育てに慌ただしく過ごしている我々30代・40代や、若者が、ふと興味を持った時にチケットが買えるような仕組み・公演づくりをしてほしいです。ぜひ若い世代の味方になってください!

――<コラボ>――――――――――
★太棹三味線とチェロの共演
紀尾井 午後の音楽会-明治150年 音楽の花開く-Ⅲ 
鶴澤寛太郎(文楽三味線方)/岡本侑也(チェロ)
日時:10月10日(水)午後1時30分開演
場所:紀尾井ホール
料金:2,500円
詳細

文楽の太棹三味線の音とチェロの音はよく似ていると言われています。邦楽と洋楽の名手による演奏を凝縮してお届けするというこのシリーズ公演、第三回は若手ピカイチの文楽三味線方・鶴澤寛太郎さんと、若手チェロ奏者の岡本侑也さん。演奏される曲は、作曲家の黛敏郎さんが独奏チェロのためにつくったというその名も「文楽」。文楽三味線の「オクリ」の旋律から始まるこの曲は、ピチカートが三味線のたたきつけるようなバチの音を想起させ、ちょっと意外な面白さです。公演自体は10月とだいぶ先ですが、チケット発売は来月6月28日です。
文楽とチェロについては、人形遣いの桐竹勘十郎さんのこちらのインタビューも併せてぜひ。

N響 音の記憶 「文楽の音、チェロの音」桐竹 勘十郎(文楽人形遣い)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

ページ上部へ戻る