© ここん All rights reserved.

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロックしちゃいましょう!

――<文楽>――――――――――
★2017年の締めくくりに
12月文楽鑑賞教室「日高川入相花王」「傾城恋飛脚」
日時:12月7日(木)~19日(火)
場所:国立劇場・小劇場
料金:3,900円
詳細

まだ文楽を観たことがないというアナタ、絶好の機会がやってまいりましたよ。解説セットで2つの演目のハイライト部分が楽しめる文楽鑑賞教室。チケット代も安めに設定されているので、最初のお試しにはぴったりです。ただ、公演期間が短い上、学生の団体で貸し切りになっていたりしてなかなかチケットが取りにくいのが難点。発売日の11月7日(火)にポチッとね。

――<邦楽>――――――――――
★囃子から入るという手がある。
藤舎囃子研究会
日時:11月1日(水)18:00開演
場所:国立劇場・小劇場
料金:全席指定 5,000円
詳細

“長唄かっこええ!!”と思って友人を公演に招待しても、初めての人にはイマイチつかみどころがないらしい。まぁ、そうだろう。そこで、敢えて「囃子」という切り口から入るのがおススメ。囃子をメインに選曲されている本公演は、派手でわかりやすい!楽しい!邦楽の魅力が直感的に感じられるはず。いくつかある囃子の流派の中でも、藤舎流は実力派が多い。チケット入手が電話のみというハードルだが、がんばれ!

★伝統芸能、聴き放題ですよー
神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2017
日時:前夜祭 11月11日(土)15:00~19:40頃、本祭 11月12日(日)11:30~18:00頃
場所:東京・神楽坂エリア一帯
料金:無料(一部有料公演あり)
詳細

2日間に渡って、神楽坂のお店や路上のそこかしこで伝統芸能が披露される、年に1度のお祭り。長唄、小唄、地唄、新内節、義太夫、浪曲、講談、太神楽、邦楽囃子、雅楽などなどジャンルも様々!良い出演陣がずらりと並んでいますが、路上でのパフォーマンスはもちろん、お店での公演も定員はあるものの、なんと観覧は無料です。街の賑わいの中で観る芸能は、いつもと違った魅力があります。新内流しは外せませんし、浪曲・玉川奈々福さん、お囃子・若獅子会さん、胡弓の弓連者さんも気になります。あれもこれも、、、さてどこから観てまわりましょうか!?

★古典の音色を伝える
じうた人 大阪東京10周年記念公演
日時:11月24日(金)15:30開演/19:00開演
場所:紀尾井ホール・小ホール
料金:一般 昼3,000円、夜4,000円、昼夜通し券6,000円(学割あり)
詳細
※大阪公演は、11月5日(日)14:30開演 山本能楽堂にて。

地歌箏曲の演奏家として注目を集める菊央雄司さんと岡村慎太郎さんが開く毎年楽しみな演奏会。今回東京では昼夜2回公演。昼と夜とで演目が違うので、両方聴ける方は是非。実力あるお二人やゲストの演奏はもちろんですが、「じうた人」の演奏会は音に対するこだわりが感じられるのが面白い。三味線音楽の中でも最も古くからある地歌。前回公演では野川三味線という古い形の三味線による演奏もありましたが、今回もきっと沢山のこだわりを持って、聴きごたえのある演奏を聴かせて下さることと期待大!です。

★琵琶もいろいろ。繊細で美しい筑前琵琶に出会う。
筑前琵琶演奏会
日時:12月24日(日)14:00開演
場所:紀尾井ホール・小ホール
料金:全席自由 2,000円
詳細
チケット発売:11月15日(水)~

筑前琵琶の人間国宝・奥村旭翠さんとご一門の皆さんの演奏会です。琵琶と聞いて連想される盲目の琵琶法師や平家物語といった重厚で勇ましいイメージを、軽やかに裏切る筑前琵琶。明治時代に女性奏者が中心となって広まった芸能で、弾き語る旋律がとても音楽的です。特に奥村旭翠さんの演奏は、語る声も琵琶の音も、震えるほど繊細で美しく明瞭。一度聴くときっと病みつきになります!

――<日本舞踊>――――――――
★踊る人をみる面白さ
第10回 近くで観る日本舞踊
日時:11月26日(日)12:30開演/15:00開演
場所:尾上流舞台
料金:一般 3,000円
詳細

こんな公演もあるのですね~、ということでご紹介。細部まで作り込まれた舞台も素晴らしいですが、こういった稽古場公演は、距離の近さや気軽さならではの良さがあります。踊りを観るというより、踊る「人」を観るという方が近いでしょうか。踊るの人の息遣いや視線、緊張や揺れを肌で感じながら観る面白さ。尾上流の師範の方々がご出演とのこと。勉強会的な要素が強いのかなと思いますが、一度覗いてみたい。

★晴れやかな新年のスタートに
セルリアンタワー能楽堂 平成三十年正月公演
日時:1月1日(月・祝)12:00開演
場所:セルリアンタワー能楽堂
料金:全席自由 3,000円
詳細

祭囃子、長唄の「三番叟」、舞踊「七福神」とおめでたく賑やかな演目の3本立て。舞踊の立方(踊り手)は歌舞伎役者の市川九團次さん。公演時間は1時間弱とコンパクトですが、一年の始まりに賑々しい舞台の雰囲気の中に身を置いて、華やいだ気分になるなんていいじゃありませんか。初詣の帰りにでもいかがでしょうか?

――<能楽>――――――――――
★リアルな花と、まことの花の競演
横浜能楽堂企画公演「能の花 能を彩る花」
日時:すべて14時開演
<第1回> 「菊」
平成29年10月28日(土)
<第2回> 「紅葉」
平成29年11月23日(木・祝)
<第3回> 「牡丹」
平成30年1月13日(土)
<第4回> 「梅」
平成30年2月10日(土)
<第5回> 「桜」
平成30年3月10日(土)

場所:横浜能楽堂
料金:各回とも 全席指定 S席7,000円 A席6,000円 B席5,000円
詳細

華道と能、ともに室町時代に大きく発展した芸術の競演です。池坊次期家元の四代目池坊専好が舞台上に花を生け、花に関係する能を上演するというこの企画、第一回はすでに終了してしまいましたが、まだ4回あります!ここん的に「お♡」となっているのは第3回の「牡丹」。片山九郎右衛門さんの「石橋」です。囃子方も期待大。抽象的な能の舞台にいけばながどう作用するのか、そんなところも楽しみに足を運びたい公演です。

――<体験講座>――――――
★附け打ち、大向うが体験できる?!
附けの會☆東京
歌舞伎伝統芸能の継承ワークショップ
・11月17日(金)19:00~附け打ち体験講座
場所:HIBIKUS浅草
・11月18日(土)19:00~義太夫三味線の魅力
場所:那胡の会
・11月24日(金)19:00~大向う考察
場所:台東区立 浅草公会堂 第二集会室
料金:各回3,000円
詳細

公演情報ではないですが、たまにはこんなのも面白そう、ということでご紹介。歌舞伎などで効果音的な役割を果たす「附け」。その附け打ちさんが主催しているワークショップです。附け打ち体験から歌舞伎の義太夫(いわゆる竹本)三味線を聞くもの、「大向う」(役者の見せ場で「〇〇屋!」といって声をかけるアレですね)の方を招いてのお話など、歌舞伎の周辺の魅力に触れる貴重な機会ですよー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

ページ上部へ戻る