© ここん All rights reserved.

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。
発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、
声に乗り移り、空気を揺らし、
聴き手の魂を共振させる。
「唸り」。それは人類共通の衝動・・・。

遠くスペインの地でも、ここ日本でも。

トップ画像の左手は、フラメンコ歌手のエストレージャ・モレンテ。
右手は、浪曲師の国本武春。
どちらも天才。
そう、この唸り顔!
人類の宝!

あなたの人生に、「唸り」の忘れ物、ありませんか?
さあ、この動画で思い出してみてください。
下にご案内しているタイムで見比べてみてください。
いかに、唸りが人類共通かということを。
あなたの中にも、眠っているということを!

≪導入部≫    (エストレージャ↑)0:40~1:00ほど ⇔(武春↓)最初~1:25
≪唸りまくり部≫ (エストレージャ↑)2:00~2:40ほど ⇔(武春↓)12:50~最後まで

つい叫んでしまいます! エストレージャ、たっぷり!
あ、ちがった、武春、たっっぷりっ!

エストレージャさんは、なかなか日本にいらっしゃいませんが、
武春さんは、いつでも私達のそばにいます。
この方、古典のみならず、創作浪曲、創作音楽、MC、すべてにおいて、持ってます。
そして、武春さんをサポートする名人曲師・沢村豊子師匠の三味線は、シビれます!!
ライブは、笑い転げて、泣いて、本当に豊かな時間になるでしょう。
気が付かなかった忘れ物を拾いに、ぜひ。

≪11月1日(土)「沢村豊子の世界」≫
名人豊子の三味線にのせて、武春が唸る!
そして若手注目株・奈々福が唸る!
沢村豊子の世界

 

 

 

 

 

 

 

≪12月6日(土)「国本武春の大忠臣蔵」≫
歌舞伎や文楽の忠臣蔵でこれまで満足してきた方、武春さん版浪曲・忠臣蔵は別腹です!
国本武春の大忠臣蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

ページ上部へ戻る