© ここん All rights reserved.

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。
わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。
回数を重ねるのにオススメなのが、お財布に優しい国立能楽堂の主催公演です。特に中正面席はチケット代がお安い。舞台下手前方にある「目付柱(めつけばしら)」と呼ばれる柱がちょっと視界を遮るため、他の席よりお手頃価格なのです。
通レベルになると心眼が研ぎ澄まされ、この目付柱さえも消えてしまうとかしまわないとか…。
いずれにせよ、観に行かなきゃわからない。
6月7月の国立能楽堂主催公演のラインアップは以下の通り。
ぜひ一度、足を運んでみてください!


国立能楽堂【6月】【7月】主催公演スケジュール
詳細は国立能楽堂HPにて。

2017/6/7(水)『6月定例公演 蝸牛・雷電』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/10(土)『6月普及公演 舟渡聟・半蔀』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/13(火)『第13回青翔会(能楽研修発表会)』
料金:(中正面)700円

2017/6/16(金)『6月定例公演 伯養・班女』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/19(月)〜6/23(金)『能楽鑑賞教室 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/23(金)『外国人のための能楽鑑賞教室 Discover NOH&KYOGEN 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/29(木)『6月企画公演 蝋燭の灯りによる 蜘盗人・融』←★オススメ!★
料金:(中正面)3,200円

2017/7/5(水)『7月定例公演 八幡前・善知鳥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/8(土)『7月普及公演 入間川・二人静』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/19(水)『7月定例公演 隠笠・山姥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/28(金)『7月企画公演 髭櫓・名取ノ老女』
料金:(中正面)3,200円

2017/7/30(日)『7月企画公演 靱猿・鵜羽』
料金:(中正面)3,200円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

ページ上部へ戻る