© ここん All rights reserved.

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。
わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。
回数を重ねるのにオススメなのが、お財布に優しい国立能楽堂の主催公演です。特に中正面席はチケット代がお安い。舞台下手前方にある「目付柱(めつけばしら)」と呼ばれる柱がちょっと視界を遮るため、他の席よりお手頃価格なのです。
通レベルになると心眼が研ぎ澄まされ、この目付柱さえも消えてしまうとかしまわないとか…。
いずれにせよ、観に行かなきゃわからない。
6月7月の国立能楽堂主催公演のラインアップは以下の通り。
ぜひ一度、足を運んでみてください!


国立能楽堂【6月】【7月】主催公演スケジュール
詳細は国立能楽堂HPにて。

2017/6/7(水)『6月定例公演 蝸牛・雷電』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/10(土)『6月普及公演 舟渡聟・半蔀』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/13(火)『第13回青翔会(能楽研修発表会)』
料金:(中正面)700円

2017/6/16(金)『6月定例公演 伯養・班女』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/19(月)〜6/23(金)『能楽鑑賞教室 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/23(金)『外国人のための能楽鑑賞教室 Discover NOH&KYOGEN 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/29(木)『6月企画公演 蝋燭の灯りによる 蜘盗人・融』←★オススメ!★
料金:(中正面)3,200円

2017/7/5(水)『7月定例公演 八幡前・善知鳥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/8(土)『7月普及公演 入間川・二人静』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/19(水)『7月定例公演 隠笠・山姥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/28(金)『7月企画公演 髭櫓・名取ノ老女』
料金:(中正面)3,200円

2017/7/30(日)『7月企画公演 靱猿・鵜羽』
料金:(中正面)3,200円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

ページ上部へ戻る