© ここん All rights reserved.

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。
わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。
回数を重ねるのにオススメなのが、お財布に優しい国立能楽堂の主催公演です。特に中正面席はチケット代がお安い。舞台下手前方にある「目付柱(めつけばしら)」と呼ばれる柱がちょっと視界を遮るため、他の席よりお手頃価格なのです。
通レベルになると心眼が研ぎ澄まされ、この目付柱さえも消えてしまうとかしまわないとか…。
いずれにせよ、観に行かなきゃわからない。
6月7月の国立能楽堂主催公演のラインアップは以下の通り。
ぜひ一度、足を運んでみてください!


国立能楽堂【6月】【7月】主催公演スケジュール
詳細は国立能楽堂HPにて。

2017/6/7(水)『6月定例公演 蝸牛・雷電』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/10(土)『6月普及公演 舟渡聟・半蔀』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/13(火)『第13回青翔会(能楽研修発表会)』
料金:(中正面)700円

2017/6/16(金)『6月定例公演 伯養・班女』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/19(月)〜6/23(金)『能楽鑑賞教室 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/23(金)『外国人のための能楽鑑賞教室 Discover NOH&KYOGEN 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/29(木)『6月企画公演 蝋燭の灯りによる 蜘盗人・融』←★オススメ!★
料金:(中正面)3,200円

2017/7/5(水)『7月定例公演 八幡前・善知鳥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/8(土)『7月普及公演 入間川・二人静』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/19(水)『7月定例公演 隠笠・山姥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/28(金)『7月企画公演 髭櫓・名取ノ老女』
料金:(中正面)3,200円

2017/7/30(日)『7月企画公演 靱猿・鵜羽』
料金:(中正面)3,200円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

ページ上部へ戻る