© ここん All rights reserved.

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。
わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。
回数を重ねるのにオススメなのが、お財布に優しい国立能楽堂の主催公演です。特に中正面席はチケット代がお安い。舞台下手前方にある「目付柱(めつけばしら)」と呼ばれる柱がちょっと視界を遮るため、他の席よりお手頃価格なのです。
通レベルになると心眼が研ぎ澄まされ、この目付柱さえも消えてしまうとかしまわないとか…。
いずれにせよ、観に行かなきゃわからない。
6月7月の国立能楽堂主催公演のラインアップは以下の通り。
ぜひ一度、足を運んでみてください!


国立能楽堂【6月】【7月】主催公演スケジュール
詳細は国立能楽堂HPにて。

2017/6/7(水)『6月定例公演 蝸牛・雷電』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/10(土)『6月普及公演 舟渡聟・半蔀』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/13(火)『第13回青翔会(能楽研修発表会)』
料金:(中正面)700円

2017/6/16(金)『6月定例公演 伯養・班女』
料金:(中正面)2,700円

2017/6/19(月)〜6/23(金)『能楽鑑賞教室 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/23(金)『外国人のための能楽鑑賞教室 Discover NOH&KYOGEN 附子・黒塚』
料金:(中正面)2,100円

2017/6/29(木)『6月企画公演 蝋燭の灯りによる 蜘盗人・融』←★オススメ!★
料金:(中正面)3,200円

2017/7/5(水)『7月定例公演 八幡前・善知鳥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/8(土)『7月普及公演 入間川・二人静』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/19(水)『7月定例公演 隠笠・山姥』
料金:(中正面)2,700円

2017/7/28(金)『7月企画公演 髭櫓・名取ノ老女』
料金:(中正面)3,200円

2017/7/30(日)『7月企画公演 靱猿・鵜羽』
料金:(中正面)3,200円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

ページ上部へ戻る