© ここん All rights reserved.

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にありがちな“見た目で惑わす系”ですよ、これも!実はめちゃイイ公演です!Don’t be misguided!

歴史ある公演で、今勢いのある若手を取り上げるもの。選ばれた若手は栄誉を感じ並々ならぬ気合で古典に臨みます。そのホトバシル・エネルギーがたまらん。

古典なのに(というと語弊がありますが)、なんかイキイキ・ドキドキ・キラキラしてるんです。伝統芸能って、とかくおすまし顔でやりがちですが、この公演の若手は情熱が隠しきれないというか(笑)。漏れる漏れる(笑)。
あぁ、伝統芸能って生きてるんだなぁって感動しちゃう。技術的にはつたない部分があったとしても、それを上回るライブ感と個性と静かな熱量。今年もよかったー!!

なぜ公演が終わった今頃書くのかって?それは、来年に向けて準備運動をしてほしいから。このライブ感を味わうには、普段の伝統芸能公演を知らねばなりません。教養と思ってとりあえず4・5本見ましょう(笑)。いくつか見ていただいた上で、来年4月、国立劇場へお越しください。古典でも十分「生きてる伝統芸能」を感じられるはず。タイトルやチラシデザインには惑わされずに、ね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

ページ上部へ戻る