© ここん All rights reserved.

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイチだったね~」と正直に言い合える仲間ではないでしょうか。でも人を誘うのって結構ハードルが高いんですよね~・・・
と、常日頃そう感じている日本舞踊ファンの皆様、チャンスです。

あの、五耀會さんが、渋谷で、「日本舞踊への誘い」を、1500円で!
これ、自分が見たい公演でもありますが、すごく人を誘いたくなる公演ではないでしょうか?

渋谷駅から歩いてすぐの明るくて気軽なホール。
日曜日の昼間、買い物して、カラオケ行って、ご飯食べる流れで、日本舞踊。
しかもチケット代が1500円。
誘いやすい要素がいっぱい。これだけでも相当嬉しいですが、今回貴重なのは、実力のある舞踊家さんの舞台だということ。

幾度となく伝統芸能の舞台に友人を誘ってきて、毎回よぎるのは「退屈させてしまうかも・・・」という不安。誘うからには楽しんでもらいたいと思えばこそ、どの公演に誘うかはとても悩ましいのです。
単純に「初心者向け」と銘打った公演でいいかというと、解説もあって楽しいけれど、いろんな芸能に混じってさらっと踊っただけで印象が薄いとか、若手中心の演者さんで肝心の上演内容が物足りなかったな~ということがあるのも事実。
出来ることならば、初めて伝統芸能を観る人には、その世界で自分が一番良いと思える演者さんの、ちゃんとした舞台を見てほしい。そしてあわよくば、好きになってほしい。
トップクラスの演者さんの舞台を、気軽な値段で、一体感のある大きすぎない劇場で。
いやぁもう無理難題ですよね。はい、ごめんなさい。
しかーし!
今回の公演は、この無茶なお願いが叶ってしまう稀有な機会です。

出演されるのは、流派を超えた実力派の日本舞踊家5人が集まる「五耀會」。
以前ここんでも自主公演をご紹介しましたが、日本舞踊家の姿の美しさ、身体能力の高さ、踊りという表現の面白さを、惜しげもなく披露してくださる五耀會さんの舞台には、いつも本当にワクワクします。
彼らなら日本舞踊を初めて見る人の心もぐわっと鷲掴みにしてくだること間違いなし。

初めての人歓迎!の公演は数あれど、この好条件の揃いようはなかなかありません。
大人も子供も、初めて日本舞踊を見るよという方には是非おススメしたい公演ですし、
既に日本舞踊ファンの方には、自分のチケットを予約するその前に「面白い舞台があるよ!」と周りの方を誘ってもらいたい公演です。

きっと満席になるのも早いでしょうから、お誘いやご予約はお早めに。
今週来週の忘年会で隣に座った人をさっそく誘ってみるのがといいと思います!
さぁさぁ来年こそは一緒に日本舞踊、観にいきましょう。


渋谷区文化総合センター大和田
2016伝承ホール寺子屋公開講座【特別編】
「日本舞踊への誘い」

2017年2月5日(日)14時開演
料金:全席指定 1,500円
出演:五耀會(西川箕乃助、花柳寿楽、花柳基、藤間蘭黄、山村友五郎)
司会進行:鈴木英一(伝承ホール寺子屋プロデューサー)
上演時間:約2時間
会場:渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホール

★2016年12月17日(土)より発売開始

公演詳細
http://www.shibu-cul.jp/news.php?eno=923&sno=4&page=1&frm=2

五耀會ホームページ
http://www.goyokai.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

ページ上部へ戻る