© ここん All rights reserved.

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイチだったね~」と正直に言い合える仲間ではないでしょうか。でも人を誘うのって結構ハードルが高いんですよね~・・・
と、常日頃そう感じている日本舞踊ファンの皆様、チャンスです。

あの、五耀會さんが、渋谷で、「日本舞踊への誘い」を、1500円で!
これ、自分が見たい公演でもありますが、すごく人を誘いたくなる公演ではないでしょうか?

渋谷駅から歩いてすぐの明るくて気軽なホール。
日曜日の昼間、買い物して、カラオケ行って、ご飯食べる流れで、日本舞踊。
しかもチケット代が1500円。
誘いやすい要素がいっぱい。これだけでも相当嬉しいですが、今回貴重なのは、実力のある舞踊家さんの舞台だということ。

幾度となく伝統芸能の舞台に友人を誘ってきて、毎回よぎるのは「退屈させてしまうかも・・・」という不安。誘うからには楽しんでもらいたいと思えばこそ、どの公演に誘うかはとても悩ましいのです。
単純に「初心者向け」と銘打った公演でいいかというと、解説もあって楽しいけれど、いろんな芸能に混じってさらっと踊っただけで印象が薄いとか、若手中心の演者さんで肝心の上演内容が物足りなかったな~ということがあるのも事実。
出来ることならば、初めて伝統芸能を観る人には、その世界で自分が一番良いと思える演者さんの、ちゃんとした舞台を見てほしい。そしてあわよくば、好きになってほしい。
トップクラスの演者さんの舞台を、気軽な値段で、一体感のある大きすぎない劇場で。
いやぁもう無理難題ですよね。はい、ごめんなさい。
しかーし!
今回の公演は、この無茶なお願いが叶ってしまう稀有な機会です。

出演されるのは、流派を超えた実力派の日本舞踊家5人が集まる「五耀會」。
以前ここんでも自主公演をご紹介しましたが、日本舞踊家の姿の美しさ、身体能力の高さ、踊りという表現の面白さを、惜しげもなく披露してくださる五耀會さんの舞台には、いつも本当にワクワクします。
彼らなら日本舞踊を初めて見る人の心もぐわっと鷲掴みにしてくだること間違いなし。

初めての人歓迎!の公演は数あれど、この好条件の揃いようはなかなかありません。
大人も子供も、初めて日本舞踊を見るよという方には是非おススメしたい公演ですし、
既に日本舞踊ファンの方には、自分のチケットを予約するその前に「面白い舞台があるよ!」と周りの方を誘ってもらいたい公演です。

きっと満席になるのも早いでしょうから、お誘いやご予約はお早めに。
今週来週の忘年会で隣に座った人をさっそく誘ってみるのがといいと思います!
さぁさぁ来年こそは一緒に日本舞踊、観にいきましょう。


渋谷区文化総合センター大和田
2016伝承ホール寺子屋公開講座【特別編】
「日本舞踊への誘い」

2017年2月5日(日)14時開演
料金:全席指定 1,500円
出演:五耀會(西川箕乃助、花柳寿楽、花柳基、藤間蘭黄、山村友五郎)
司会進行:鈴木英一(伝承ホール寺子屋プロデューサー)
上演時間:約2時間
会場:渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホール

★2016年12月17日(土)より発売開始

公演詳細
http://www.shibu-cul.jp/news.php?eno=923&sno=4&page=1&frm=2

五耀會ホームページ
http://www.goyokai.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ページ上部へ戻る