© ここん All rights reserved.

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、
大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じられることがあります。
日本舞踊の上方舞(かみがたまい)もその一つ。
歌舞伎から舞踊部分を取り出した江戸の「踊り」に対し、京都や大阪などの上方で生まれ、
お座敷で発展してきた「上方舞」は、ほこりをたてないよう、抑制された動きでこまやかな心情を表現するのが特徴。
お座敷という空間、距離感で鑑賞すると、その良さがしみじみと伝わってきます。

とは言え、上方舞にとってアウェイの地・東京では、生の演奏で、しかもお座敷で鑑賞できる機会はめったにありません。
そんな貴重な機会がこちら。
会場は夏目漱石ゆかりの名刹、小日向 本法寺。
舞手は山村流の山村若静紀さん。

フルマラソンを走る強靭な身体が織りなす、柔らかくも美しい舞と地唄の調べに包まれ、
恋の悩み、仕事の悩み、浮世のあれやこれやをしばし忘れる秋の夜長。
見終わったあとは一服のお抹茶を頂いたような、深い余韻が残ることでしょう。


静月会 和を愉しむ夕べ

img_0

【日時】2014年10月25日(土)
18:30開場 /19:00開演

【場所】小日向 本法寺
有楽町線江戸川橋駅④出口より徒歩6分

【料金】3500円(和装でご来場の方は3000円)

【お問い合わせ・申し込み】小日向 本法寺

【演目】地唄舞「萬歳」ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ページ上部へ戻る