© ここん All rights reserved.

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、
大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じられることがあります。
日本舞踊の上方舞(かみがたまい)もその一つ。
歌舞伎から舞踊部分を取り出した江戸の「踊り」に対し、京都や大阪などの上方で生まれ、
お座敷で発展してきた「上方舞」は、ほこりをたてないよう、抑制された動きでこまやかな心情を表現するのが特徴。
お座敷という空間、距離感で鑑賞すると、その良さがしみじみと伝わってきます。

とは言え、上方舞にとってアウェイの地・東京では、生の演奏で、しかもお座敷で鑑賞できる機会はめったにありません。
そんな貴重な機会がこちら。
会場は夏目漱石ゆかりの名刹、小日向 本法寺。
舞手は山村流の山村若静紀さん。

フルマラソンを走る強靭な身体が織りなす、柔らかくも美しい舞と地唄の調べに包まれ、
恋の悩み、仕事の悩み、浮世のあれやこれやをしばし忘れる秋の夜長。
見終わったあとは一服のお抹茶を頂いたような、深い余韻が残ることでしょう。


静月会 和を愉しむ夕べ

img_0

【日時】2014年10月25日(土)
18:30開場 /19:00開演

【場所】小日向 本法寺
有楽町線江戸川橋駅④出口より徒歩6分

【料金】3500円(和装でご来場の方は3000円)

【お問い合わせ・申し込み】小日向 本法寺

【演目】地唄舞「萬歳」ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

ページ上部へ戻る