© ここん All rights reserved.

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、
大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じられることがあります。
日本舞踊の上方舞(かみがたまい)もその一つ。
歌舞伎から舞踊部分を取り出した江戸の「踊り」に対し、京都や大阪などの上方で生まれ、
お座敷で発展してきた「上方舞」は、ほこりをたてないよう、抑制された動きでこまやかな心情を表現するのが特徴。
お座敷という空間、距離感で鑑賞すると、その良さがしみじみと伝わってきます。

とは言え、上方舞にとってアウェイの地・東京では、生の演奏で、しかもお座敷で鑑賞できる機会はめったにありません。
そんな貴重な機会がこちら。
会場は夏目漱石ゆかりの名刹、小日向 本法寺。
舞手は山村流の山村若静紀さん。

フルマラソンを走る強靭な身体が織りなす、柔らかくも美しい舞と地唄の調べに包まれ、
恋の悩み、仕事の悩み、浮世のあれやこれやをしばし忘れる秋の夜長。
見終わったあとは一服のお抹茶を頂いたような、深い余韻が残ることでしょう。


静月会 和を愉しむ夕べ

img_0

【日時】2014年10月25日(土)
18:30開場 /19:00開演

【場所】小日向 本法寺
有楽町線江戸川橋駅④出口より徒歩6分

【料金】3500円(和装でご来場の方は3000円)

【お問い合わせ・申し込み】小日向 本法寺

【演目】地唄舞「萬歳」ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

ページ上部へ戻る