© ここん All rights reserved.

奄美 旅のTIPS編

実際に奄美を訪れる際にちょっとお役立ちの情報をまとめました。
ガイドブックには載っていない、ここん’s Tipsです。

◆八月踊りを見たい方は
◆島唄を聴きたい方は
◆ドライブ with 島唄
◆海・花・食!


◆八月踊りを見たい方は
_o7o4529各集落の八月踊りは、旧暦八月の最初の丙(ひのえ)の日から始まるアラセツ、シバサシ、ドンガという年中行事の中で行われます。新暦の何月何日に開催されるかは年によって、また集落によっても異なりますので、正確な開催日は事前に確認が必要です。
なお、各集落の八月踊りはあくまでも地域の人ための行事であり観光向けではありません。ご覧になりたい場合は、奄美大島の観光協会にまずはお問い合わせを。 もしくは、各集落の八月踊りが一同に見られる「奄美まつり」(奄美市名瀬地区で、毎年8月に行われる島内最大の夏祭り)がおススメです。
集落でも奄美まつりでも、必ず最後に「六調」という曲で締めます。決まった振りがなく、誰でもフリースタイルで踊るもの。よそ者でも歓迎してくれるので、ここは気後れせず参加MUST!あなたの中に眠っている衝動がきっと目覚めるはず♪

◆島唄を聴きたい方は
奄美には食事をしながら気軽に島唄を聴ける素敵なお店がいくつかあります。今回私達が訪ねたのは、名瀬市街にある「島料理 吟亭」という、有名な唄者でもある松山美枝子さんのお店。島唄ライブは19時頃から始まると聞いて伺うと、店内は島料理を楽しみながらライブを待つお客さん達でいっぱい。20~30代の若いお客さんの多いのが印象的でした。

_o7o5384この日のライブのトップバッターは、高校2年生の辻美里(つじ・みさと)さんと、弟で小学6年生の竜生(りゅうせい)くん。
二人とも島唄が大好きで小学校1~3年生の頃から毎週のように松山さんのもとに通って研鑽を積み、今は民謡大会にも出場する実力派です。普段はお店で歌うのは美里さんだけだそうですが、この日は特別に兄弟揃ってステージに。その若く清々しい歌声にお客さんも大喜びでした。
二人に聞いたところ、周りに島唄を習っている子はあまりいないようです。でもこうやって自分の土地の民謡が好きな子がいて、一生懸命学んで、日常の中で唄える場がある。島唄の未来に触れた思いでした。

_o7o5443若い二人に続いて島唄をじっくりと聴かせてくれたのは、唄者の森英也(もり・ひでや)さん・京子(きょうこ)さんご夫婦。奄美の唄の特徴や楽器について説明しながら、お客さんも太鼓や踊りで島唄にどんどん参加させる盛り上げ上手。最後は賑やかなワイド節と六調に合わせて、お客さんもお店の方も一緒になって総立ちで踊ってまわる最高に楽しい夜でした!

_o7o5335

島料理 吟亭
奄美市名瀬金久町6-2 TEL:0997-52-9646
島料理と島唄が楽しめる「島唄コース」は一人3000円。事前に予約を。

 

◆ドライブ with 島唄
_o7o5059奄美大島までは、東京・千葉・大阪・福岡・鹿児島・那覇から直行便の飛行機があります。成田空港からはLCCのバニラエアも就航し、時期によってはぐんと割安なことも(我々もバニラエアを利用)。
奄美に着いたら、レンタカーで自由に移動しよう。青い空の下、透き通る海を横目に、サトウキビ畑を抜けてドライブ。車のラジオは、77.7FMにTUNE IN! 島言葉チャンネルで、島唄もよく流れます。朝の「ラジオ体操第一」だって島言葉。指笛で音頭を取ってます。スピーカーの向こうの人たちは、よく笑う。ケラケラ笑う。何を話しているのかわからないけれど、すごく気持ちがいいです。
滞在中はお祭りや食事の席でお酒を飲むこともあったので、運転代行さんのお世話になりました。運転手さんとの移動中のお話も楽しい時間です。

◆海・花・食!
夏休みのフィーバーが終わって少し落ち着いた9月初旬の奄美は、ゆったりと夏の名残を楽しめます(台風さえ避けられれば)。笠利町の「土盛海岸」は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる天国のようなビーチ。ライフガードのお兄さんもいて、海にも入れましたよ。海水がしょっぱくておいしかった!
そして町を歩いていると、ふわっと花のいい香りが。どの家も庭先を大切にしていて、色とりどりの花が咲きほこっていました。サトウキビ畑のドライブもいいけど、のんびり散策もまた楽しい。

amami09

けいはん ひさ倉
大島郡龍郷町屋入511
http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/
1人前950円

 

最後に忘れてはならないのが、奄美名物・鶏飯。私たちが食べに行ったのは、龍郷町にある「ひさ倉」というお店。ご飯にほぐした鶏肉、錦糸卵、パパイヤの漬け物などの具をのせ、そこにものすごく美味しい鶏のスープをかけていただきます。トッピングにはタンカンの皮を干して粉末にしたものもあり、いい香りで思わずおかわり!

 

と、こんなふうに楽しいオマケもいっぱいの唄の島・奄美。唄をめぐる旅、みなさまもぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

伝統芸能な旅 Vol.4 唄う島を訪ねて

鹿児島と沖縄の間に浮かぶ奄美諸島。 奄美大島、喜界島、加計呂麻島、徳之島……。それぞれの島に唄があり、島どころか各島の集落ごとに伝えられる唄…

201411/22

Vol.2 神事と芸能の里、黒川能へ

山形県鶴岡市黒川で室町時代から500年間、途絶えることなく受け継がれてきた黒川能。 2月1日、2日は、黒川能最大の神事である「王祇祭(おうぎ…

Vol.3 春日若宮おん祭に行ってみた

伝統芸能探訪を掲げて日本全国津々浦々を旅するこのコーナー、前回の黒川能から早2年、またしても「寝ない」「寒い」「長い」と三拍子そろったタフな…

Vol.1 和楽器の音色を支える里

デーンと深く、豊かに響く義太夫三味線の音色。 劇場の幕があき、まだ少しざわめきの残る客席へこの音が響くと、 ひと撥ごとに現実の世界から遊…

春日若宮おん祭〈実用情報編〉

本編で若宮おん祭に興味を持っていただいた方が恐らくぶつかるのが、情報の壁です。 「伝統芸能のフジロック」といわれるだけあって、行事もエリアも…

ページ上部へ戻る