© ここん All rights reserved.

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK

人生に「まさか」はあるもんだ。
そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能を発信する立場にいること自体、まさかの事態。伝統芸能に触れるようになってからも、大股で闊歩し、ダンスフロアで踊り狂う人間。しとやかに歩くなんてできないし、日本舞踊のお稽古をする発想すらなかった。が、出会ったが定め。まさか、惚れてしまうなんて。

hands菊之丞先生のお稽古は、毎回、1時間ほどの稽古時間の半分以上が基礎練習にあてられていた。所作や型の基本動作を一連の流れの中で反復するのだが、まるで神社でヨガをするようなスピリチュアルな時間。稽古場の凛と清らかな空気の中で、呼吸とともに身体を動かし、指先、足先まで意識を広げていく。すぅーっと息を吸い両手を上げ、ふぅーっと吐きながら広げる。ふっ、ふっ、と息を吐きながら、手先から気を抜くように手を払う。一連の動きを繰り返し行うことで、身体が自然にエネルギーの流れを生み出していく。

 

まるで草書体で仮名を描いていくように、強弱緩急をつけながら、一つの所作から次の所作へ切れ目なく動いていく。もはや、自分で動かすというより、自然の動力の流れに乗っかる感じだ。この流れの中で次第に無心になり、瞑想しているような感覚になっていく。これが気持ちいい。自分以外のエネルギーの一部になったようで、こんな感覚を日本舞踊のお稽古で味わうとは思いもしなかった。

 

30分ほどの基礎練習を終えて、いよいよ踊りに入っても、「流れ」の中で身体を運ぶのは変わらないように感じた。力まずやわらかく、心地いい。すっかり無心になっている私は、わが身も顧みず、自在に16歳の恋する少女や桜の花になっていた。
江戸時代の16歳になるなんて、想像だにしたことない。でも、なんだかすんなりと町娘になってしまうのだ。意中の殿方を見かけて、そそと駆け寄り、「きゃ♡」と袖で顔を隠したりするのだ。ダンスフロアで踊り狂うこのワタシが。我ながら愉快で仕方ないが、同時にこの自由さが楽しくてたまらない。
別のメンバーは自意識を取っ払うのに苦労したと書いていたが、私は、幸か不幸か我を忘れてすっかりその気になってしまう。明日は悪代官になれる気がするし、明後日は老婆にもなれる気がする。変身願望? いやいや、しいて言うなら、ひとり旅でいろんな土地を散歩する愉しみに似ている気がする。

 

360a9590s2稽古初日から、菊之丞先生の立ち居振る舞いや、振りの一つ一つに圧倒された。先生が身にまとっている清らかな空気を浴びて、毎回のお稽古で、禊ぎを受けて帰るような気さえした。いったいどれだけの稽古と観照の積み重ねが、この方の身体の中に詰め込まれているのだろう。途方もない時間を、想像せずにはいられなかった。
「今は日本舞踊を気軽に体験しようという企画もありますが、私は、やはりそんなに簡単なものではなく、憧れるものであってほしいと思いますね。」最後のお稽古の日、先生がそうおっしゃった。わずか6回、しかもメディア発信を前提とした“お稽古体験企画”の半分以上が、一見単調な基礎練習に充てられていたことに、私は静かに感動していた。通りすがりの我々に対してでさえ、先生が伝えようとしたのは、日本舞踊の本質、お稽古の本質だったと思う。お稽古は消費行為ではない。お仕着せのカタルシスはいらない。

 

私の日常にぽっと入り、ぽっと去っていった、深遠で気持ちのいい時間。

「お稽古の時間」が無い人生に、戻りたいだろうか。


これにて、日本舞踊のお稽古は終了です。

尾上菊之丞先生、ありがとうございました!

最後に、読者の皆様へ、サービスショット❤

360a9676s2

<<日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN 4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

ページ上部へ戻る