© ここん All rights reserved.

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN

夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、今日も間に合った~と一息つく。さっきまでの外の賑やかさが嘘のように、稽古場の空気は静かだ。檜板の敷かれた舞台に入って扇を手に取り、ひとつ深呼吸する。

全員揃ったところへ、階上からトントンとにこやかに菊之丞先生が降りてこられた。正座をして一礼。今日の稽古が始まる。きりっと引き締まった気配が漂う中、嬉しくて私の頬はちょっと緩んでいる。稽古って何でこんなに嬉しいのでしょうかね?

いつもの基本練習の後、「梅は咲いたか」の前回までの復習と続きの振りを教えていただいた。
グループ稽古のため、先生は皆の中央に立って教えてくださることが多い。そんな中でも時折、一人一人の前に立って個々に見てくださることがあって、この日も「この部分だけ、一人ずつやってみましょうか。」と、先生と向き合って踊る時間があった。

nihonbuyo5_01目の前で先生がじっとご覧になる。前回のおけいこレポートに「見透かされているような気がする」とあったが、この時間がまさにそう!踊っている私の不安や迷いを、先生は手にとるようにお分かりだろうと、その場に居ると痛切に感じる。

見られているというのは、怖い。面接なんかでもそうですが、人と対面した時に思わず身構えるあの感覚。普段そんな真正面から見られることに慣れていないから緊張するし、良い恰好もしたいから、余裕のあるふりをしたり、笑顔を作ったりして、どうにかその場を乗り切って…きたのだ、今までは。しかしここでは「見られている」上に「見透かされている」ときて・・・うう、怖いよぅ。

小心者だが見栄っ張りゆえ、緊張で頭が真っ白になりそうになりながらも、恐る恐る踊る。ぎこちなく何度か繰り返しているうちに、何か違うかな?と、ふと思った。
全身を晒していて逃げ場のない舞台の上で、先生が全部お見通しだということは…これはもう今更取り繕っても怖がっても仕方ないんじゃなかろうか?
うーん、仕方ないから、あまり考えずにただ一生懸命やってみる。(とはいえ、これも羞恥心やら自尊心やら色んな物が邪魔をして、なかなか難しいのですが!)

nihonbuyo5_07やってみると、拙い動きでも先生がちゃんと見てくださっていることは、先生の目線や、何も言わずに見せてくださるお手本、後で短くかけて下さる言葉がすごく腑に落ちるので良く分かった。

「1つ目は思い切りがよくて良いです。2つ目の動きにうつる時に迷っている。動いていないように見えても、身体の軸が無くなってるの分かりますか?」「目は自然にまっすぐ見ていれば良い。目線が定まると身体が定まりますよ」。
あ!分かる・・・気がします。はい。
ではもう1回。
「ただの自分」を見守ってもらっている安心感。気がつくと、怖いだけじゃない、この不思議な安心感がとても新鮮だった。

お稽古が嬉しいのは、プロの芸に間近で触れられることも、上達することも、非日常感も、たくさん理由があるけれど、安心して「ただの自分」から始められることが幸せだからだなぁ、きっと。大人になると、そういう場所はどんどん無くなってしまうから。

短期間の稽古にも関わらず、きちんと向き合ってくださる先生に感謝して、来週もまた逃げずにめげずにやってみよう。


<<日本舞踊その4 梅は咲いたか
日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

能楽その1 中世日本人の身体運用を体感?!

伝統芸能を100倍楽しむには、慣れるより習え?! 様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、…

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々し…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

長唄その8 うたがこころをもちあげる

前回、前々回とお休みする人もちらほらいたので、久々に全員そろった8回目のおけいこ。 けいこ場のドアを開けると、目に飛び込んできたのはいつも…

長唄三味線その1 ゴールは遠く、果てしなく

過去のものの良さを勉強して 知るようになって 自分のものにして 自分がそういうものから 特別な愉しみを得ること 伝統は時々…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

篠笛その3 笛の身体

代々続く仕事を持つ家に生まれた人というのは、その仕事に適した身体に生まれつくものなんだろうか。歌舞伎役者の目が鋭いのも、能役者の足元がコ…

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。

Text byここんK そもそも、「長唄(ながうた)」って何?ですよねー。 答え:聴く人をノリノリにさせるPopでRockな Musicで…

長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…

Text by ここんゲストメンバーN つい先日、みんなで三味線の構えの練習をしたと思っていたら、なんともう「宵は待ち」は終わりにして、今…

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

長唄三味線その5 迷子の越後獅子

Text by ここんN 驚くべきハイペースで「宵は待ち」「松の緑」を終え、お次の曲は~、ついにきました「越後獅子(えちごじし)」! 長…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

ページ上部へ戻る