© ここん All rights reserved.

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM

「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」

4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習をしたあと、先生がそう提案してくださったのは「梅は咲いたか」。
梅はぁ咲いたかぁ、桜はぁまだかいな~♪ のあれです。

耳にしたことはありましたが、知っていたのは「梅は咲いたか、桜はまだかいな」の1フレーズだけ。そこから「柳なよなよ風次第 山吹ゃ浮気で 色ばっかり しょんがいな」と続くことを、この日初めて知りました。先生の説明によると、これらの植物はいろんなタイプの女性を暗示していて、梅はまだ若い女性、桜は花盛りの年頃、柳は移り気な女性、山吹は実をつけないことから浮気性の女性なのだとか。

年齢的には「屋敷娘」よりも上の女性たちということや、どれも身近に知っている植物なので気持ちを寄せやすい。梅の控えめで愛らしい花姿、あでやかな桜、風に揺れる柳、遠目にも色鮮やかな山吹。動きのほうは相変わらずあやふやで心もとなく、「踊っている」という実感に乏しいけれど、それぞれの花のイメージを重ねながら動くのはなんとも楽しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお稽古が終わると、私たちはいつも呑みながらその日の内容を振り返ります。居酒屋で「梅は咲いたか」の振りを思い出しながら、「柳のゆらゆらしたイメージを想像して動いた」と私が言えば、「私は何も考えてなかった」と別のメンバー。でも柳みたいにしなやかに揺れていたよ、と伝えると「先生の動きをただ真似しただけ」とのこと。言葉のイメージに頼る私に対し、感覚のまま捉えられる彼女。同じ曲をやっていても、アプローチも理解のしかたも、みんな違うのだな。

奇しくも菊之丞先生がこんなことをおっしゃっていました。
「踊りには下手とか上手とか関係なく、その人自身が現れる。羞恥心、自我、プライドというものも出ます。だからそういう殻を全部打ち破って、自分をさらけ出さないと始まらない。逆に下手であっても、その人のよさがふっと見える瞬間がある。そこが踊りを見ていて面白いところです」

すべてを見透かされているような気がしてちょっとドキリとしたお言葉でしたが、そこがスタート地点なんだなと妙に腹にストンと落ちるものがありました。とことんさらけ出して、余計なものを手放して、空っぽになって、そこに残る自分と向き合う。お稽古場とはそういう場所なのかもしれない。シンプルでいいなぁ。そう思ったら、早くも次が待ち遠しくなった帰り道でした。

 
<<日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古
日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ

前回&前々回のお稽古レポートをご覧になってお気づきかもしれませんが、 先生の装いは着物から洋服になりましました。 なにせ、このお稽古場は、…

長唄三味線【最終回】 宴、それは素人の舞台(ステージ)

Text by ここんM かねてより、三味線が弾けるようになったらお座敷で宴会をしながら三味線を弾いたり唄ったり、ちょっと粋がった遊びをし…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN 4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。

Text byここんK そもそも、「長唄(ながうた)」って何?ですよねー。 答え:聴く人をノリノリにさせるPopでRockな Musicで…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

長唄三味線その5 迷子の越後獅子

Text by ここんN 驚くべきハイペースで「宵は待ち」「松の緑」を終え、お次の曲は~、ついにきました「越後獅子(えちごじし)」! 長…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

ページ上部へ戻る