© ここん All rights reserved.

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ

伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。
40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思っていたところへ、縁あってこの「おけいこの時間」日本舞踊編に参加することになりました。
初回、予想以上に身体が動かないことに気付いてしまって迎えた三回目。
自分の不器用ぶりも見事なまでに顕在でありました。

kisoren06呼吸と動きをシンクロさせることができません。動きに集中すると呼吸を止めてます。
見たまま素直にやる、ということができません。先生がこっちの手を挙げているということは自分はどっちの手?などと考えるうちに次の動作へ…。
音に合わせて動くことができません。手と足それぞれを動かすことができません。

20代半ばの事、教習所で教官に言われました。頭で憶えようとするな、と。
40代前半、ますますその傾向は強固になっているようです。せめてお稽古でこの強固な壁を打破したい!目標、素直に、見たまま身体を動かす!

最初に準備運動として基本稽古。
すでにここでつまずく。
足を鳴らす稽古中に菊之丞先生が「接地しているところって足の裏しかないわけですよね。そこだけが頼りなんです。そこの感覚をもっと研ぎ澄ませて培っていかないとなかなかうまくいかないんです」とお話になった。
現代人は地球にしっかり立てていない、と言ったのは誰だったか・・・その言葉を思い出した。
大地を感じること。
13913639_941293152664099_1276152791816630280_o (2)日本舞踊のおけいこで、そんな話が出てくるとは予想外だった。
まるで神様に捧げる芸能のようだ。
そもそも芸事というのはジャンル問わず根本のところに対神様の図式があるのかもしれない。
こんなふうに感じたのは発見だった。日本舞踊と距離がちょっとだけ縮まった気がした。
が、現実はまるで遠いのだった。

大地を感じるどころか、足元がふわふわする。
定まらないからたたらを踏みそうになる。
拍子が入ったら自分がどう動いているのか皆目わからなくなった。
あわあわしているうちに「屋敷娘」の音が始まり、16歳の恋する娘の気持ちになってと先生おっしゃるのだが、遠い昔なうえに手元足元不如意なために、16歳どころではない、気持ちどころか身体が追っ付いていかない。脳内真っ白。何かの動きをしているという実感がまるで伴わず、ちょこまかちょこまか落ち着きのない人みたいな状態。

yashikimusume18

しかし。そんなまるでついていけない状況でありながらも、先生が歌いながら説明してくださる「屋敷娘」の物語にふむふむと聞き入り、そんな気持ちを胸に秘めながら踊れたら気持ちいいだろうなあとうっとりする。

16歳の頃の自分は器械体操をしていた。
当時は床運動に規定演技というものがあって、決まった曲に決まった動きをのせて演技したのだった。
そう、あの頃は見たまま素直に動けた。
頭で憶えるんではなく、身体を動かして憶えていた。
16歳の頃の自分はなんと素直だったことよ。
あの頃ならついていけたかもしれないこのお稽古。
思えば遠くにきたもんだ。

kisoren21この日の稽古、自分は結局要領を全く得ていない動き…動きですらないかもしれない…をするだけで、何もつかめずに終わった気がする。
曲に合わせて踊ったりできなくってもいい。16歳の恋する娘の心を描けなくってもいい。でも、せめて基本的な動きに遅れずついていき、先生のおっしゃる足の裏の感覚を研ぎ澄ませ、しっかりと大地に立てるようになりたいと思った。
そして。自分でも意外なのだが、こんなにだめだめで何かに取り組んでいる感が薄いにも関わらず、この稽古が楽しい。とても楽しい!
どうしてだろう。6回終えたらそのわけ、見つかるだろうか。


<<日本舞踊その2 身体で覚える
日本舞踊その4 梅は咲いたか>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄その8 うたがこころをもちあげる

前回、前々回とお休みする人もちらほらいたので、久々に全員そろった8回目のおけいこ。 けいこ場のドアを開けると、目に飛び込んできたのはいつも…

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々し…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

能楽その2 無心に「謡う」

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」 あーー、鼻歌が気持ちいいっ! お風呂でも自転車でも陽気…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

ページ上部へ戻る