© ここん All rights reserved.

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ

伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。
40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思っていたところへ、縁あってこの「おけいこの時間」日本舞踊編に参加することになりました。
初回、予想以上に身体が動かないことに気付いてしまって迎えた三回目。
自分の不器用ぶりも見事なまでに顕在でありました。

kisoren06呼吸と動きをシンクロさせることができません。動きに集中すると呼吸を止めてます。
見たまま素直にやる、ということができません。先生がこっちの手を挙げているということは自分はどっちの手?などと考えるうちに次の動作へ…。
音に合わせて動くことができません。手と足それぞれを動かすことができません。

20代半ばの事、教習所で教官に言われました。頭で憶えようとするな、と。
40代前半、ますますその傾向は強固になっているようです。せめてお稽古でこの強固な壁を打破したい!目標、素直に、見たまま身体を動かす!

最初に準備運動として基本稽古。
すでにここでつまずく。
足を鳴らす稽古中に菊之丞先生が「接地しているところって足の裏しかないわけですよね。そこだけが頼りなんです。そこの感覚をもっと研ぎ澄ませて培っていかないとなかなかうまくいかないんです」とお話になった。
現代人は地球にしっかり立てていない、と言ったのは誰だったか・・・その言葉を思い出した。
大地を感じること。
13913639_941293152664099_1276152791816630280_o (2)日本舞踊のおけいこで、そんな話が出てくるとは予想外だった。
まるで神様に捧げる芸能のようだ。
そもそも芸事というのはジャンル問わず根本のところに対神様の図式があるのかもしれない。
こんなふうに感じたのは発見だった。日本舞踊と距離がちょっとだけ縮まった気がした。
が、現実はまるで遠いのだった。

大地を感じるどころか、足元がふわふわする。
定まらないからたたらを踏みそうになる。
拍子が入ったら自分がどう動いているのか皆目わからなくなった。
あわあわしているうちに「屋敷娘」の音が始まり、16歳の恋する娘の気持ちになってと先生おっしゃるのだが、遠い昔なうえに手元足元不如意なために、16歳どころではない、気持ちどころか身体が追っ付いていかない。脳内真っ白。何かの動きをしているという実感がまるで伴わず、ちょこまかちょこまか落ち着きのない人みたいな状態。

yashikimusume18

しかし。そんなまるでついていけない状況でありながらも、先生が歌いながら説明してくださる「屋敷娘」の物語にふむふむと聞き入り、そんな気持ちを胸に秘めながら踊れたら気持ちいいだろうなあとうっとりする。

16歳の頃の自分は器械体操をしていた。
当時は床運動に規定演技というものがあって、決まった曲に決まった動きをのせて演技したのだった。
そう、あの頃は見たまま素直に動けた。
頭で憶えるんではなく、身体を動かして憶えていた。
16歳の頃の自分はなんと素直だったことよ。
あの頃ならついていけたかもしれないこのお稽古。
思えば遠くにきたもんだ。

kisoren21この日の稽古、自分は結局要領を全く得ていない動き…動きですらないかもしれない…をするだけで、何もつかめずに終わった気がする。
曲に合わせて踊ったりできなくってもいい。16歳の恋する娘の心を描けなくってもいい。でも、せめて基本的な動きに遅れずついていき、先生のおっしゃる足の裏の感覚を研ぎ澄ませ、しっかりと大地に立てるようになりたいと思った。
そして。自分でも意外なのだが、こんなにだめだめで何かに取り組んでいる感が薄いにも関わらず、この稽古が楽しい。とても楽しい!
どうしてだろう。6回終えたらそのわけ、見つかるだろうか。


<<日本舞踊その2 身体で覚える
日本舞踊その4 梅は咲いたか>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

長唄その7 いよいよ浴衣会が近づいて、分け口でのおけいこがスタート

さてさて、分け口も決まり、浴衣会まで残すところあと3回のおけいこ(+リハーサル)を残すのみ。 前回から約1ヶ月ぶりのおけいこです。 自分のパ…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

長唄その8 うたがこころをもちあげる

前回、前々回とお休みする人もちらほらいたので、久々に全員そろった8回目のおけいこ。 けいこ場のドアを開けると、目に飛び込んできたのはいつも…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

前回に続き、ふたたび話題は「間」の問題。 以前、歌舞伎をテーマにした講座に出たときのこと。そこで聞いて印象に残っている話がある。曰く「和の…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

能楽その6 ステキ衝撃

中学生のころ、バスタオルの端と端を、わざとずらして畳んでいた。 ニューヨーカーのように、さらっとカジュアルに畳むことがカッコイイと思って。 …

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

ページ上部へ戻る