© ここん All rights reserved.

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか?
武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化の色濃い関西は雅楽の五人囃子。

♪ごーにんばやしーの ふえたいこー♪ と童謡ではひとくくりに歌われていますが、持っている楽器も能楽の五人囃子は笛(能管)、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓で、雅楽の五人囃子は羯鼓(かっこ)、火焔太鼓(かえんだいこ)、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、横笛と異なります(これに琵琶と箏=お琴が加わった七人構成のパターンもアリ)。
ちなみに能楽五人囃子の並び順は、向かって右から謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、音色のする場所が口に近い順になり、これは能舞台の囃子方(はやしかた)、地謡(じうたい)も同じです。

うんちくが長くなりましたが、そんな五人囃子の構成で能楽を楽しむという催しがこちら。
柔らかな関西弁でお話上手な大倉源次郎さんの解説、仕舞や謡の体験もあるという、なんとも魅力的な企画です。


能の来た道、日本のゆく道

jp1008平成26年10月8日(水)開演19時・開場18時30分
【料金】全席自由席:会員2,000円(登録無料)/一般3,000円(当日3,500円)
【会場】国立能楽堂 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
【出演者】
坂口貴信(観世流シテ方)、一噌幸弘(一噌流笛方)、大倉源次郎(能楽大倉流小鼓方 十六世宗家)、安福光雄(高安流大鼓方)、観世元伯(観世流鼓方)
ナビゲーター:中村暁(伝統芸能プロデューサー)

【主催】ジャポニスム振興会
公演詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

ページ上部へ戻る