© ここん All rights reserved.

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか?
武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化の色濃い関西は雅楽の五人囃子。

♪ごーにんばやしーの ふえたいこー♪ と童謡ではひとくくりに歌われていますが、持っている楽器も能楽の五人囃子は笛(能管)、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓で、雅楽の五人囃子は羯鼓(かっこ)、火焔太鼓(かえんだいこ)、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、横笛と異なります(これに琵琶と箏=お琴が加わった七人構成のパターンもアリ)。
ちなみに能楽五人囃子の並び順は、向かって右から謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、音色のする場所が口に近い順になり、これは能舞台の囃子方(はやしかた)、地謡(じうたい)も同じです。

うんちくが長くなりましたが、そんな五人囃子の構成で能楽を楽しむという催しがこちら。
柔らかな関西弁でお話上手な大倉源次郎さんの解説、仕舞や謡の体験もあるという、なんとも魅力的な企画です。


能の来た道、日本のゆく道

jp1008平成26年10月8日(水)開演19時・開場18時30分
【料金】全席自由席:会員2,000円(登録無料)/一般3,000円(当日3,500円)
【会場】国立能楽堂 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
【出演者】
坂口貴信(観世流シテ方)、一噌幸弘(一噌流笛方)、大倉源次郎(能楽大倉流小鼓方 十六世宗家)、安福光雄(高安流大鼓方)、観世元伯(観世流鼓方)
ナビゲーター:中村暁(伝統芸能プロデューサー)

【主催】ジャポニスム振興会
公演詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

ページ上部へ戻る