© ここん All rights reserved.

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS

踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚えるものでなく、身体で覚えるものだということ。つまりやるっきゃない!

nihonbuyo2_002かくして迎えた2回目のおけいこ。
この日もまずは基本的な動作の練習からスタートしました。菊之丞先生の佇まいは美しく、見るたびに透き通った風が駆け抜けるようで心が潤います。
ただお話されているだけでもそうなのに、「この動きは踊りの中でこう使われます。」と数秒先生が舞われると、思わず「好きです。」と告白しそうになってしまいます。要注意。

「やっとんとん、やっとんとん、やっとんやっとん、やっとんとん。」

手の動きと足の踏み鳴らしの練習です。手は流れるように、足踏みは力強く、しかし力まずリズムに乗って。パッと見簡単そうなのに何故かタイミングが合わず、チグハグに。からくり風味の動きになってしまいます。

次に足を肩幅に開き、擦りながら左右にひねる。これがまた難しい。
ただ平行にツイストするのではなく、右を向けば左の、左を向けば右の踵が自然に上がるよう、重心は指の付け根にしっかり乗ります。回りたいのだけど床と密着していたい。ちょっとした葛藤を抱えながらズーリズーリ。

バレエなどの西洋の踊りは重力に逆らうように体を引き上げて使い、アジアや日本の踊りは地への愛着、豊作への祈りなどから重心を下にもって踊るそうです。
基本の動きひとつとっても受け継がれてきた歴史があるのだと胸を打たれつつ、手と足を連動させるのに四苦八苦していると、「それじゃちょっと踊ってみましょう」と先生。

なんと常磐津の「屋敷娘」という曲の一節をやってみることに。

nihonbuyo2_004

nihonbuyo2_05私たちが教えていただいたのは「クドキ」と呼ばれる女性の心情を吐露する部分で、お屋敷に勤めている若い娘さん(16,7歳くらい)が休暇をもらい、実家に帰る道すがら、以前見染めた男性を見つけて恋い焦がれる。そんなシーンとのこと。

「気持ちが大事ですからね」と先生。

実年齢はさておき、踊りの中の私たちは16,7歳。ニキビだってアクセサリーの少女ど真ん中なのです。

nihonbuyo2_06

 

 

しかし、肩に顎を寄せる動きや、普段やったことのないしとやかな首の傾げ具合についつい照れてしまう我々。

この娘さんはふと幕の向こう側に意中の男性を見つけ、「嬉しい!」とぐっと覗き込んだかと思うと、「恥ずかしい!」と一歩下がって隠れます。廊下を曲がった先で憧れの先輩を見つけて、「きゃ♡」と思わず戻ってしまう青春の甘酸っぱさ。清涼飲料水のCMさながらです。恋に昔も今もないのね。うふふ。

振りを教えてくださる間、先生は同じ方向を向いてやってくださったり、鏡のように動いて見せてくださったり(当たり前なのかもしれませんが、瞬時にどちらの向きにも切り替えられるってすごい!)、何度も繰り返し一緒に動いて教えてくれます。

nihonbuyo2_10

その時はただただ必死に真似するばかりでしたが、帰り道、ふとこうして踊り継がれてきたのかしらと思うと、普段使っていない筋肉の痛みが嬉しく感じる2回目なのでした。


<<日本舞踊その1 踊りの回路
日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

能楽その7 思わぬ人生の拾い物

おけいこも残すところあと3回。 おさらい会の日が着々と近づいてまいりました。ひゃー! 謡は「連吟(れんぎん)」といって、複数人で一緒にうた…

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

能楽その1 中世日本人の身体運用を体感?!

伝統芸能を100倍楽しむには、慣れるより習え?! 様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々し…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

ページ上部へ戻る