© ここん All rights reserved.

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。

本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。
街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追われています。
視覚に頼ることが多くなる分、その他の感覚は悲しいかな、ちょっぴり鈍くなってしまいがち。
「ほんとうにたいせつなものは目には見えないんだよ」とはどこかの王子様の言葉ですが、
伝統芸能の真髄も、もしかしたら同じところにあるのかも…?
暗闇に身を置き、視覚情報をシャットアウトしてしばし音の響きに耳を澄ませる。
ふだんは感じられなかった表現の奥底にあるものがゾクゾクと響いてくるかもしれません。


4c「暗闇で聴く古典芸能」
日時:平成26年6月21日(土)
場所:横浜能楽堂
開場:午後5時 開演:午後6時
チケット料金: 全席指定 5,000円

<お問合せ・お申込み>
平成26年3月8日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂 045-263-3055
公演詳細はこちら

 

★素謡「西行桜」
シテ    近藤乾之助
ワキ    當山 孝道 大坪喜美雄 和久荘太郎

★一管「津島」
笛     松田 弘之

★語り組踊「手水の縁」~忍びの場~
唱え    宮城 能鳳
三線    西江 喜春

★素浄瑠璃「卅三間堂棟由来」
~平太郎住家より木遣り音頭の段~
太夫     豊竹嶋大夫
三味線   豊澤 富助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

ページ上部へ戻る