© ここん All rights reserved.

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。

本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。
街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追われています。
視覚に頼ることが多くなる分、その他の感覚は悲しいかな、ちょっぴり鈍くなってしまいがち。
「ほんとうにたいせつなものは目には見えないんだよ」とはどこかの王子様の言葉ですが、
伝統芸能の真髄も、もしかしたら同じところにあるのかも…?
暗闇に身を置き、視覚情報をシャットアウトしてしばし音の響きに耳を澄ませる。
ふだんは感じられなかった表現の奥底にあるものがゾクゾクと響いてくるかもしれません。


4c「暗闇で聴く古典芸能」
日時:平成26年6月21日(土)
場所:横浜能楽堂
開場:午後5時 開演:午後6時
チケット料金: 全席指定 5,000円

<お問合せ・お申込み>
平成26年3月8日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂 045-263-3055
公演詳細はこちら

 

★素謡「西行桜」
シテ    近藤乾之助
ワキ    當山 孝道 大坪喜美雄 和久荘太郎

★一管「津島」
笛     松田 弘之

★語り組踊「手水の縁」~忍びの場~
唱え    宮城 能鳳
三線    西江 喜春

★素浄瑠璃「卅三間堂棟由来」
~平太郎住家より木遣り音頭の段~
太夫     豊竹嶋大夫
三味線   豊澤 富助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

ページ上部へ戻る