© ここん All rights reserved.

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。
やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、
この度もおけいこの成果を披露する機会が予定されています。
しかしその発表会の存在をかたくなに黙殺してきたゲストメンバーN氏。
そうはさせじとじわじわと外堀を固める周囲。
今回はそんなN氏の苦悩と焦りの日々をお届けします。


Text by ここんゲストメンバーN

おかしいなぁ…
何かがおかしい…

あれは確か昨年の9月ごろ。ここんメンバーのK女史から招待を受けて、「ゆかた会」こと長唄のお稽古のお披露を赤坂金龍まで観に行った少し後のこと。
食事をしながら「楽しかったよ!」なんて感想を言っていたら、「今度は長唄の三味線を習う企画があるんだけど、どう?」とK女史。

和楽器に興味はあったものの、ピアノを習っていた経験からレッスンと発表会がどれだけ大変なものか身に染みていた自分にとって、この年齢で新たに習い事をするのはさすがに即答できる案件ではありませんでした。とりあえず、「発表会に出なくてもよかったら、ちょっと考えてみる」と緩めの返答。思えば、あれがすべての始まりだったのです…。

なんとなく顔合わせの日取りが決まって、なんとなく初日のお稽古日が決まって、気が付けばなんとなくお稽古にも参加していて…。

ところが、三味線は思ったよりも音が大きくて自宅では満足に練習もできない上に、多忙で3月4月と丸二ヵ月間お稽古にすら参加できない有り様。

まぁ、でも発表会に向けて皆さんが真剣に練習に取り組むころには、自分は離脱するし…などと思いながら5月の連休明け久々のお稽古に向かうと、ここん某メンバーさんから唐突に「浴衣持ってます?」との質問。

嫌な予感しかしない…。K女史に「僕、発表会出ないって皆さん知ってるよね?」と目で訴えても知らぬ存ぜぬモード(約束は書面に残すことが重要です、笑)。それだけはご勘弁くださいと固辞するも、栄八郎先生がご自宅で個人レッスンをしてくださるとお申し出下さった上に、浴衣まで貸して下さるとトントン拍子に話が進み…。

完全に外堀が埋められました(苦笑)。

周回遅れ状態の自分のために、苦手な部分を1/2の譜割で書き起こした自筆の譜面までご用意くださった栄八郎先生のご厚意に報いたいのはやまやまなのですが、発表会だけは…。ともあれ、せっかくの機会なので、栄八郎先生の特別レッスンを受けに、ご自宅まで行って参りました。


(先生自ら書き起こしてくださった譜面。市販されているものの半分の拍子になっています)

栄八郎先生は常々、「本当は一対一の稽古の方が教えやすい」とおっしゃっています。今回はみんなで一緒にお稽古を受けるというある種の企画モノなのではありますが、それでも普段のお稽古時から自分の至らなさゆえに栄八郎先生を独占してしまうことがしばしばあり、皆さんに申し訳ないなという気持ちがありました。

個人レッスンは文字通りの一対一なので、周りの方々の進捗状況を気にする必要もありません。至らないところはその都度止めて集中的に教わることが出来るので、全体の流れの中で特にどこがダメなのかがよくわかります。

栄八郎先生宅での個人レッスンの翌日、自宅でひそやかに練習を始めると、これまでとは明らかに「何か」が違うことに気づきました。具体的には説明が難しいのですが、「掴めたな」という実感があったのです。

人前で演奏するかもしれないという緊張感も功を奏したのかもしれません。

発表会まであと1か月ちょっと。
そろそろ本番に向けて足袋を買いにいかないと。

危ない、危ない。すっかり発表会に出るモードになってる?
こんなはずじゃなかったのに。

おかしいなぁ…。


<<長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと
長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~>>

楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

前回に続き、ふたたび話題は「間」の問題。 以前、歌舞伎をテーマにした講座に出たときのこと。そこで聞いて印象に残っている話がある。曰く「和の…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

能楽その2 無心に「謡う」

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」 あーー、鼻歌が気持ちいいっ! お風呂でも自転車でも陽気…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。

Text byここんK そもそも、「長唄(ながうた)」って何?ですよねー。 答え:聴く人をノリノリにさせるPopでRockな Musicで…

能楽その6 ステキ衝撃

中学生のころ、バスタオルの端と端を、わざとずらして畳んでいた。 ニューヨーカーのように、さらっとカジュアルに畳むことがカッコイイと思って。 …

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

ページ上部へ戻る