© ここん All rights reserved.

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあると、ことごとく原因として引っ張り出される愛すべき厄介者たち。

古代から現代まで彼らにまつわる言い伝えは多岐にわたっています。特に江戸時代には怪談会などを中心に語りの対象として、そして浮世絵の題材として描かれることで庶民に親しまれるようになりました。畏怖の対象から、いつの間にか娯楽対象として存在に親しみを増していった、4000年に及ぶ日本妖怪史。

暑さも本格的になる7月5日〜隅田川にほど近い東京都江戸東京博物館では、葛飾北斎、伊藤若冲、歌川国芳など江戸の人気浮世絵師の描く妖怪や、国宝、重要文化財の中の妖怪たちを観ることのできる「大妖怪展」が開催されます。

さらに、7月23日(江戸東京博物館)には、浪曲、落語、講談による、面白くて、とびきり怖い“怪談”と「大妖怪展」を楽しむことができる特別な一夜が用意されています。妖怪たちの気配に包まれながら聴く怪談…そして、夜の博物館で出会う古今の妖怪たち…こ、これは怖い。けど、怖いもの見たさで参加したい!

「大妖怪展」公式HP:http://yo-kai2016.com/index.html


-夏の夜をヒヤ~ッと過ごす、「怪談三景」と「大妖怪展」貸切鑑賞-

日時

7月23日(土)16時30分開場、17時00分開演

        19時30分~20時30分 展覧会貸切鑑賞

会場

江戸東京博物館ホール

出演

  • 浪曲:玉川 奈々福(曲師=沢村豊子)「亡霊剣法」伊藤桂一原作
  • 落語:柳家 権太楼 「幽霊の辻」
  • 講談:一龍斎 貞水(人間国宝) 「雨夜の裏田圃」

定員

446人  ※全席指定

チケット

一般 4,500円(チケット発売中 定員に達し次第、販売終了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

ページ上部へ戻る