© ここん All rights reserved.

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあると、ことごとく原因として引っ張り出される愛すべき厄介者たち。

古代から現代まで彼らにまつわる言い伝えは多岐にわたっています。特に江戸時代には怪談会などを中心に語りの対象として、そして浮世絵の題材として描かれることで庶民に親しまれるようになりました。畏怖の対象から、いつの間にか娯楽対象として存在に親しみを増していった、4000年に及ぶ日本妖怪史。

暑さも本格的になる7月5日〜隅田川にほど近い東京都江戸東京博物館では、葛飾北斎、伊藤若冲、歌川国芳など江戸の人気浮世絵師の描く妖怪や、国宝、重要文化財の中の妖怪たちを観ることのできる「大妖怪展」が開催されます。

さらに、7月23日(江戸東京博物館)には、浪曲、落語、講談による、面白くて、とびきり怖い“怪談”と「大妖怪展」を楽しむことができる特別な一夜が用意されています。妖怪たちの気配に包まれながら聴く怪談…そして、夜の博物館で出会う古今の妖怪たち…こ、これは怖い。けど、怖いもの見たさで参加したい!

「大妖怪展」公式HP:http://yo-kai2016.com/index.html


-夏の夜をヒヤ~ッと過ごす、「怪談三景」と「大妖怪展」貸切鑑賞-

日時

7月23日(土)16時30分開場、17時00分開演

        19時30分~20時30分 展覧会貸切鑑賞

会場

江戸東京博物館ホール

出演

  • 浪曲:玉川 奈々福(曲師=沢村豊子)「亡霊剣法」伊藤桂一原作
  • 落語:柳家 権太楼 「幽霊の辻」
  • 講談:一龍斎 貞水(人間国宝) 「雨夜の裏田圃」

定員

446人  ※全席指定

チケット

一般 4,500円(チケット発売中 定員に達し次第、販売終了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

ページ上部へ戻る