© ここん All rights reserved.

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK

10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問:

あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば隣り合わせのドとレの間にも、もっといろんな音程があるんじゃないの? ドよりちょっと高いけど、レには届かない音。ドの半音上が0.5だとしたら、0.8とか0.35の音とか。

ピアノを中心とした、いわゆる西洋音楽では、数多の音程は意図的に捨てられている。私たちは、選択された音程(つまりドレミファソラシドとそれらの半音)だけで作られた音楽がすべてだと思ってしまっている。それっておかしくない?

昔のこんな疑問を思い出す機会が、20年後の三味線のお稽古にあった。

三味線では、指で弦を押さえる場所を〈勘所(かんどころ)〉という。一の糸の③とか、三の糸の⑥という具合に、勘所を数字で示す(糸とは弦のこと)。三の糸の③といったら、押さえる場所は一つ、とふつう思う。でも違うらしい。

栄八郎先生曰く、同じ弦の③という勘所でも、ジャンルや流派の好みによって、押さえる場所を微妙に変えているらしい。明るい感じを好む長唄は、③のちょっと高い方を押さえる。一方、清元や義太夫といった少し古い邦楽は、③のちょっと低い方を押さえ、しっとり・色っぽい感じを出すらしい。楽譜上では同じ③なのに。

栄八郎先生が弾き比べをしてくれた。さぁ、あなたはこの音を聞き分けられるか!?

≪ 勘所の使い分け ≫

 

どうですか?

音源の中で先生が、「やっぱり邦楽っぽいでしょ」と言っていたのが、③のちょっと低い方。まさに、勘でつかむしかない。だから〈勘所〉なんだろう。

私は、この③のちょっと上とか、ちょっと下を、もっと知りたい。
勘所の②と③の間のたくさんの音、2.2とか2.85とかを、もっと知りたいと思う。

私たちの生活の中から邦楽が消えるということは、ド と レ の隙間で生きる豊かな音の世界を失うということかもしれない。
だとしたら寂しくないか?
2.95ぐらいの「なんとなく色っぽい」音は、やっぱり残ってほしい。

 

栄八郎先生の話を聞いて、西洋音楽は〈CD音楽〉のように思えてきた。デジタル化される際、「ニュアンス」と表現できるようなたくさんの音を削ぎ落としている、CDの音楽。

私は、今まで聞こえていなかった無数の音を何とかつかまえて、CDからLPレコードを作り直すような気持ちで、三味線を聴き始めている。

 

※お断り:
音楽ド素人の感想文です。内容の正確さは保証されません。ご了承ください。m(_ _)m


☆特典音源☆ ~ シビれる一瞬を、あなたへ ~

杵屋栄八郎師の「替手(かえで)」が聴ける!
替手とは、主旋律に重ねて弾く別旋律のパートのこと。 なんでも、我々が習っている『越後獅子』は超スーパーヒット曲なので、4重奏ぐらいまであるとか!
ここで先生がご紹介してくれたのが、越後獅子の「晒の合方」という部分と、超有名イントロ部分の替手。「流派によって違うよ~」と説明してくれているのだが、とりあえず、華麗な指さばきに我ら大興奮!

お稽古って、たのしい!!

≪「越後獅子」替手のバリエーション≫

※注:この音源は爪弾きです(この演奏のとき、先生はバチをしまっていたので)。

 

ちなみに、「越後獅子」ってどんな曲?と思ったら、Amazon先生の「視聴」機能を頼りましょう。
→ http://www.amazon.co.jp/dp/B00005EO5L
視聴の19「打つや太鼓~」が有名イントロ、23「何たら愚痴だえ~」が流行歌的部分、26「打ち寄する~」がクライマックスへと盛り上がり始めるところ。替手も入ってますねー。唄は「ドレミ」じゃ到底表現できない節回しですねー。


<<長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!
長唄三味線その9 助手をください>>

楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

能楽その5 憧れの…

伝統芸能の世界の魅力は様々あれど、私の場合、何にときめくってプロの方々の黒紋付姿です。 清少納言センセー風に言うなら、「演者は黒紋付。袴つき…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

長唄スピンオフ: 「分け口」争奪戦!!

今回、長唄のおけいこで習っているのは「供奴(ともやっこ)」という15分ほどの曲。 最後まで一通り習い終えた6回目のお稽古で、先生から発表会に…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

篠笛その5 和のお稽古をする、ということ

突然ですが、歌舞伎好きです。 歌舞伎との出会いは、2001年の秋。隅田川畔に出現した平成中村座。 桜席(舞台上に設けられた2階席)から見た「…

能楽その2 無心に「謡う」

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」 あーー、鼻歌が気持ちいいっ! お風呂でも自転車でも陽気…

ページ上部へ戻る