© ここん All rights reserved.

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM

「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。
譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうということで、とりあえず導入部分(約2ページ)と、太鼓地(たいこじ)と呼ばれるサビ部分(約1ページ)、そしてラスト1ページ分ほどを目標に進んでいます。

前回、前々回で導入部分が終わり、今回はいよいよサビの太鼓地。
越後獅子は名前の通り、越後、つまり新潟の旅芸人が江戸へ興行にやってくるという場面が唄われています。導入部分は新潟からはるばる出てきて、「きたァりける」(「ついに江戸へ来たぞー!」)というところまで。
余談ですが、わたくしは新潟出身。唄の旅芸人にシンクロするように、我々の稽古もようようここまで「きたァりける」ってな気持ちで臨んだのでありました。

が、アウェイは厳しかった。江戸にやってきてさっそく迷子です。譜面を凝視しつつ必死についていこうとしますが、音の流れを理解していないのでボロボロ。栄八郎先生から、「譜面を見るとわからなくなっちゃうから、こっちを見て。」と先生の手元を見るように言われます。

いや、先生、無理っす。譜面から目を離したらわたくし、一歩たりとも先へ進めませんっ。
なんなら江戸からもう一度越後へ戻るのも、まったくもってやぶさかではないくらいですが、師匠の言うことを無視するわけにもいかず、譜面から目をひき剥がし、先生の手元を見てその動きを真似ます。
案の定、指は迷い、撥先からは自分の意図とは全然違う音が放たれます。焦れば焦るほどなぜか一の糸のドーンという開放弦ばかりが響く。
が、めげずに続けます。何度かやるうちに一連の手の動きがなーんとなくつかめ、すると譜面を見ても一音一音の連続ではなく、旋律ごとのかたまりが認識できるようになってきました。
しかしその認識は非常にあいまいでふわっとしてて、すぐに不安になってつい譜面に目が行ってしまう。するとすかさず先生から「はい、こっち見て!」と言葉が飛んできます。

こけつまろびつ、先生の励ましにすがるようについていき、なんとか太鼓地パートを終えたところでこの日のおけいこは終了。

さて、その日の帰り道。おけいこの内容を振り返っていると、ゲスト女子Mちゃんがうっとりとした顔つきで言いました。
「先生が『僕を見て!』って言っていたとき、なんかドキドキしちゃった♡」

うむ、確かに先生の演奏姿はカッコイイ。「こっちを見て」が、なぜか「僕を見て!」というロマンティックなセリフに脳内変換されてしまうほどに。
そんなことを思う余裕なぞ1ミリたりともない私は、次はもうちょっとみんなの足を引っ張らないよう、自主練に励まなくてはと自分を奮い立たせていたのでありました。

R0110007
先生の真横のポジションは人気席。普通はなかなか見られない角度から華麗な撥さばき、指さばきが堪能できます

<<長唄三味線その6 おけいこの合間に
長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり>>

楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

長唄三味線その5 迷子の越後獅子

Text by ここんN 驚くべきハイペースで「宵は待ち」「松の緑」を終え、お次の曲は~、ついにきました「越後獅子(えちごじし)」! 長…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

能楽その2 無心に「謡う」

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」 あーー、鼻歌が気持ちいいっ! お風呂でも自転車でも陽気…

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN 4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

小鼓 その1 高砂の待謡に挑戦!の巻

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、次なるターゲットは小鼓です! 小鼓はお囃子の一つと…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

ページ上部へ戻る