© ここん All rights reserved.

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。
着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、
絵を描くときの基盤であり、描き手の技量が如実に現れるものでもあります。

芸能にもそんなデッサンに相当するものがあります。
能楽の場合は、仕舞(しまい)と呼ばれるもので、
演者は紋付き袴姿で能の中の見せ場となる一部分を舞います。
囃子もなく、寄り添うのは地謡のみ。
装束や面による視覚的要素がなく、舞い手の技量が丸見えになってしまう仕舞。
色彩のない世界に、どれだけイメージを描き出せるかはひとえに舞手の実力によります。

仕舞は能楽の略式の一つの形ではありますが、
「略式」と一言でくくってしまうにはちょっと語弊がある。
デッサンがそれ自体で絵画とは別の味わいや面白みがあるように、
仕舞には仕舞の面白さがあるのです。
それは身体性をより感じられる点。
能楽師の身体の動きは、軽さと重さ、緩急、収縮と拡散、弛緩と緊張など、
相反する力が同居したなんとも不思議で独特な美しさがあって、仕舞はそれがよく伝わってきます。

さて、今回ご紹介するのは、そんなデッサン的魅力といいますか、素の面白さがぎゅぎゅっと詰まった公演です。
セリルアンタワー能楽堂開場15周年記念の特別公演、の本公演じゃなくてプレ公演
プレ公演は、能はなく、素囃子(囃子方のみの演奏)、舞囃子(囃子つきの仕舞)、仕舞で7曲。
しかも東西のシテ方、ワキ方、囃子方の競演で、京風と江戸風の芸の違いなども感じられるのではないかなと期待が高まります。

 

詳細はこちら


開場十五周年記念特別公演 プレ公演
日程 2016年5月6日 (金)午後7時00分開演(午後6時30分開場)
会場 セルリアンタワー能楽堂

【演目・出演者】
素囃子-東西の囃子方による-
<西> 笛 左鴻泰弘 小鼓 成田達志
大鼓 谷口正壽 太鼓 前川光範
<東> 笛 一噌隆之 小鼓 幸正昭
大鼓 亀井広忠 太鼓 小寺真佐人
舞囃子「高砂 八段ノ舞」 味方玄
舞囃子「東北」 友枝真也
仕舞「紅葉狩」 宝生欣哉
仕舞「大蛇」 福王和幸 大島輝久
舞囃子「石橋」 片山九郎右衛門
舞囃子「猩々乱」 友枝雄人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

ページ上部へ戻る