© ここん All rights reserved.

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。
着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、
絵を描くときの基盤であり、描き手の技量が如実に現れるものでもあります。

芸能にもそんなデッサンに相当するものがあります。
能楽の場合は、仕舞(しまい)と呼ばれるもので、
演者は紋付き袴姿で能の中の見せ場となる一部分を舞います。
囃子もなく、寄り添うのは地謡のみ。
装束や面による視覚的要素がなく、舞い手の技量が丸見えになってしまう仕舞。
色彩のない世界に、どれだけイメージを描き出せるかはひとえに舞手の実力によります。

仕舞は能楽の略式の一つの形ではありますが、
「略式」と一言でくくってしまうにはちょっと語弊がある。
デッサンがそれ自体で絵画とは別の味わいや面白みがあるように、
仕舞には仕舞の面白さがあるのです。
それは身体性をより感じられる点。
能楽師の身体の動きは、軽さと重さ、緩急、収縮と拡散、弛緩と緊張など、
相反する力が同居したなんとも不思議で独特な美しさがあって、仕舞はそれがよく伝わってきます。

さて、今回ご紹介するのは、そんなデッサン的魅力といいますか、素の面白さがぎゅぎゅっと詰まった公演です。
セリルアンタワー能楽堂開場15周年記念の特別公演、の本公演じゃなくてプレ公演
プレ公演は、能はなく、素囃子(囃子方のみの演奏)、舞囃子(囃子つきの仕舞)、仕舞で7曲。
しかも東西のシテ方、ワキ方、囃子方の競演で、京風と江戸風の芸の違いなども感じられるのではないかなと期待が高まります。

 

詳細はこちら


開場十五周年記念特別公演 プレ公演
日程 2016年5月6日 (金)午後7時00分開演(午後6時30分開場)
会場 セルリアンタワー能楽堂

【演目・出演者】
素囃子-東西の囃子方による-
<西> 笛 左鴻泰弘 小鼓 成田達志
大鼓 谷口正壽 太鼓 前川光範
<東> 笛 一噌隆之 小鼓 幸正昭
大鼓 亀井広忠 太鼓 小寺真佐人
舞囃子「高砂 八段ノ舞」 味方玄
舞囃子「東北」 友枝真也
仕舞「紅葉狩」 宝生欣哉
仕舞「大蛇」 福王和幸 大島輝久
舞囃子「石橋」 片山九郎右衛門
舞囃子「猩々乱」 友枝雄人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

ページ上部へ戻る