© ここん All rights reserved.

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN

4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少しずつ調整しながら、いそいそとお稽古に通っております。

伝統芸能に限ったことではないですが、お稽古のスケジュールは先生によって様々です。カルチャーセンターでは曜日を決めて定期的に開催されるのが一般的ですが、師匠の稽古場に通う場合は、先生がお仕事のスケジュールに合わせて、その都度お稽古日を設定されることも多く、今お世話になっている杵屋栄八郎先生もお仕事の合間をぬって、稽古時間を作ってくださっています。
で、先月~今月前半はお忙しいため我々の稽古は小休止。宿題をいっぱいもらって自主練習の日々を過ごしています。

一人で練習するのは寂しいなぁ、となる所ですが、集まらなくても賑やかなのがお稽古仲間。

ある晩、稽古仲間のKさんから短い一斉メールが届きました。
「これからNHKに栄八郎先生が出るよ」
簡潔。そして突然。
急に言われても、こっちは仕事中で見られないよー!

しばらくして、別のMさんからもメールが。「みましたー。手首の角度とか、左手の動かし方とか、そんなのばっかり見ちゃいました。たのしー」。ほうほう、三味線特集か何かだったのでしょうか。翌日会った他の仲間も「先生の手の動きがね・・!」と話し出すので、益々期待が高まります。数日後、ワクワクしながら再放送を録画して、いざ再生!

三味線特集・・・ではありませんでした。
先生・・・ちっっちゃー!!

そのテレビとはNHK「にっぽんの芸能」という番組で、先生のご登場は『舞踊 男女道成寺』でした。つまり、日本舞踊公演の地方(伴奏者)として出演された舞台映像です。

さて、ここでご想像ください。160401_01
国立劇場の大ホール(1,600人収容の3階席まである大劇場です)の大きな舞台に、道成寺のこれまた大きな釣鐘、満開の桜、背景には美しい山々が広がり、主役は躍動感のある素晴らしい舞踊家お二人、舞台奥に山台が組まれ、真っ赤な毛氈の上に桜色の裃を着てずらりと居並ぶ三味線、唄、お囃子の奏者およそ20名。

この華やかな映像を見ながら、うちの人達は、三味線方として舞台奥で演奏する先生の手の話だけをしていた模様です・・・。

テレビにズーム機能でも付いているのかと可笑しくなりながら、私も拝見。
・・・はっと気付いたら三味線ばっかり見ていました。3回ほど巻き戻してようやく落ち着いて踊りも楽しめるという有り様です。人のことは言えません。ごめんなさい。
なお、この後さっそく先生の手を真似て弾いてみたのは言うまでもなく。
なんとなく上手になった気分!

160401_05
160401_06また、とある週末は、栄八郎先生や唄のお稽古でお世話になった今藤政子先生が指導されている京都の芸妓さん・舞妓さんが出演される舞台があると聞いて、稽古仲間と京都へ。

訪ねたのは京都五花街のひとつ、上七軒。満開の桜に出迎えられ、上七軒歌舞練場で毎年春に開かれている「北野をどり」を拝見しました。

華やかな踊りはもちろんですが、舞台の脇にずらりと並んだ三味線方と唄方の芸妓さん達に、「きれいだねぇ、カッコいいねぇ」とただただ見惚れる我々でした。
この後、芸妓さんになったつもりで弾いてみたのは~、以下同文。

おけいこの無い日も、何かと楽しいおけいこの日々です。

<<長唄三味線その5 迷子の越後獅子
長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!>>

楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ

前回&前々回のお稽古レポートをご覧になってお気づきかもしれませんが、 先生の装いは着物から洋服になりましました。 なにせ、このお稽古場は、…

能楽その6 ステキ衝撃

中学生のころ、バスタオルの端と端を、わざとずらして畳んでいた。 ニューヨーカーのように、さらっとカジュアルに畳むことがカッコイイと思って。 …

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

ページ上部へ戻る