© ここん All rights reserved.

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆったりと座れるくらいがいい。
が、「これまで能楽堂で能とか狂言を何度か見たけどいまいち良さが分からない…」という人にこそ観てほしい、かなりの掘り出し物件でもあるのです。
ご紹介するか一瞬悩みましたが、まぁ世のため人のため(?)。

その場所とは、「代々木能舞台」
ここが、ステキな空間なのです。
昭和初期に個人が建てた屋敷内の能舞台ですが、別棟に設けられた客席が中庭を挟んで舞台と向かい合う構造で、自然の光や風がそのまま入り込んでくるんです。この形は都内唯一(たぶん)。
現代のいわゆる「能楽堂」は、屋根も含めた能舞台が丸ごと建物の中に収められ、“屋根on屋根”が不思議ですが、実はこの形は明治の発明。江戸時代まではもっぱら屋外で上演され、代々木能舞台のような建物も多かったと思われます。
つまり能や狂言は、何百年もの間、自然とともに楽しむ芸能でした。光や風、ときには雨や雷などが様々な演出となって、二度と起こせない唯一のドラマが生まれる。江戸以前の人たちは、そんな風に能の楽しんでいたはずです。
能楽堂での体験が「?」だった方は、この代々木能舞台で、自然の空気の流れる中で、改めて能楽に出会ってほしい。新しい能楽の姿が見えるかもしれない。


ちょいと長くなりますが、実体験のお話。
私が以前、ここでお能を観ていたときのこと。
恋い焦がれ狂女となってしまった女性が、相手を想い優雅に舞う場面で、突然バケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨に。強い風と共に雨が吹き込み、当然、客席はざわつきます。でも、怯えるこちら側とは全く別の場所に居るかのように、舞台上は、一瞬も動じることなく進んでいるんです。白く霞む雨の向こうに、ただひたすらに舞う女性。着物の袖は激しく風に揺れるのに、なぜか静かで。やがて、雨の音さえ聞こえなくなって、夢の中にいるような世界が浮かび上がってきたのを覚えています。不思議なことに、能が終わりを迎えると同時に、雨雲も去っていきました。女性の想いまで鎮めるように。


自然の条件下でも、能が動じないどころか、パワーアップする様をまざまざと見せつけられた強烈な体験でした。しかも、代々木能舞台は客席にもちゃんと屋根・壁があるので、野外能のように吹きさらしに煩わされなくてもいい。この舞台が都内でいまだ現役であることが、本当にありがたいです。

●なぜ「掘り出し」?
この代々木能舞台で!
トップクラスの演者による能と狂言!
しかも、前売り4500円!
さぁ、どうだ!!(笑)

このラインナップなら、通常は1万円以上してもおかしくありません。能・狂言いずれも、主役を務めるのは、受賞多数の実力派。円熟の芸です。脇を固めるのは、脂の乗った中堅から、将来楽しみな若手。こちらも実力派といわれる面々。
個人的にリアルにうれしい。
舞台は生ものなので、あとはこの陣容が当日どうスパークするか。
代々木の風に、どう吹かれるか・・・。

≪代々木果迢会例会≫
5月20日(金)18時30分開演
代々木能舞台(最寄りは初台・参宮橋)
能「藤戸」浅見真州 ほか

狂言「清水」野村萬 ほか
※残席僅かのようなので、お早めに!

≪詳細・申し込み≫
代々木能舞台HP(少々見づらいですが、がんばれ…)
◎予約:メールで、即レスしてくれます!

◆ワンポイント
・女性はひざ掛けを!
ほとんど座布団席です。慣れない人はきついかも。勇気を出して胡坐で愉しみましょう!ひざ掛けがあればベター。
・ちょいと予習を!
能の演目は「藤戸」。見た目の派手さはない代わりに、事前にストーリーをちゃんと頭に入れておくと、景色や感情が想像できて、より深く味わえるはず。できれば、セリフ(詞章)を、プリントして手元に持っておくのもよいかも。言葉が少しでも分かれば、舞台が立体的に膨らみます。
※「藤戸」ストーリー・見どころ:銕仙会HPより
※「藤戸」詞章:能楽ランドより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

ページ上部へ戻る