© ここん All rights reserved.

能楽その5 憧れの…

伝統芸能の世界の魅力は様々あれど、私の場合、何にときめくってプロの方々の黒紋付姿です。
清少納言センセー風に言うなら、「演者は黒紋付。袴つきはさらなり(演者は黒紋付姿がよい。袴つきは言うまでもない)」。
人生、一度でいいから黒紋付に袴といういでたちをしてみたい。
そんな夢想をしている不届き者なのであります。

ここでちょっとうんちくをたれます。黒紋付とは黒い無地の着物に5つの紋を染め抜いた着物のこと。女性の場合、一般には黒い帯や小物を合わせて「喪服」として着用されることが多いですが、黒紋付=喪服ではなく、昔は式服として帯や小物を変えてハレの日にも着用されていたものでした。
今では喪の場以外で着用されることはほとんどなくなってしまった黒紋付ですが、伝統芸能の世界で生きる方々にとっては、この黒紋付が制服というか、正装のようなものになっています。そしてこれがめちゃくちゃカッコよくて、萌え萌えなのであります。

その黒紋付とセットになっている袴もまた、超憧れの存在。ハイカラさんのような胸高につける女袴ではなく、男性の着用する腰板のついた袴。この袴を女性でもはける唯一のおけいこ事、それが能楽なのです!

大島先生の袴姿。この腰のところがくっと上がったこの形が萌え。脇からチラリと見える角帯も

大島先生の袴姿。丹田のところで十字に結ばれた紐の形といい、腰のところでくっと上がったこのシルエットといい、様式美の極み!脇からチラリと見える角帯も萌え。

 

……前置きがずいぶん長くなりました。

この袴、おけいこでつける人もいるようですが、私たちはお試し入門ということでそこまでの用意はしませんでした。が、しかーし!このたび、10回のおけいこ終了後になんとおさらい会が開催される運びとなり、そこで袴をつけることになったのであります!袴は先生が貸してくださるとのこと。わおー!

憧れの袴。こんな形ではける機会が訪れようとは。
袴をはいたら、ぜひともやってみたいことがあります。
正座をしたときに両手を袴の中に入れる、あの所作。本筋とはかなりズレていますが、そういう楽しみも確かに存在する能楽のおけいこなのでありました。

おさらい会に向けて所作の練習も始まりました。これは扇を開くときのコツを教わっているところ

おさらい会に向けて所作の練習も始まりました。これは扇を開くときのコツを教わっているところ

by ここん管理人2号

<<能楽その4 自意識との戦い
能楽その6 ステキ衝撃>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄スピンオフ: 「分け口」争奪戦!!

今回、長唄のおけいこで習っているのは「供奴(ともやっこ)」という15分ほどの曲。 最後まで一通り習い終えた6回目のお稽古で、先生から発表会に…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

能楽その2 無心に「謡う」

「はぁ~な~もぉ~えぇ~るぅやぁ~ さーあぁ~か~ず~き~の~ぉ~」 あーー、鼻歌が気持ちいいっ! お風呂でも自転車でも陽気…

長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…

Text by ここんゲストメンバーN つい先日、みんなで三味線の構えの練習をしたと思っていたら、なんともう「宵は待ち」は終わりにして、今…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

日本舞踊その1 踊りの回路

Text by ここんM 長唄三味線のおけいこ発表会が目前に迫る中、「おけいこの時間」の次なるシリーズ「日本舞踊編」がスタートいたしました…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄三味線その5 迷子の越後獅子

Text by ここんN 驚くべきハイペースで「宵は待ち」「松の緑」を終え、お次の曲は~、ついにきました「越後獅子(えちごじし)」! 長…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

日本舞踊その2 身体で覚える

Text by ゲストメンバーS 踊りというものは動作を言葉で説明するとどこか失われるものがあり、書類で残すことはできません。つまり頭で覚…

ページ上部へ戻る