© ここん All rights reserved.

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のことを表すことがあります。
「花形」もそのひとつ。人気のあるはなやかな人を示す言葉で、以前は「花方」と記していたそうです。

今回ご紹介するのは、4月表参道のスパイラルホールで開かれる「『花方』~第二章「若松の宴」」。この公演は、スパイラルホールを青山亭と称し、伝統芸能に造詣の深い作家の岩下尚史さんが青山亭主人となって開かれる芸能の宴です。

青山亭のご主人が今回おススメくださるのは、歌舞伎舞踊と清元、新橋芸者衆の踊り。ご出演陣が若々しく華やか!歌舞伎俳優の片岡千之助さん、清元三味線の清元昂洋さん、清元浄瑠璃の清元一太夫さん、そして新橋花柳界から麗しい皆々様。さらにこの公演、振付と監修が歌舞伎や舞踊公演に引っ張りだこの舞踊家・振付家の尾上菊之丞さんなのです。

歌舞伎公演もちろん楽しいのですが、特に舞踊が好きな日本舞踊ファンとしては、歌舞伎舞踊とお座敷の踊りを、こんなに華やかな組み合わせで拝見できるなんて嬉しすぎます~!

そして「宴」ですからね、芸を見るだけでなくお座敷トークも大切な要素。岩下さんはハコちゃんの愛称でテレビでもよくお見かけする通りとてもお話し上手。そして司会は俳優の八嶋智人さん。賑やかで笑いのたえない時間になりそう。お二人とご出演の皆さんとの掛け合いも楽しみです。

明日3月19日からチケット発売です。
ゴールデンウィーク最初の行楽は、青山亭でお花見と参りましょう♪


スパイラル芸能の宴2016
『花方』〜第二章「若松の宴」
日時:4月29日(金・祝)16:30開演
会場:スパイラルホール
詳細→http://www.spiral.co.jp/

☆2016 年3 月19 日(土)チケット発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

ページ上部へ戻る