© ここん All rights reserved.

長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…

Text by ここんゲストメンバーN

つい先日、みんなで三味線の構えの練習をしたと思っていたら、なんともう「宵は待ち」は終わりにして、今日明日で「松の緑」を仕上げましょう!という先生のお言葉。え、だって、「松の緑」って今日初めてみんなで演奏する曲ですよね? たった一回、出張でお稽古をお休みしただけで、こんなにも先に進んでいたとは…。己のマイペース加減と、先生のなかなかハイペースなご指導の差が開きすぎて、もう背中も見えません(苦笑)。

さて、今回演奏している「松の緑」は、杵屋六翁(4世杵屋六三郎)による作曲。安政年間頃の作品と言われ、六翁の娘の名披露目の会にて唄われたとのこと。娘を松の若葉の初々しさに例えて、将来は大夫になるべき風格を備えるようにと詠まれた、娘の前途を祝した内容になっています。

「宵は待ち」に並んでお稽古の代表的な曲とされていますが、曲の趣を十分に表現するには実は熟練を要することでも知られる「松の緑」。

三味線の調絃には大きく分けて三つの種類があります。「三下がり」という調絃だった「宵は待ち」とは異なり、「松の緑」は「本調子」。ちょっとの違いで、随分と印象が変わります。

また、絃をはじいた撥をそのまま上にあげて絃をすくうようにして音を出す「スクイ」や、絃を抑えていた指でそのまま絃をはじいて音を出す「ハジキ」など、(我々には)高度な技法が次々と、しかも合わせ技で登場。

「ス」はスクイ、「ハ」はハジキ。「宵は待ち」に比べてぐっと譜面が込み入ってます。

「ス」はスクイ、「ハ」はハジキ。「宵は待ち」に比べてぐっと譜面が込み入ってます。

 

すでに周回遅れで、演奏どころか三味線を構えるだけでも四苦八苦の僕。そして、先生から注がれる熱い視線。

撥に意識が集中すれば左手がおろそかになり、絃の勘所に気が向くと右手が動かなくなり、そしてどちらも頑張ろうとすると体が傾く…。弾いている最中は全く実感がありませんが、あとで写真や動画を見返してみると、撥は寝てるし、棹も寝てるし、体は傾いてるし…。
P1050516 (2)
もはやエレキギターの構え

ついに業を煮やした先生。ここから、個人レッスン&猛特訓が始まりました(他の皆様、先生を独占してすみません)。

P1050495

P1050500
ご覧の通り、文字通り手取り足取りです。

P1050559 (2)
翌日のお稽古でも…

昔からよく言われます。
「学ぶ」とは「真似ぶ」こと。習うより慣れろ。
でも、言うは易しなんです。人のまねをするのがこんなにも難しいとは…。
そして、社会人になってから未知のことにチャレンジするのがこんなにも大変だったなんて…。

でも、不思議と楽しいんです。「あぁ、今日お稽古だ…」と思いながらも、早々に残業を切り上げて足早にお稽古場所に向かう自分がいます。
先生の熱心なご指導にお応えしたいという気持ちは勿論ですが、拙いながらも楽器を持って音を出すことの大変さを身をもって知ったことで、長唄の音楽の面白さや奥深さに対する理解が深まってきたことも楽しさの理由の一つかもしれません。そういえば、自然と先生のお手本を聞く耳も変わってきたような気がします。

地道に練習を重ねて習熟していくことが先生のご指導への何よりものご恩返し、とは分かっているものの、はてさてどうなる事やら…(ゴールは遠く、果てしなく)。
P1050553 (2)

<<長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ
長唄三味線その5 迷子の越後獅子>>


楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

小鼓 その1 高砂の待謡に挑戦!の巻

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、次なるターゲットは小鼓です! 小鼓はお囃子の一つと…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々し…

長唄スピンオフ: 「分け口」争奪戦!!

今回、長唄のおけいこで習っているのは「供奴(ともやっこ)」という15分ほどの曲。 最後まで一通り習い終えた6回目のお稽古で、先生から発表会に…

小鼓 その3 伝統芸能と伝統工芸

小鼓は胴の部分と皮の部分とに分解できる楽器です。使う前に組み立て、しまうときにはバラす。おけいこのときも、毎回、源次郎先生の書生さんが私たち…

能楽その5 憧れの…

伝統芸能の世界の魅力は様々あれど、私の場合、何にときめくってプロの方々の黒紋付姿です。 清少納言センセー風に言うなら、「演者は黒紋付。袴つき…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

ページ上部へ戻る