© ここん All rights reserved.

長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ

前回&前々回のお稽古レポートをご覧になってお気づきかもしれませんが、
先生の装いは着物から洋服になりましました。

なにせ、このお稽古場は、
先生1人VSスーパー・ド素人6人!

「もうちょっと肩を下げて」
「バチの持ち方気をつけて」
「肘はもう少し出して」
「棹が下がってるよ」

ひとりひとりを回ってとっても丁寧に指導してくださるので、
立ったり座ったりもう大変なわけです。

kokon2

ひとりひとりの細かいクセを瞬時に見抜いて形を修正していく栄八郎先生。 「とにかく構えがきちんとできないと、速いテンポになった途端弾けなくなりますからね。」

普段はお着物で教えることが多いそうですが、
手間のかかる私たちのために、わざわざお洋服でいらしてくださっています。

先生、あっちへこっちへ振りまわしてゴメンナサイ…私たちがんばります!

さて、お稽古もいよいよ3回目&4回目。
いまだに三味線を構えるだけでヒーヒーいっておりますが、
お稽古期間は6ヶ月。前進してゆかねばなりません。

最初の曲は『宵は待ち』。
初心者の練習として最初に用いられることが多い曲とのこと。

P1240261

楽譜は三本の糸を表す線と、絃を押さえる位置に対応する番号、それをどの指で押さえるかなどが書かれています。『宵は待ち』の楽譜、初心者でも解読できました!これからもっと複雑な楽譜になるんだろうなぁ…

歌詞を見てみますと、

愛しい人と一夜を過ごした翌朝、別れの時が近づいている。朝を告げる鐘の音を聞きかせたくない…

というような、ちょっと色っぽくて切ない歌詞です。

もちろん、そんな情景を表現する余裕など私たちにはありません。
楽譜のしめす通り、ひたすらに絃を押さえ、バチを振るのみ。

 

「では、演奏してみましょう。」という先生の声で、
一斉に三味線を構えると、空気がピリっと引き締まります。

目で楽譜を見、
耳で音をチェックし、
肘と太ももで三味線を支え、
左手は絃と棹を押さえ、
右手首を軸にバチを振りおろす…

からだの中心に抱えた三味線に、全神経を集中!!

P1240286

…が、楽譜ばかりを追いかけるとバチが空振り、
バチを絃に当てようと集中すると、左手の棹がさがる。
棹をあげて、絃を目で追うと、楽譜を見失う…

もう構えも演奏もぐっちゃぐちゃや~(半狂乱)
2分間。ただただ三味線に振りまわされて終わりました。
正座して演奏しているだけなのに、息まであがっちゃうし…

しかし、この脳みそフル回転状態から解放された瞬間の気持ちよさ!
なにひとつ上手にできなかったのに、
「あぁ、楽しい…」と、ゼェゼェしながらつぶやいてしまいました。

こんな状況ですが、
次回のお稽古から早くも新しい課題曲に挑戦することが決定!

メンバーも予想しなかったハイペースですが、
先生によるデモ演奏の音源もゲットし、
ますますやる気に火が付いたところで今回のお稽古は終了。

 

さて、お稽古からの帰り道。
同じ方面の電車に乗り込んだここん女子4名は、
左手の爪を見せ合いながら、
「それいいねぇ」「え、ちょっと見せて見せて!」と盛り上がっています。

決しておしゃれネイル自慢をしているわけではありません。

「いかに三味線の絃を押さえやすく爪のカタチを整えるか」について、
アツ~く議論し合っているのです。

三味線の絃は、ギターのように指の腹でギュッと押さえるのではなく、
指先の爪でやさしく押さえる感じ。

初回のお稽古で「爪をヤスリで平らに整えておくと絃を押さえやすい」と聞いた
ここんメンバーは、毎度その日の爪をどのくらい短くしてきたか、
どんな具合に削ったか、報告し合っているわけです。

中には、さらに糸を押さえやすくしようと爪にくっきりとV字の溝をつけ「逆に弾きにくかった」と反省していたり、
「今日上手く弾けなかったのは爪が長すぎたからだ」と
すべてを爪のせいにしたりするメンバーもいたとかいなかったとか…

(ここんゲストメンバーM)

<<長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。
長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…>>


楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その9 助手をください

Text by ここんN 初春から始まった越後獅子との格闘も、夏を前にしてようやく先生が抜粋してくださった部分をひと通り浚い終えました。曲…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

小鼓 その1 高砂の待謡に挑戦!の巻

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、次なるターゲットは小鼓です! 小鼓はお囃子の一つと…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

ページ上部へ戻る