© ここん All rights reserved.

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、
新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。

桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。
(今年は例年より1週間くらい早く開花するとかしないとか)

来月の歌舞伎座には、舞台上にも満開の桜が登場しますよー。

『祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)』4段目「金閣寺」です。

悪者に捕えられ、金閣寺の桜の木に縛られて身動きが取れなくなってしまった
主役の雪姫(画家雪舟の孫娘という設定)が、
つま先で桜の花びらを集めて鼠の絵を描くと、そこに命が宿り、
縛りつけていた綱をかじりきってくれる…というお話(かなりざっくり)。

金閣寺に桜という豪華な舞台美術と、美しい雪姫、
そしてメルヘンチックな要素もあり人気の作品です。

そして、なんといってもこの物語のみどころ、
且つ、つっこみどころは、その満開の桜。

この桜の花びらが…

舞う、いや、降る、いや…落ちてきます!

ヒラヒラどころではありません。

ドバドバ落ちてきます!

そのうち、花吹雪で主役の雪姫がみえなくなります(!)

一瞬「え、ここまでやって大丈夫なの」と不安になるほどですが、

この花びらの隙間からチラチラ見える雪姫が、うつくしいのですよねぇ。

そして極限まで誇張された「金閣寺」の桜をみていると、

自分までその渦に巻き込まれてしまったような感覚になります・・・

手加減なしの桜吹雪の嵐に、一味違ったお花見を楽しめることでしょう。

また、雪姫を演じるのは、この公演で5代目中村雀右衛門を襲名する中村芝雀さん。

晩年まで娘役を演じた亡き父・先代雀右衛門のDNAを受け継いだ、かわいさ、若々しさが魅力。

桜と見間違うほどの美しさを携えた、新生・雀右衛門の雪姫に期待!

チケットは現在発売中です。詳細はこちらまで。


◆中村芝雀改め 五代目中村雀右衛門襲名披露 三月大歌舞伎◆

平成28年3月3日(木)~27日(日)

昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~

歌舞伎座

チケットなど詳細はこちら

kokon

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

ページ上部へ戻る