© ここん All rights reserved.

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。

Text byここんK

そもそも、「長唄(ながうた)」って何?ですよねー。
答え:聴く人をノリノリにさせるPopでRockな Musicです、Yes。だから、意外に愛好人口が多いんです、Yes! 今も昔も、人間が求めるものは変わらないのデス、Yes!Rock you!
カブきまくる歌舞伎とともに発展してきた音楽だからか、とにかく派手!(しっとり系の曲などももちろんありますが。)三味線の音色は軽やかで、ビート感たっぷりの囃子が入ることも多く、三味線の速弾きなんか聞いたら、ライブ会場でウォー!っと叫びたくなるくらいかっこいい。曲の尺がちょいと長いので(だから長唄)、マスメディア向けじゃないというのもあって知る機会が少ないんですが、音楽好きはきっと長唄が好きになると思うのです。

ということで企画した「長唄三味線」のお稽古。2回目は、初回からわずか4日後。1時間半を費やし教わった三味線の構えだけでも習得せねばと、家で再現しようとしても、これがなんとも正解がわからない。三味線は構えるだけでも確認すべきことが多く、

SONY DSC

夢中になりすぎて、みんな顔がコワイ…。

1.三味線を腿に置く位置
2.腿に当たる角度
3.撥(バチ)の握り方
4.腕を三味線に置く位置
5.竿の角度
6.撥を皮に当てる位置
7.撥と皮の角度
と読むのも面倒なくらい、まぁ忙しい、忙しい。

三味線と腕と撥が絶妙な角度でバランスをとる唯一のゴールデンスポットを探す感じです。

ようやっと(あ、ここかも!)というスポットを見つけ、いよいよ音を鳴らすべく撥を振り下ろすと、見事にスカッ。かすりもしないのです。慎重に弦に当てようとすると、手首に力を入れざるを得ず、痛くなる始末。倍音フェチの私としては、胸元から響くビィ~ンという振動に感動し、早く弾きたいと気持ちは焦るのですが、結局、こんなに力入れないといけないものなのかなぁ、私の腕が短いからかなぁ、スポットが見つけられていないのかなぁと、よくわからないまま2回目のお稽古を迎えました。

「先生、手首に力を入れないといけないものでしょうか?」早速質問をすると、「ん~、それはないね」と、三味線ここに置いて、腕がこうでと、私の構えにひょいひょいと修正を入れていきます。「うん、こうかな」と先生にフィックスされ撥を振り下ろしますが、やはりスカる・・・。思わず隣にいたM女史に、「私、腕が短いからかな~」と呟くと、「昔の人もそうだから、長さは問題ないんじゃない?」とあっさり解決。

そうか、そうだよねー!チョット考えてみれば分かりそうなもんですが、なんか目からウロコだったのです!昔ギターを弾いていた頃は、腕が短いからかっこいい持ち方もできないし、手が小さいから弦を押さえるのも一苦労でした。でもそれは、西洋規格に我が大和な身体を合わせようとするが故の苦しみだったのかもしれない、Yes! その点三味線は、「手足がショートサイズだけど、これでいいのだ!」と胸を張ってできるんじゃないか。 急に自信が沸いてきました(笑)

弦の上で指を滑らせて出すヌィ~ンという音(いわゆるポルタメント)が、色っぽい艶っぽいと興奮する、ゲスト男子N君。

弦の上で指を滑らせて出すヌィ~ンという音(いわゆるポルタメント)が、色っぽい艶っぽいと興奮するゲスト男子N君。

無理しなくていい。そう思えるようになったら、ギターを弾くように弦をグッと抑えていた指も、こんなにリキまなくていいのかもと気づき、ただ指を当てるだけに。それでもちゃんと弦は鳴ります。なんか、ラク~。三味線奏者が肩の力を抜いて、竿の上で指を踊らせているあの軽やかさが、何となくわかる気がしたり。自然でいいんだ。

よし、腕の長さは関係ない。やはり求めるべきはゴールデンスポットです。探せ、金鉱! 邁進! 稽古中も、あーかこーかと、もぞもぞ、もぞもそ。

と、そこで先生が一言。「弦に撥を当てるのは、あとは練習ですね。」

・・・そーですよね~。えへ。

三味線を押さえるところが赤くなった〜!と腕を見せたら、「僕なんか、凹んでますよ」とな!凹みわかりますか?

三味線を押さえるところが赤くなった〜!と腕を見せたら、「僕なんか、凹んでますよ」とな!凹みわかりますか?

栄八郎先生の熱いお稽古はノンストップ。先生の背後で、こっそり足伸ばし。

栄八郎先生の熱いお稽古はノンストップ。先生の背後で、こっそり足を伸ばすゲスト女子Mちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<長唄三味線その1 ゴールは遠く、果てしなく
長唄三味線その3 先生を振りまわし、三味線に振りまわされ>>


楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座
トップ画像出典:www.welcomekyushu.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄その1 邦楽フリーダム

さあ、またまたやって来ました、現代人のデトックスアワー「おけいこの時間」。 様々なジャンルの先生にお試し入門し、お稽古の様子をつまびらかにレ…

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN 4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少…

能楽 その8 「気」をためる

某月某日。 おけいこへ行く前にちょっと時間があったので、自宅で一通り仕舞の練習をした。 もう動きに迷うことはほとんどないので、あとはいかにカ…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

日本舞踊その6(最終回) 「お稽古の時間」がない人生

Text by ここんK 人生に「まさか」はあるもんだ。 そもそも、日本なんてつまんないと10代で海外へ飛び出した私が、今こうして伝統芸能…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

長唄その8 うたがこころをもちあげる

前回、前々回とお休みする人もちらほらいたので、久々に全員そろった8回目のおけいこ。 けいこ場のドアを開けると、目に飛び込んできたのはいつも…

能楽その7 思わぬ人生の拾い物

おけいこも残すところあと3回。 おさらい会の日が着々と近づいてまいりました。ひゃー! 謡は「連吟(れんぎん)」といって、複数人で一緒にうた…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

前回に続き、ふたたび話題は「間」の問題。 以前、歌舞伎をテーマにした講座に出たときのこと。そこで聞いて印象に残っている話がある。曰く「和の…

小鼓 その2 能、愛してる。

セロリ、昼寝、歴史。落語の三題噺ではない。私が子どもの頃苦手だったもの。そして大人になってから好きになったものだ。 中でも歴史は大の苦手で、…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

ページ上部へ戻る