© ここん All rights reserved.

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

 

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、
体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。

 

…なんじゃそりゃ!

国を超えて、今や世界中で読まれている大人気漫画「ワンピース」。
漫画といえば、なにはなくても「サザエさん」で育った私。
キャラクターは目にしたことはあれど、ストーリーは全く知りませんでした。

 

そのゴム少年の物語が歌舞伎になると知り、
それなら原作を読んでから観に行こうかと思いましたが…え?80巻近くある。無理だ。

 

ということで、昨年10月、
前知識ゼロでスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」を観に行ってきました。

幕が開いてビックリ!

主人公以外の登場人物も、魚人やガイコツ、
はたまたトナカイ人間だったりと総じてぶっ飛んでいるのですが、
物語もしかり、大きな熊に襲われて、はるかかなたの大陸に投げ飛ばされたり、
ジンベエザメの魚人の背に乗って海を渡ったりと、
それはそれは、もうハチャメチャのてんやわんや!

 

しかし、待てよ。

この「なんでもアリ」の世界観。

それこそ歌舞伎なのでは!?

そう。

歌舞伎こそ、動物の化身やら、魚人だって出てくるし、
傘をさしながら空中散歩もすれば、妖術を使って雲の上を歩いたり、
海の中に住む一族がいたり…と、まさに「なんでもアリ」なのでした。

今でこそ「敷居が高い」なんて言われていますが、
もともとは大衆のための娯楽だった歌舞伎。

先人たちは奇想天外な物語や演出を寛容に受け入れ、
時代に合ったエンターテイメントとして磨いてきたのです。

 

この土壌があるからこそ、一大スペクタクル「ワンピース」の舞台化が成立したのかもしれません。

客席を見渡せば、
ロビーで買ったワンピースグッズを自慢しあう男子たち、
映画を見るような感覚でやってきたカップル、
歌舞伎好きの老夫婦やおばちゃまグループ、
そしてワンピースファンの子どもに連れられてやってきたおじいちゃんまで…

期待と不安を胸に「これから一体どんな舞台が繰り広げられるのだろう」と、
それぞれにワクワクしている様子が印象的でした。

江戸時代の芝居小屋も、こんな雰囲気だったのかもしれませんね。

そんな歌舞伎本来の魅力に気づかされる話題の舞台「ワンピース」が、
3月は大阪松竹座で、4月には博多座で上演されます。
歌舞伎未体験の方でも理屈抜きに楽しめる作品なので、
お近くにお住まいの方はぜひ!

 

公演情報など詳細はこちらご覧ください。

 


 

スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」

oosaka_201603fffl_6a110974064d8f0aea22facd1dfe5872

大阪松竹座公演

2016年3月1日(火)〜3月25日(金)

 

博多座公演

2016年4月2日(土)〜4月26日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

ページ上部へ戻る