© ここん All rights reserved.

長唄三味線その1 ゴールは遠く、果てしなく

 

過去のものの良さを勉強して 知るようになって 自分のものにして
自分がそういうものから 特別な愉しみを得ること
伝統は時々隠れている 見えなくなる しかし流れている 続いている
それは日本のいちばんの魅力だ
ドナルド・キーン

NHKスペシャル 私が愛する日本人へ
~ドナルド・キーン 文豪との70年~ より

 

長らくご無沙汰いたしました。
およそ5か月の沈黙を破り、「おけいこの時間」シーズン5がいよいよスタートしました。
先週予告した通り、今回我々が挑むのは長唄三味線。
私、ここん管理人Mにとって三味線という楽器は、和のおけいこの本丸といいますか、ずっと片思いしていた本命といいますか、「いつかは三味線」と長いこと心に秘めてきた対象であります。

満を持して、その三味線に、いざ!

SONY DSC

「芸談もいっぱいありますよ~」と栄八郎先生。我々、芸談は大好物です!それを聞かせていただくのも楽しみすぎます。

 

教えを乞うのは、数々の歌舞伎公演や舞踊公演の地方としてもひっぱりだこの長唄三味線の名手・杵屋栄八郎(きねや・えいはちろう)先生。花街の料理屋さんの家に生まれ、物心ついたときにはもう三味線を弾いていたそうで、若い頃から天才と言われた実力の持ち主です。

おけいこ参加者はここんメンバー4名とゲストメンバー2名の計6人。みな、三味線に触るのはこれが初めて、というザ・素人です。おけいこ期間は半年間。さて、半年でどこまで行けるでしょう?せめて1曲、できれば2曲くらい弾けるようになりたい…。そしてそれを宴会芸としてどこかで披露したい…夢は膨らみます。

 

 

簡単な楽器でないことは承知していました。唄や踊りより形になりにくいだろうなと想像もしていました。でも、心のどこかに、もしかしたら意外とすんなりいっちゃうんじゃない?私が三味線を選んだように、三味線も私を選んでくれて、トントン拍子な展開になっちゃったりして…?なんて妄想、否、淡い期待がなかったと言えばうそになります。

だけどそんな期待は開始3分で完膚なきまでに打ちのめされました。三味線と私の運命の出会い的なドラマティックな展開は起こるはずもなく、初日のこの日は、撥の持ち方、三味線の構え方、楽譜の読み方で1時間半が終わってしまいました…。ちーん。

 

 

 

 

我々の三味線を調弦してくださる栄八郎先生。こんな所作もいちいちかっこよくて、その手際の良さに惚れ惚れ。

 

 

 

 

 

クレーンゲームのように真上から手を下ろし、撥を握ります。こんな一見簡単そうに見える一つ一つが、言われた通りにやっているつもりでもなかなか正解に至りません。

 


そんなこんなで、構えた姿がいちおうサマになったところでこの日のおけいこは終了。
目指すゴールは果てしなく遠いぞ、ということだけがはっきりと理解できた初日ではありましたが、全員なぜか笑顔。難しくたって、できなくたって、それを補って余りある楽しさがそこにはあるのです。

過去のものの良さを勉強して 知るようになって 自分のものにして
自分がそういうものから 特別な愉しみを得ること

「おけいこの時間」の魅力は、冒頭のキーンさんのこの言葉に尽きます。この先にどんな「特別な愉しみ」が待っているのか。それを思うだけで、明日への活力が湧いてくる気がするのであります。
(ここんM)

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。>>


楽器協力:株式会社SEION
稽古場協力:穏の座

「おけいこの時間」アフター

今回の稽古場は四谷・荒木町にあります。
かつて花街だったというこの界隈、素敵な飲み屋さんも目白押し。この日おけいこ帰りに流れたのは、昔は見番があったという公園の向かいにある「酒肴 タキギヤ」。料理もお酒も何を選んでも美味しく、特にメヒカリの干物が絶品で思わずおかわり。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その6 おけいこの合間に

Text by ここんN 4月。新しい環境での暮らしが始まった方もいらっしゃるでしょうか。ここんの面々も仕事や家庭、学校のスケジュールを少…

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線! …

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

篠笛その5 和のお稽古をする、ということ

突然ですが、歌舞伎好きです。 歌舞伎との出会いは、2001年の秋。隅田川畔に出現した平成中村座。 桜席(舞台上に設けられた2階席)から見た「…

篠笛その3 笛の身体

代々続く仕事を持つ家に生まれた人というのは、その仕事に適した身体に生まれつくものなんだろうか。歌舞伎役者の目が鋭いのも、能役者の足元がコ…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

長唄三味線その5 迷子の越後獅子

Text by ここんN 驚くべきハイペースで「宵は待ち」「松の緑」を終え、お次の曲は~、ついにきました「越後獅子(えちごじし)」! 長…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

篠笛その4 何の打算もなく

某月某日、篠笛のおけいこ4回目。仕事をダーッと片付けて、帰宅途中の電車の中で最短でできる夕飯のメニューを考え、スーパーへ駆け込む。あらかじめ…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

ページ上部へ戻る