© ここん All rights reserved.

長唄三味線 おけいこ前のひと騒動

昨年夏の暑~い長唄おけいこを終えて、はや数ヶ月。間もなく「おけいこの時間」新シリーズが始まります。続いて我々が挑戦するのは、長唄三味線!

長唄の拍子の難しさに四苦八苦したことなんて、喉元すぎれば何とやら~。唄が楽しいから三味線も!です。単純です。いつか唄方と三味線方に分かれて、呑めや唄えやの宴会をしようじゃないか、というのが目下の野望です。

さていつもなら、そのままえいっと稽古場に飛び込んでいけばいいのですが、今回ばかりはその前に、ちょいと問題がありました。おけいこの前に立ちはだかる問題、それは「三味線を持っていない」こと。さて、どうしたものか。

学校やカルチャー教室なら貸出し用の三味線があるでしょう。個人の先生でも1~2丁はお弟子さん用にお持ちの方が多いだろうと思います。しかし我々は個人の先生に、しかも6名のグループ稽古をお願いしました。これはもう楽器は自分達で何とか調達するほかありません。

ここで、「そういえば、我が家に1丁ある」と気付いた私。
昨年の夏、たまたま遊びにいった伯母の家で譲ってもらった三味線が1丁、箪笥に眠っていました。もらった時は「そのうち時間が出来たらね~」ぐらいの気持ちでしたが、こんなに早く活用できる日がくるとは、なんてラッキー!

そんな話をしていたら、偶然にも別のここん仲間の元にも三味線がやってきました。
旅好きな彼女はある地方のお祭りを見に出かけた先で、宿がなく、仕方なくたまたま見つけた大きなお屋敷の軒先で一夜を明かしたそうです。朝、目が覚めて、そこのお屋敷のご主人とご対面。怒るどころか優しいご主人は、素敵なお屋敷にあげてくださった上に、飾ってあった三味線を見て、彼女が「良いですね、私もこんど三味線の稽古を始めるんですよ!」とふと話したら、なんと!それをそのまま譲って下さったというのです。
なにそれ、おとぎ話?いえいえ、旅から戻った彼女のもとには、きちんと立派な三味線が届きました。これはもう三味線を是非やりなさいというお告げとしか思えないね!と私達が盛り上がったのは言う間でもありません。さーて、あと4丁。

勢いづいた私達は、レンタルという手があることに気がついて、残り4丁を調達すべく、うきうきとレンタルされている楽器のリストを調べ始めました。そして知る驚愕の事実。

三味線には、いろんな種類がある。

えー、みなさま、ご存知でしょうか。三味線と聞いて思い浮かべるあの形。
一見どれも同じに見えますが、三味線音楽にも様々なジャンルがあり、その音楽のジャンルごとになんと三味線の胴や棹の形が微妙に違うのです。
知らなかったー!

とにもかくにも、私達が持っている2丁の三味線の由来を確認してみました。
私に三味線をくれた伯母がやっていたのは地歌。
旅好きな彼女が出会ったお屋敷のご主人がやっていたのは民謡。
私達が始めるのは長唄。
三味線の形が・・・違いました。

やむなし。
長唄用の三味線6丁、すべてレンタルすることと相成りました。
後日、三味線を比べてみせていただく機会があったのでご紹介。

160123_1_R0103311
手前が長唄用の三味線
中央が清元用の三味線
奥が地歌用の三味線

重さや胴の大きさ、棹の太さなど幾つか違いがありますが、特に見た目で分かりやすいのが棹のカーブしている部分。違いが分かりますか?
奥に行くにしたがって、直角に近い曲がり方になっています。地歌は胴ぎりぎりの辺りで弦を押さえて弾くこともあるので、こういう角度になっているそうです。
いやはや、おけいこ前からひとつ勉強になりました。

160123_4_R0103334

そんな騒動を経て、先日ついに私達のもとに待望の三味線がやって参りました!
初めてちゃんと触る三味線に緊張するやら嬉しいやら。
おけいこが待ち遠しいです。

ここんN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その1 ゴールは遠く、果てしなく

過去のものの良さを勉強して 知るようになって 自分のものにして 自分がそういうものから 特別な愉しみを得ること 伝統は時々…

長唄三味線その7 LOOK AT ME!!!

Text by ここんM 「越後獅子」に挑戦して3回目のおけいこです。 譜面にして9ページ分もあるこの大曲、全部をやるのは難しいでしょうと…

小鼓 その4 玄人が素人に与えてくれるもの

数年前、能を習っている友人が発表会に出ると聞いて、初めて伝統芸能の素人会というものに行ってみた。正直、たどたどしい芸が延々と続く“発表会”は…

篠笛その1 不完全を愛する日本人

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、第三弾は福原流笛方の福原寛(ふくはら・かん)先生に…

長唄三味線その10 譜面には書かれていないこと

Text by ここんM 三味線のお稽古が始まって早4か月が経ちました。 近頃の我々が直面しているのは、譜面には書かれていないことがたくさ…

長唄その9 見えない賑わい

あれよあれよという間に、ついに最後のおけいこ日。 本番を控えた高揚感と、全員で唄うのはこの日が最後とあって、おけいこはいよいよ白熱!「ゆか…

長唄スピンオフ: 「分け口」争奪戦!!

今回、長唄のおけいこで習っているのは「供奴(ともやっこ)」という15分ほどの曲。 最後まで一通り習い終えた6回目のお稽古で、先生から発表会に…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

長唄三味線その4  ハイペース… マイペース…

Text by ここんゲストメンバーN つい先日、みんなで三味線の構えの練習をしたと思っていたら、なんともう「宵は待ち」は終わりにして、今…

篠笛その2 さりげなく寄り添うように

篠笛のおけいこ、2回目。 おけいこ場に着いたら、腕時計や指輪などアクセサリーをはずします。 なぜなら、1回目のおけいこの際、寛先生からこんな…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

前回に続き、ふたたび話題は「間」の問題。 以前、歌舞伎をテーマにした講座に出たときのこと。そこで聞いて印象に残っている話がある。曰く「和の…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

ページ上部へ戻る