© ここん All rights reserved.

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。
本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。

さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報」は、
お正月らしく華やかに『新春浅草歌舞伎』をご紹介します!

『新春浅草歌舞伎』がスタートしたのは1980年。
若かりし日の吉右衛門さんや仁左衛門さん、玉三郎さん、
亡くなってしまった勘三郎さんなど、
現在の歌舞伎界を支えるスターたちが出演し、
大役に挑戦していました。

それから35年間の長きに渡り、
若手の活躍の場として大切な役割を担っています。
いまではすっかり浅草初春の風物詩に。

今年この舞台で看板を張るのは、
次世代を担う若手歌舞伎俳優6人。

asakusa

見よ、このさわやかさ…

いつもは脇役を演じることの多い彼らですが、
この公演で魅せる、エネルギーに満ち溢れ生き生きとした様子は、
いつの日か歌舞伎座で大役を演じる華々しい未来を予感させます。

歌舞伎の面白さは、芝居の中で「なにがおこるか」よりも、
「誰が演じるか」「どんな風に演じるか」にあると思います。
お気に入りの俳優がいれば、その楽しみはまたひとしお。

大御所俳優も素敵ですが、気になる若手俳優がいたらぜひ先物買いを。
彼らの成長もまた歌舞伎を見続ける楽しみを与えてくれるでしょう。

真摯に芸を磨き、切磋琢磨する若手俳優たち。
浅草寺への初詣もかねて、ぜひ今年の初芝居にお出かけください。

本公演は今月26日(火)まで、浅草公会堂で開催中。
公演の詳細は『新春浅草歌舞伎』公式HPまで。


『新春浅草歌舞伎』
2016年1月2日(土)~1月26日(火)
浅草公会堂
チケットなど詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

ページ上部へ戻る