© ここん All rights reserved.

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。
本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。

さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報」は、
お正月らしく華やかに『新春浅草歌舞伎』をご紹介します!

『新春浅草歌舞伎』がスタートしたのは1980年。
若かりし日の吉右衛門さんや仁左衛門さん、玉三郎さん、
亡くなってしまった勘三郎さんなど、
現在の歌舞伎界を支えるスターたちが出演し、
大役に挑戦していました。

それから35年間の長きに渡り、
若手の活躍の場として大切な役割を担っています。
いまではすっかり浅草初春の風物詩に。

今年この舞台で看板を張るのは、
次世代を担う若手歌舞伎俳優6人。

asakusa

見よ、このさわやかさ…

いつもは脇役を演じることの多い彼らですが、
この公演で魅せる、エネルギーに満ち溢れ生き生きとした様子は、
いつの日か歌舞伎座で大役を演じる華々しい未来を予感させます。

歌舞伎の面白さは、芝居の中で「なにがおこるか」よりも、
「誰が演じるか」「どんな風に演じるか」にあると思います。
お気に入りの俳優がいれば、その楽しみはまたひとしお。

大御所俳優も素敵ですが、気になる若手俳優がいたらぜひ先物買いを。
彼らの成長もまた歌舞伎を見続ける楽しみを与えてくれるでしょう。

真摯に芸を磨き、切磋琢磨する若手俳優たち。
浅草寺への初詣もかねて、ぜひ今年の初芝居にお出かけください。

本公演は今月26日(火)まで、浅草公会堂で開催中。
公演の詳細は『新春浅草歌舞伎』公式HPまで。


『新春浅草歌舞伎』
2016年1月2日(土)~1月26日(火)
浅草公会堂
チケットなど詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ページ上部へ戻る