© ここん All rights reserved.

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。
年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃におすすめの公演をひとつ。

粋曲・江戸音曲の柳家小春さんが谷中・市田邸にて独演会を開かれます。
「粋曲」とは邦楽のジャンルではなく、小春さんの師匠である柳家紫朝氏が作られた、粋で江戸情緒あふれる寄席の芸なのだそうです。その中には、都々逸、大津絵などの俗曲や端唄、新内節などが含まれます。三味線弾き唄いで演奏される粋な芸と言ったところでしょうか。
小唄にも似ていますが、三味線を爪弾きではなくバチで弾くので、雰囲気がまた少し違いますね。

同じ三味線音楽でも、きりっと華やかな長唄は舞台で聞くのが楽しく、小唄や端唄や新内はもっと肩の力を抜いて、舞台よりも私達の暮らしに近いところで聴きたい音楽だなと思います。
町中やお座敷で、周りの音や雑踏も聴こえてくるような場所でこそ、生き生きと聴こえてくる。人の声や風の音、鳥の声、通りすぎる車の音、そうした自然の音と一緒に聴きたい。暮らしの中に染み入るような音楽です。

他ジャンルの音楽家とセッションされることも多い小春さんですが、今回は独演会ということで、ご自身の演奏をたっぷりと堪能できる嬉しい機会です。
会場は、明治40年に建てられたという谷中・市田邸。
築100年を超えるお屋敷のお座敷に集まって、お茶とお菓子、もしくは、日本酒とおつまみを楽しみながら、江戸音曲に耳を傾ける。
良い時間になりそうですね。


「柳家小春 独演会」
~新内と新年の端唄いろいろ~
1月17日(日)15:00開演
会場:谷中市田邸

詳細は柳家小春さんのブログをご覧ください↓
http://koharuya.exblog.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

ページ上部へ戻る