© ここん All rights reserved.

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。

ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラムに出会うことができますが、なかでも異彩を放っているのが、毎年開催されている「スパイラル聲明コンサートシリーズ」!

聲明(しょうみょう)とは、僧侶がお経に節をつけて歌う仏教音楽のひとつで、その歴史は1200年前にもさかのぼります。現代ではそれ自体がひとつの芸術として注目されるようになり、寺院以外でも上演されるようになりました。

ちょっと高尚で、近寄りがたいイメージがあるかもしれませんが、ここは東京のおしゃれスポット、表参道。古典曲とともに、気鋭の音楽家による聲明のための新曲が披露されるなど、親しみやすい内容になっています。

そして、僧侶による聲明を「聴く」のではなく、観客自身が、僧侶とともに、めくるめく聲明ワールドに迷い込んで行けるような仕掛けも用意されています。

今回のコンサートでは、スパイラルの建物を象徴する螺旋状のスロープが、海の底に届く回路に見立てられ、観客はさながら深海にうごめく小さな生き物。そして僧侶たちの発する声は、海底から立ち上がる生命の息吹のよう。

声は幾重にも重なり、層をなし、私たちはその巨大なエネルギーの中にのみこまれていくことでしょう…

聲明が生み出す倍音のうねりに身をゆだねていると、次第に時間や空間といった概念から解放されて、異世界へと誘われることがあります。そしてそこから目覚めると、妙に心も体もにスッキリとしているもの。

「瞑想」とか、そういう感覚に近いのかもしれません。

 

都会のど真ん中で体験できる、めくるめく聲明ワールド。2016年の幕開けを、こんなコンサートでスタートするのはどうでしょうか。

チケットは現在発売中。

公演の内容など詳しくはスパイラルwebサイトまで。

 


 

スパイラル聲明コンサートシリーズvol.24 「千年の聲」

螺旋曼荼羅海会

spiral

■日時:

1月9日(土)20:30開演(20:00開場)

1月10日(日)20:30開演(20:00開場)

■会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)

■料金:前売 4,300円/当日 4,500円

■お問い合わせ先:

NPO法人魁文舎[KAIBUNSHA]  TEL 03-3275-0220

スパイラル TEL 03-3498-1171(代表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

ページ上部へ戻る