© ここん All rights reserved.

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。

―抱きしめたら壊れてしまいそう
―触れたら消えてしまいそう

「そんな女、見たことないわ!!」と思っていましたが、、、ありました。

歌舞伎界を代表する女形・坂東玉三郎と、若手のホープ・中村七之助が演じる女の姿。
透明感があって、どこか儚げなオーラをまとっていて、、、あぁ、守ってあげたくなる!

そんな二人がそろって出演しているのが、今月の歌舞伎座『十二月大歌舞伎』。
とくに夜の部『妹背山女庭訓(いもせやまおんなていきん)』では、玉三郎と七之助が、同じお三輪という悲劇のヒロインに扮しています。

七之助のお三輪は可憐な少女。ほっそりとした容姿と、若々しさ、そしてほのかに漂う色気、、、一途に恋人を想う、年頃の娘そのものといった感じ。

その後、嫉妬の念により狂女へと変貌するお三輪を演じるのは玉三郎。
歌舞伎の型に従いながらも、「なぜ嫉妬に狂ってしまったのか」というお三輪の心理状態がリアルに伝わってくるから不思議。
凄味のある演技に圧倒されっぱなしです!

今回上演されるのは『妹背山~』全編のうちのひとつの物語。
二人の美女の魅力を堪能できるうえ、話もすっきりとわかりやすく、舞踊も盛り込まれた歌舞伎らしい華やかな作品なので、初めて歌舞伎を観る人にもオススメ!

『十二月大歌舞伎』は、今月26日(土)まで銀座・歌舞伎座で毎日上演しています。

チケットは直接劇場で購入可。
残席はまだあるようなので、気になったら迷わず歌舞伎座にGO!


◇十二月大歌舞伎

12月2日(水)~26日(土)
昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~

演目やチケットの購入方法など詳細はウェブサイトまで

kokonphoto

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

ページ上部へ戻る