© ここん All rights reserved.

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。
商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、
私たちは既にお箏を知ったつもりでいる。

そして、そんなお箏の音色に惹かれることは、あまりない。

かくしてお箏は、「雅な楽器」という美しく味気ないイメージの薄皮に覆われて、
その中身は、好き嫌いの対象にさえならない。
エアコンの稼働音のように、少し気になるが気にならない、
そんな音として、スピーカーから垂れ流されている。

アコースティック楽器の音色が、二重、三重の機械を通り抜けて、
空にばら撒かれて、その魅力を発揮できるわけがない。

ホントのお箏のことを、知ってほしい。
絶好の機会が、12月21日(月)、四ツ谷の紀尾井ホールで。
国産絹箏弦を聴く会」。しかも、無料。

現代では、お箏は化学繊維の弦を使うことが殆ど。
耐久性の問題や大きなホールでの演奏を前提としているためだ。
その中でも、絹弦の価値を伝えたいと頑張っている人たちがいる。
ここんでは、「伝統芸能な旅」企画で、そんな絹弦製作の現場を訪ねた。
絹弦は、細い細い絹糸が何本も重ねて撚られている。
その糸の重なりの中で倍音が生まれ、豊かな音色が生まれるのだとか。
今回の公演は、昔ながらの絹の弦を、今一度見なおし、いや聴きなおしてみよう、というもの。
今や危機に瀕している音色。
リアルな空間でしか感じることのできない音色がそこにある。

師走のひと時、ちょっと立ち止まって、耳を澄ませてほしい。
お正月には、甘味屋さんのスピーカーから流れるお箏が、
好きか、嫌いになりますように。


第二回 国産絹箏弦を聴く会
12月21日(月)開演:18時30分
四ツ谷 紀尾井小ホール
申込TEL:紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
※事前予約してくださいね~。


※スピーカーの写真はイメージです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

ページ上部へ戻る