© ここん All rights reserved.

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。
商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、
私たちは既にお箏を知ったつもりでいる。

そして、そんなお箏の音色に惹かれることは、あまりない。

かくしてお箏は、「雅な楽器」という美しく味気ないイメージの薄皮に覆われて、
その中身は、好き嫌いの対象にさえならない。
エアコンの稼働音のように、少し気になるが気にならない、
そんな音として、スピーカーから垂れ流されている。

アコースティック楽器の音色が、二重、三重の機械を通り抜けて、
空にばら撒かれて、その魅力を発揮できるわけがない。

ホントのお箏のことを、知ってほしい。
絶好の機会が、12月21日(月)、四ツ谷の紀尾井ホールで。
国産絹箏弦を聴く会」。しかも、無料。

現代では、お箏は化学繊維の弦を使うことが殆ど。
耐久性の問題や大きなホールでの演奏を前提としているためだ。
その中でも、絹弦の価値を伝えたいと頑張っている人たちがいる。
ここんでは、「伝統芸能な旅」企画で、そんな絹弦製作の現場を訪ねた。
絹弦は、細い細い絹糸が何本も重ねて撚られている。
その糸の重なりの中で倍音が生まれ、豊かな音色が生まれるのだとか。
今回の公演は、昔ながらの絹の弦を、今一度見なおし、いや聴きなおしてみよう、というもの。
今や危機に瀕している音色。
リアルな空間でしか感じることのできない音色がそこにある。

師走のひと時、ちょっと立ち止まって、耳を澄ませてほしい。
お正月には、甘味屋さんのスピーカーから流れるお箏が、
好きか、嫌いになりますように。


第二回 国産絹箏弦を聴く会
12月21日(月)開演:18時30分
四ツ谷 紀尾井小ホール
申込TEL:紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
※事前予約してくださいね~。


※スピーカーの写真はイメージです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

ページ上部へ戻る