© ここん All rights reserved.

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。
その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20周年特別公演 邦楽ドラマ 歌行燈(うたあんどん)」。

紀尾井ホールの邦楽公演はなかなかマニアックな企画が多うございます。
その紀尾井が、20周年という節目の年に投入してきた公演。どれどれとチラシに目を通しました。

通常の邦楽公演とはちょっと趣が異なり、泉鏡花の代表作『歌行燈』を原作に、朗読と芝居と能を織り交ぜて上演するとのこと。
朗読と芝居のコンビはわかるけど、そこに能が加わる…?
チラシにはそこのところの詳しい説明は書かれていなかったので、とりあえず『歌行灯』を読んでみることに(長いこと「積読」状態でもあったので、ちょうどいい機会と思いまして)。

で、読んでみて、これは能「海士(あま)」の眼目である「玉之段」を、劇中劇の形で見ることができる面白い公演じゃーん!と俄然興味がわいたのです。

『歌行燈』のざっくりとしたあらすじはこうです。
東海道中膝栗毛ごっこをしながら桑名を旅をしている老人二人。二人は、小鼓の名人・雪叟(せっそう)と能役者・源三郎で、その晩泊った旅籠で芸者を呼びます。芸者の名はお三重。彼女は芸者なのに三味線も弾けなければ踊りも踊れない。だけど能の舞なら1曲だけ舞えると言い、「海士」の「玉之段」を舞います。
その舞いがあまりに見事な上、どこか見覚えがあった二人は、「誰に習った?」とお三重に問う。聞けば、かつて破門にした源三郎の甥・喜多八の影が。
喜多八がなぜ破門になったか、お三重がなぜ「玉之段」を教わることになったか。それらのいきさつも同時進行で展開していき、最後の「玉之段」の舞の場面ですべてが一つになるのです。

このクライマックスが小説を読んでいてもっとも震えるところでして、お三重が扇を開いていく瞬間や、彼女の舞にオーバーラップする喜多八、それに相対する名人の芸、座に満ちる緊張感、それらが鮮やかに鏡花の言葉から立ち上ってきます。本公演では、この場面が本物の能楽師たちによって上演されるのかと思うと、ドキドキします。

小説では小鼓と謡だけで舞っていて、「桑名の海も、トトと大鼓(おおかわ)の拍子を添え、川浪近くタタと鳴って、太鼓(たいこ)の響に汀を打てば」と、自然の音があたかも大鼓や太鼓のように響いている描写になっていますが、公演では大鼓と太鼓も入るようなので、この一文を反芻しながら聴くとまた味わい深そう。

「海士」は能単体としても非常に魅力的な戯曲ですが、『歌行燈』の世界を通じてその一部に触れる、味わうという趣向もまた素敵です。

ちなみに『歌行燈』、近代小説なので最初はけっこう読みにくいのですが、途中からその読みにくさを越えて開けてくる世界があります。短いこともあり、読み終えてすぐにもう一度はじめから読み直したのですが、二度目は言葉の一つ一つがさらに味わい深く、バラバラに展開していた登場人物たちの時間軸が絡まりあいながら一つの頂点を目指していく、そのスピード感あるうねりに心地よく乗せられ、ラストへと誘われます。併せてオススメです。


紀尾井ホール開館20周年特別公演20160317s1830_flier
邦楽ドラマ「歌行燈」
2016年3月17日(木)~19日(土)
全席指定 7,000円
チケット発売中  その他詳細はこちら

【出演者】
紺野美沙子(お三重)
瀬川菊之丞(恩地喜多八)
中山仁(恩地源三郎)
野村昇史(雪叟)
村中玲子(女房)
吉野由志子(お千)

坂井音晴、坂井音雅、坂井音隆(能シテ方)
大倉源次郎(小鼓)
藤田貴寛、大倉慶乃助、梶谷英樹、小寺真佐人(能囃子方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

ページ上部へ戻る