© ここん All rights reserved.

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。
役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自在で魅力的なのかと思う。そんな私が最近出会って恋をしているのが浪曲である。

中でも玉川奈々福さんは、私が初めて浪曲を聴いた初恋の人である。浪曲に対して何の知識も経験もなかった私が、聴く人の心というか身体ごと鷲掴みにして、話の中に巻き込んでいく圧倒的な声にすっかりやられてしまった。
その奈々福さんが今年4月から熱い思いで主催しているシリーズ「浪曲破天荒列伝!」。(どんな風に熱い思いなのかは、ぜひ奈々福さんの日記を読んで下さいね)
このシリーズの最終回が12月3日、浅草は木馬亭で開かれる。

私は幸いにも「浪曲破天荒列伝!」シリーズ第1回目を観る機会に恵まれた。先人の汗や声の染み込んだ木馬亭に響き渡る奈々福さんの声、うねるような節を時に煽り時に引き締める沢村豊子師匠の三味線の音、それを受け止める満場の客席からの熱気。終演後、自分の身体の奥の方から、ふつふつと力が湧いてくるような思いがした。人の声にはこんなにも力があるのかと、目の覚めるような体験だった。

奈々福さんは人気者ゆえ、いろんな場所で聴く機会がある。ファンには嬉しい限りだが、私にとっては木馬亭で観たあの舞台の印象が最も濃い。今は日本で唯一の浪曲定席である木馬亭、あの劇場で、そこに集まる熱い浪曲ファンのお客さん達がいらっしゃるからこそ聴ける物があるのだろうと思う。私が拝見した時も長年のファンの方と若い人が入り混じって、何とも居心地のいい客席だった。

今回はシリーズ最終回。ゲストはこちらも大人気の噺家の春風亭昇太師匠である。落語じゃなくて、浪曲をうなるらしい・・・それを聞いただけで頬がにやけて笑う準備万端になるのだが、一体どんな事になるんだろう。舞台と客席の熱気を想像するとぞくぞくします。

チケット残数はわずかとのこと。そりゃそうだろうな~。ぎりぎりのおススメで申し訳ないですが、「おや予定が空いてるぞ」と気が付かれた幸運な方は、ぜひ木馬亭へ。

151203_hatenko
玉川奈々福の
「浪曲破天荒列伝!」シリーズ最終回
2015年12月3日(木)19:00開演
浅草 木馬亭
木戸銭:全席自由 予約3000円、当日3500円

詳しくは、こちらへどうぞ→
「ななふく日記」
http://tamamiho55.seesaa.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

ページ上部へ戻る