© ここん All rights reserved.

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。

世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。

彼女が注目されている理由、それは、世界中の名立たる現代音楽家とのコラボレーション活動が高く評価されているからです。

能と現代音楽のコラボレーションと聞くと、恐らく最初に思い浮かべるのは現代音楽に乗せて仕舞いを舞う事ではないでしょうか。

青木涼子さんの場合は、謡を中心としています。

”能の謡”に現代音楽を乗せる。または、現代音楽に謡を乗せる。これが彼女の能の新たな挑戦です。

西洋音楽と能楽とではリズムも構造も全く異なりますが、現代音楽はクラシックに比べるとより自由度が高く、柔軟に謡とのコラボレーションが可能です。

また、作曲の際も謡を中心とした作曲が行われているということで、楽器は西洋、詞章は現代語であったとしても彼女の舞台から「能」の印象が薄れる事はありません。

 

能楽観賞の際に感じる「個」の力。

シテ方を中心として一体化した舞台の上で、「シテ方」「囃子方(笛・小鼓・大鼓・太鼓)」「地謡」、みんな「個」として存在している印象があります。

バラバラという意味での個ではなく、1人1人の自立した演奏や舞が合わせる事を意識しすぎる事なく融合して1つの舞台芸術が成り立っている。

譜面に記された細かい指示(ピッチや間や音量)がなくても、指揮者がいなくても、舞台上の全ての演者が作り上げ、完成された舞台。

そこが、西洋のクラシックと比べて日本の伝統芸能が持つある意味自由な側面であり、現代音楽とも通じる点ではないでしょうか。

 

舞台上の「個」の力が、「シテ方」「打楽器奏者」「フルート奏者」となった時、

また視覚的な要素として大切な「装束(衣装)」を現代のファッションデザイナーが手がけた時、

一体どんな舞台が作り上げられるのか、「能」「現代音楽」「ファッション」の融合を楽しむことができる公演をぜひご覧ください。


白寿ホール 第3回 アート×アート×アート

<能×現代音楽×ファッション>
能オペラ Nopera AOI

-日本の伝統と最先端クリエーションとの出会い-

2015年12月14日(月)19:00開演(18:30開場)
全席指定:6,000円(税込み)
<チケット発売中>

[出演]

青木涼子(能アーティスト)
池上英樹(打楽器)
斎藤和志(フルート)
馬場法子(作曲)
山縣良和(ファッションデザイナー)

[プログラム]

[第1部]
フェデリコ・ガルデッラ:「風の声」for Noh voice and bass flute(2012)
ストラティス・ミナカキス:「ApoploysⅡホメロス時代の破片」for Noh voice,flute and percussion(2013)
ヴァソス・ニコラウ:「マクベス 5.1」for Noh voice,flute and percussion(2013)
 
[第2部]
馬場法子:≪Nopera AOI葵上≫より (世界初演)

出演者プロフィール、詳しい公演情報はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

ページ上部へ戻る