© ここん All rights reserved.

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。

世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。

彼女が注目されている理由、それは、世界中の名立たる現代音楽家とのコラボレーション活動が高く評価されているからです。

能と現代音楽のコラボレーションと聞くと、恐らく最初に思い浮かべるのは現代音楽に乗せて仕舞いを舞う事ではないでしょうか。

青木涼子さんの場合は、謡を中心としています。

”能の謡”に現代音楽を乗せる。または、現代音楽に謡を乗せる。これが彼女の能の新たな挑戦です。

西洋音楽と能楽とではリズムも構造も全く異なりますが、現代音楽はクラシックに比べるとより自由度が高く、柔軟に謡とのコラボレーションが可能です。

また、作曲の際も謡を中心とした作曲が行われているということで、楽器は西洋、詞章は現代語であったとしても彼女の舞台から「能」の印象が薄れる事はありません。

 

能楽観賞の際に感じる「個」の力。

シテ方を中心として一体化した舞台の上で、「シテ方」「囃子方(笛・小鼓・大鼓・太鼓)」「地謡」、みんな「個」として存在している印象があります。

バラバラという意味での個ではなく、1人1人の自立した演奏や舞が合わせる事を意識しすぎる事なく融合して1つの舞台芸術が成り立っている。

譜面に記された細かい指示(ピッチや間や音量)がなくても、指揮者がいなくても、舞台上の全ての演者が作り上げ、完成された舞台。

そこが、西洋のクラシックと比べて日本の伝統芸能が持つある意味自由な側面であり、現代音楽とも通じる点ではないでしょうか。

 

舞台上の「個」の力が、「シテ方」「打楽器奏者」「フルート奏者」となった時、

また視覚的な要素として大切な「装束(衣装)」を現代のファッションデザイナーが手がけた時、

一体どんな舞台が作り上げられるのか、「能」「現代音楽」「ファッション」の融合を楽しむことができる公演をぜひご覧ください。


白寿ホール 第3回 アート×アート×アート

<能×現代音楽×ファッション>
能オペラ Nopera AOI

-日本の伝統と最先端クリエーションとの出会い-

2015年12月14日(月)19:00開演(18:30開場)
全席指定:6,000円(税込み)
<チケット発売中>

[出演]

青木涼子(能アーティスト)
池上英樹(打楽器)
斎藤和志(フルート)
馬場法子(作曲)
山縣良和(ファッションデザイナー)

[プログラム]

[第1部]
フェデリコ・ガルデッラ:「風の声」for Noh voice and bass flute(2012)
ストラティス・ミナカキス:「ApoploysⅡホメロス時代の破片」for Noh voice,flute and percussion(2013)
ヴァソス・ニコラウ:「マクベス 5.1」for Noh voice,flute and percussion(2013)
 
[第2部]
馬場法子:≪Nopera AOI葵上≫より (世界初演)

出演者プロフィール、詳しい公演情報はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ページ上部へ戻る