© ここん All rights reserved.

お能の流儀、違いを楽しむ。

 

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか?
正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀の違い。

そんな五流の競演を観ることができる公演があります。
ユネスコ無形文化遺産に登録されたことをきっかけに始まった、ユネスコ記念能。

第12回の2014年は、昼の部では「年代別競演」で『邯鄲』、夜の部では中堅演者による「相舞競演」と、他ではなかなか観ることの出来ない趣向を凝らした舞台が楽しめるもよう。

11月の公演なので、まだちょーっと早い投稿ですが、これを機に流儀の違いについて意識してみるのもいかがでしょうか。

ところでこの公演って平日だけど、私行けるのかしら???と、ちょっと不安に思いつつ。。。チケット発売は8月22日から宝生能楽堂・チケットぴあ他にて。


ユネスコ記念能

第12回 ユネスコ記念能

公演日:2014年11月27日(木)
昼の部:13時開場 14時開演 夜の部:18時開場 19時開演
会場宝生能楽堂
料金:昼の部・夜の部セット券 S席 ¥10,000 / A席 ¥8,500 / B席 ¥7,000
昼・夜各部券 S席 ¥6,000 / A席 ¥5,000 / B席 ¥4,000 / 学生席 ¥2,000

公演に関する詳細は公益社団法人 能楽協会のHPにて

 
 

【演目】

昼の部<年代別競演>  解説 井上貴覚
仕舞 宝生流 「邯鄲」髙橋憲正
仕舞 金剛流 「邯鄲」 廣田幸稔
仕舞 喜多流 「邯鄲」 塩津哲生
仕舞 観世流 「邯鄲」 野村四郎
狂言 大蔵流 「悪坊」 シテ 山本泰太郎 / アド 山本則孝 山本凜太郎 / 後見 若松隆
能 金春流 「邯鄲」 シテ 山井綱雄 / 子方 山井綱大 / ワキ 舘田善博 / ワキツレ 大日方寛 他 / アイ 野村太一郎 / 笛 斉藤敦 / 小鼓 田邊恭資 / 大鼓 白坂信行 / 太鼓 前川光範 / 後見 本田光洋 他 / 地謡 髙橋忍 他
夜の部<相舞競演> 解説 佐久間二郎
仕舞 宝生流 「二人静」大友順 渡邊茂人
仕舞 喜多流 「二人静」 内田成信 金子敬一郎
仕舞 金剛流 「小袖曽我」 廣田泰能 豊嶋晃嗣
仕舞 金春流 「小袖曽我」 辻井八郎 井上貴覚
狂言 和泉流 「茶壷」 シテ 野村又三郎 / アド 井上松次郎 奥津健太郎 / 後見 野口隆行
能 観世流 「大瓶猩々」 シテ 梅若紀彰 / ツレ 角当直隆 他 / ワキ 江崎敬三 / アイ 大藏千太郎 / 笛 一噌幸弘 / 小鼓 幸正昭 / 大鼓 原岡一之 / 太鼓 麦谷暁夫 / 後見 武田宗和 他 / 地謡 藤波重彦 他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

ページ上部へ戻る